大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対症療法では解決できない

《対症療法では解決できない》

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年10月13日(土)のNRT通信より

 新型老健施設に地方警戒 財政負担増えかねないと 療養病床転換で議論開始「医療ニッポン」

記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2007年10月12日】

 慢性の高齢患者が長期入院する療養病床の削減に伴い、来年4月に創設される新しいタイプの老人保健施設の介護報酬などについて話し合う社会保障審議会の分科会が12日からスタートする。

 医療機関側が、転換の可否を左右する報酬額や施設基準に期待する一方、都道府県側は地方の財政負担が増えかねないと警戒している。

 新型の老健施設は、医療機関が療養病床を転換して、入院患者を引き続き受け入れることが期待されている。

 介護保険が適用されるが、24時間看護やみとりなど医療面でのケアも残すため、リハビリを中心とした既存の老健施設より、報酬上評価されることになっている。

 しかし、全国知事会の麻生渡(あそう・わたる)会長(福岡県知事)は、9月に舛添要一厚生労働相と会談した際、新型の老健施設は財政面で医療保険から介護保険への付け替えと批判。

 知事会によると、現在、医療型と介護型と2タイプある療養病床のうち、医療型で医療給付費に占める負担割合は都道府県が7・7%で国は30・7%。これに対し新型老健施設は、介護保険給付費に占める割合が都道府県17・5%、国20%となっており、転換の進展具合によっては、地方負担が現状より増える可能性があるとしている。

 厚労省は、現在約36万床ある療養病床を2012年度末までに医療型のみ15万床に減らし、残りはコストが低い老健施設などへの転換を促すことで、医療給付費を4000億円削減。逆に介護給付費は1000億円増えるが、3000億円の歳出削減効果があると試算する。

 知事会は「厚労省の試算は2年前のシミュレーション。うまくいかなければ地方の財政負担が増えるだけ」としている。

 地方が警戒するなでの養病床転換で議論が開始されています。

 この議論は3000億円の歳出削減効を期待し、医療保険から介護保険へ付け替えたいとう厚労省と、地方負担が現状より増えるという地方との駆け引きです。

 ここでの問題は、高齢者の健康について厚労省も地方自治体も理解できていないことです。ヒトの健康はいかにしてあるべきかを、国も地方も考えなければならない時がたということです。

 私の経験では名古屋市内に住む70年間薬漬けだった老女が大学病院にかかりながらも年々症状が複雑化し、ついに現代医療に対して疑門を持たれ、自然療法を選択して13種類の薬を減らしたところ、6ヶ月後には不整脈を初め動機も息切れも治まったというケースがありました。

 このようなケースは枚挙に暇がありません。健康で長生きするということは、誰しも望むところです。

 医療関係者もまた、健康回復に貢献をしているようですが、残念なことに対症療法しかありません。

 ここに日本の「医療の遅れ」があるのです。

 救急医療とは違って、慢性病に対しての対症療法では解決できないと潔く諦め、他の先進諸国並に食材や環境の整備をし、民間が得意なことは民間にまかせるというシステムを構築するべきです。

 それによって、国も地方も環境までもが健全になるのです。健康な老人は薬が嫌いなものです。

 老いも若きも、健康の原理を学習することで日本の将来は希望に満ち溢れるのです。

 これらの問題を早期に解決できる方法が薬の副作用を正しく伝える法律として「処方箋開示法案」を樹立させることです。

 この法案が樹立されることで、自然に薬離れが起こり、血液が浄化され、本来の健康を取り戻すことが出来るようになるのです。

 これで回復する能力を自然免疫力と呼び国際的に注目を浴びている方法です。

 自然免疫や体質改善については予防医学セミナーにて詳しく指導しています。詳しく知りたい方は各地で行われる予防医学セミナーにご参加ください。


 予防医学セミナーでは、自然治癒の原理を学ぶことができます。

《10月の予防医学セミナーのお知らせ》

■10月21日 名古屋市東区 ういるアイチ2F特別会議室
■10月28日 静岡県浜松市 浜北文化センター 第1・第2会議室

※各セミナー会場では午後具体的な手技や手当て法の公開をしております。

※10月21日の名古屋セミナーでは、卵巣がん摘出後、肝臓と骨盤に転移し、余命を宣告され、下血が3ヶ月続き克服された成瀬明美さんの体験談を聞くことが出来ます。

※10月28日の浜松では、乳がんで3回もの転移、再発を乗り越えて克服した九鬼はるみさん(静岡県在住)が司会進行役を担当致します。

 西洋医学に矛盾を感じている方、あるいは病気の原因を知りたい患者さんや医療従事者の皆さんはぜひ一度体験をしてみてください。

申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
電話での申し込みは・・・052-801-7063
FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで

処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。