大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

■日本は、i医学論文詐称大国だ!

■間違いだらけの医学理論!!!
■ウソ800、骨髄造血の過ちを動画で見る:https://www.youtube.com/watch?v=6dVT5x_Bmlo

■日本は、医学論文詐称大国だ!
怖くて飲めない「

■薬を売るために病気は作られている!レイ・モイニハン・アラン・カッセルズ共著 吉川奈々子訳
■医者を信じるその前に読む本!薬は病気を増やしている!薬で病気は治らない!
■薬を飲んでも血液は汚れ、代謝は悪化し、原因は勿論改善できない!

■高血圧症の原因、血圧が上がる本当の原因について
人の体は無理をしたり興奮すると、交感神経の働きが盛んになり、血圧が上がります。
慢性化して血圧が上がる時は、例外なく、血液は汚れ、骨盤が歪み、骨格が委縮し血管が圧迫されているものです。
それを、内科医は見落として原因不明とか、本態性高血圧などと呼んでごまかしている!

鎖骨ほぐし


上の解剖図が証明するように、鎖骨の歪みによって大血管が圧迫されることから不調になることが容易に理解できるはずです。
ですから、怪しい薬に依存する前に、鎖骨をほぐして血管の圧迫を改善することで、即効性が期待されます。
■詳しくは 鎖骨ほぐしのインストラクターを養成している予防医学セミナーで
お問い合わせ先:一般社団法人ナチュラルメディスン
代表理事 大沼 四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-806-2178


■薬は毒だ!!!国民よ目を覚ませ!!!

■日本は、医学論文詐称大国だ!

千葉大の降圧剤論文に撤回勧告、調査委

心臓保護効果否定も、依然調査に疑問

2014年4月26日(土) 

--------------------------------------------------------------------------------
ノバルデス

ノバルティスファーマ社 
東京都港区西麻布のビル




 降圧剤「ディオバン」を巡る論文不正疑惑で、千葉大学は4月25日、同大のディオバンの臨床試験「the Valsartan Amlodipine Randomized Trial(通称:VART study)」に関する同大の「研究活動の不正行為対策委員会」(委員長:松元亮治千葉大理事)による内部調査の報告書を公表し、同大で記者会見した(資料は、同大学のホームページに掲載)。

 大学病院におけるカルテなどの資料、解析データセット、論文掲載データの間に多くの不一致があり、解析手法の妥当性の問題もあることから「科学的価値は乏しい」、ノバルティスファーマ社の元社員に解析を依頼していか可能性が「高い」として、データ操作の可能性も否定せず、「信頼性も低い」として、論文の撤回を勧告した上で、松元氏らは謝罪した。Ca拮抗薬のアムロジピンと比較した場合の、ディオバンの心臓や腎臓に対する保護効果についても否定した。

 昨年12月の中間報告では、「不正はない」としていた(『千葉大、第三者機関の調査結果公表に至らず、論文不正疑惑』を参照)。

一転して、撤回勧告となり、委員の1人で、千葉大理事の中谷晴昭氏は、「中間報告は甘かった」と認めた。報告書で「データ解析にノバルティス社の元社員が関与した」と結論づけたのは、2014年4月に「うそをついていた」と証言を翻した当時の大学院生の言い分を全面的に採用したからだが、ノバルティス社の元社員との食い違いを無視して結論を導いたことに、「(ノバルティス社に)責任を押し付けようとしているのでは」という批判が相次いだ。

千葉大は元社員らに聞き取りを再度実施すると言うが、「新たな発見がなければ公表しない」としていて、調査への不信感が残る会見となった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード