大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

■アトピーと花粉症の真因!

あとぴー


■アトピーと花粉症の真因!

皮膚炎の原因

現在の日本は、高額医療などで増え続ける医療費と医学の進歩とは裏腹に、二人に一人がガンになり、3人に一人がガンで亡くなると言われる異常な状態です。

その理由を日本医師会や厚生労働省では、年々老人が多くなり、患者が増えるからといいます。

 また、日本の子供達の多くはなんらかのアレルギーを経験していますが、この原因を花粉やダニなどのアレルゲンが原因であるとしています。

 しかし、その考え方がすでに間違っているのです。


■真実の医療に保険を!!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



 高齢者でも健康に気を使うことで、聖路加病院の日原先生の様に100歳を過ぎても健康で働き、楽しく生きることができます。

 また、花粉やダニなどのアレルゲンがあっても発症しないヒトの方が遥かに多いという事実から情報を見極めることが重要です。

 戦後の日本は、表向きでは経済が発展し、豊かで便利な暮らしができるようになりました。

 しかし、その背景では、私達が毎日食べている食べ物には殺虫剤や農薬漬けのものや保存料や着色料など石油製剤を利用した食品添加物が当然のように使われ、また、安くて粗悪なジャンクフード食品を頻繁に食べる様になりました。

 そのため、血液が汚れ、免疫細胞に障害が及び、食べ物が腸内で消化されず腐敗することで、カンジダ菌やブドウ球菌が増殖し、アトピー性皮膚の様に肌が荒れて痒みが出るなどの病状が出やすくなります。

 一般にアトピー性皮膚炎は皮膚の病気として認識されているため、皮膚科では免疫を抑制することを目的としてステロイド剤などで対応しています。

 しかし、皮膚を荒らしているのは腸内細菌の「カンジダ菌」ですし、痒みの原因もやはり腸内細菌の「ブドウ球菌」が異常に増殖することで発症しているため、ステロイド剤では完治することは望めません。

 つまり、皮膚から治そうとする前に腸内細菌のバランスから改善しなければならないのです。


そのために、自然医学総合研究所で開発した大沼エンザイム(酵素)を用いた「腸内洗浄」を行い、菌のバランスを正常に保つことが重要なのです。


 また、重症で治りにくい皮膚炎の場合には、食べ物の腐敗ばかりではなく、ストレスによる骨格の歪みが大きく関わっていますが、90以上に細分化された医学会では担当する専門分野しか視野になく、病気を原因から改善することが不可能に近く、化学薬品の使い過ぎにより病人が増えているのです。

■粗悪な食べ物と歪みが原因
 
 病気を治すためには、様々な常識を見直す必要があります。
私達の体は、過剰なストレスを受けることで、例外なく右側の骨盤(腸骨)が上に前に歪む構造をしています。これを「上前方変位」といいます。

 右側の骨盤が歪むことで、右側の腸や膀胱などの機能が低下し、消化力が低下し、腐敗が起こります。また、膀胱の機能が低下することで排泄が悪くなることから体液が汚れ酸性に傾きます。

 また、無意識に歪んだ骨盤をかばうことから、例外なく左下にして寝ることが多くなり、体の下になる鎖骨は大きく歪むことになります。

 鎖骨が歪むことで、胸骨の裏側に存在する胸腺の機能が低下し、アレルギーを治すレギュラトリー細胞を産生することができなくなります。

 そのため、体の歪みが大きくなるほど治りにくくなるのです。

 従って、アトピー性皮膚炎やアレギーを治すためには、食事療法ばかりではなく、体の歪みを改善することで、骨盤の歪みを改善し、膀胱や直腸や生殖器などの機能を司る骨盤内蔵神経の圧迫を取り除き腸の蠕動運動や蛇行運動を正常にして、消化力を高めて腸内の腐敗を抑え、また、排泄を改善することが根本的な治し方なのです。

 さらに、鎖骨の歪みを改善することで胸腺の機能が高まり、レギュラトリー細胞が産生されることでアレルギーも自然終息に至るのです。

 それによって、花粉やダニなどの病原から逃げまわる必要がなくなり、安心して生活ができるようになれるのです。

 大沼式健康法は、血液の汚れや体の異常を詳しく調べ、過去30年間で200種以上の病気を克服しています。

 癌や難病ばかりではなく肩こりや腰痛や股関節症や坐骨神経痛やめまいや難聴や視力の障害や花粉症からアトピー性皮膚炎も改善しています。

 自然治癒について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

 予防医学セミナーでは病気の原因を体全体を対象として追求する健康法を指導しています。

 
※安全で確実な健康法をお探しの方はぜひ参加してみてください。


*** 予防医学セミナーのお知らせ ***
■2月の予防医学セミナーのお知らせ!


■2月19日(日)名古屋セミナー


■会場:名古屋市東区 ウイルあいち


■午前9時30分より開場 10時開講 講義は12時まで

■午後:相談会と体験会   1時30分より3時まで


■午後:3時以降:セミナー生対象の技術指導 5時終了


※技術指導は名古屋セミナーのみ行います。


お問い合わせ:自然医学総合研究所 まで

Email:info@nrt.ne.jp

TEL:090-5861-4489

■http://www.nrt.ne.jp


***「N・R・T合免疫療法」は体全体を対象として原因から改善する方健康方で、医師が行う樹状細胞療法などの免疫療法ではありません***




 
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード