大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師は抗がん剤を受けたくない

タキソテールの副作用》

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年10月14日(日)NRT通信より

☆抗がん剤 タキソテールの副作用

「重大な副作用」

 骨髄抑制、ショック、アナフイィラキシー様反応、間質性肺炎、肺繊維症、心不全、DIC,腸管穿孔、胃腸出血、虚血性大腸炎、大腸炎、イレウス、黄疸、肝不全、急性腎不全、心タンポナーゼ、肺水腫、浮腫、体液貯留、心筋梗塞、静脈血栓塞栓症、血管炎、急性呼吸窮迫症候群、急性膵炎、皮膚粘膜眼症候群、多形紅班、重篤な口内炎、抹消神経障害、抹消性運動障害、敗血症、感染症、SIADH, radiation recall現象

「その他の副作用」

 悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、口内炎、便潜血、発赤、脱毛、倦怠感、しびれ感、蛋白尿、浮腫、発熱、肝機能異常、電解質異常など
とあります。


 特に骨髄抑制に関しては、健常者の造血は骨髄ではなく小腸の絨網細胞という消化器造血ですから、全く意味がありません。

 がんは骨髄で悪い血液を造血してそれが増殖していく病気であるとして抗がん剤を用いて、骨髄抑制と言う形で血液を殺しているのです。

 骨髄で悪い血液を造血しているという考え方は、天動説ほどの間違いです。

 悪い血液や、悪い細胞は、増殖ではなく、過剰なストレスで酸化した体液の影響によるものと考えるべきです。

 その根拠は、体液の酸化を食べ物などで中和することで、短時間に血液が活性され免疫応答反応など健全な活動ができるようになるからです。

 増える原因も解明せず、抗がん剤を用いて「命」が危険にさらされるような副作用のあることを知ったうえで、当然のように隠して行う行為は、すでに”医療行為”ではなく、”医療犯罪行為”の可能性があります。

 これが現在、日本の最先端の主流となているがん治療の実態です。

 私の研究では、抗がん剤を使わなくても終末期以外は、体液の酸化を中和することで白血球が生き返り、マクロファージ(単球)がTNFという腫瘍を壊死させる因子(腫瘍壊死因子)をつくって腫瘍を分解することが確認されています。

 また、腫瘍が分解されていく過程で腫瘍マーカーが著しく上昇することも確認されていますが、骨盤の歪みを改善することで、骨盤内臓神経の働きが回復すると、排尿が正常になることで安定するこも確認されています。

 しかし、胸椎の10番の周辺が隆起し、腎臓を支配する神経の中で交感神経だけが強く働き、副交感神経の通りが弱く、そのため、腎臓の中の血管が萎縮s、排尿が思うように出来ないケースが多発しています。

 したがって、腫瘍マーカーが下がりにくい人は胸椎の10番周辺の歪みを改善することが重要ですが、じん帯が骨化して調整困難と思われる場合は、特殊な光線を照射することを優先するべきです。

 なお、この手当て法は腹水に対する場合にもあてはまります。

 しかし、一部の専門医を除きほとんどの人は常識に洗脳され”追試”もせずに批判をするだけのようです。

 アメリカでは、1992年に国立衛生研究所(NIH)に代替医療部が設けられ、西洋医学以外の療法の有効性を研究し、評価に値するものに対して支援を送ることを目的に活動を始めました。

 これでに、ハーバード大学、カリフォルニア大学、スタンフォード大学など、全米13箇所の大学や研究所に、それぞれテーマ別に代替療法の検証と推進に力を入れ、積極的な活動を展開しています。

 アメリカの政策からすでに15年の歳月がすぎていますが、日本では、8年前にようやく日本統合医療学会が発足しましたが、国家的な戦略には至っておらず、代替医療政策は遅れる一方のようです。

 中には抗がん剤治療を受けないとみてやらないなどと脅迫まがいの医者も少なくないと言います。

 そのような臨床医には、抗がん剤タキソテール副作用を知っているのかと疑いたくなります。

 医師の意識調査では、70%以上の医者が自分が行っている抗がん剤治療は受けたくないと回答しています。

 抗がん剤の副作用を知った上で処方する行為は実験が目的と言われても当然かも知れません。

 さらに、私どもの調査の結果、日本のほとんどの医療機関では、処方箋の内容を正しく公開する習慣が無く、一部の副作用を書いたものを患者に渡していることが明かになっています。

 そのため、日本は先進諸国の中でも薬を信頼する患者が多く、国際的にも異常に薬を消費しているのだと思います。

 体に良い化学薬品は一品も存在していません。

 主治医の言葉を信じ過ぎて、命を短縮しているケースも少なくはないようですから、化学薬品の副作用をすべて調べてから服用することを推奨するものです。

☆薬の副作用を知りたい方は・・・E-mail:yoshinori@nrt.ne.jpまでご相談ください。

☆代替医療をお探しの方は、一度予防医学セミナーにお越しください。

《***■10月の予防医学セミナー■***》

■10月28日 浜松市 浜北文化センター 第1・第2会議室

※各セミナー会場では午後具体的な手技や手当て法の公開をしております。
※10月28日の浜松では、乳がんで3回もの転移、再発を乗り越えて克服した九鬼はるみさん(静岡県在住)が司会進行役を担当致します。

 西洋医学に矛盾を感じている方、あるいは病気の原因を知りたい患者さんや医療従事者の皆さんはぜひ一度体験をしてみてください。

申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
電話での申し込みは・・・052-801-7063
FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで


処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。