大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

白血病はがんではない!

kkkkkk.jpg
みなさんこんにちは!
ナチュラルメディスンです。
先日、行われました名古屋予防医学セミナーで体験談を話して頂いたKさん
浸潤性左乳房ガンと、慢性骨髄性白血病を改善にいたるまでの経緯を語ってもらいました。

私は、H20年5月39歳の時、左乳がんの手術を受けました 。
4センチ大の腫瘍トリプルネガティブという術後ホルモン剤治療の対象外の腫瘍で、医師からは手術は成功!なのに再発率は68%と言われました。降水確率68%なら傘持っていくねって、主人と冗談で話したのを覚えています。言われるまま、再発予防の抗がん剤4種類(5-FU,エピルビシン,シクロフォスファミド,パクリタキセル)を6ヶ月間受け、抗がん剤2週間で、髪どころか全身の毛が抜け落ちました。
吐き気と全身のだるさで思うように動けないだけでなく、気力もどんどん奪われたのが辛かったです。背中、足の痛み、爪も薄くなり、足の爪が剥がれ落ちないように押さえていました。足の感覚はなくなり、こんにゃくの上をフワフワ歩いてるようで怖かったです。実際に何もない平らなところでよくつまずいていましたし白血球は2000位までさがりました。
それでもがんばらなければと思えたのは、5歳と10歳の子供の存在でしょうか。母親として大人になるまで育ててあ
げたい、そんな気持ちがあふれ、毎日泣いていました。抗がん剤が終わると次は、放射線治療で25日間受けました。放射線の治療は1回わずか5分弱。最初はなんて楽な治療なんだろうと思いました。
しかし、放射線治療も確実に私の体を弱らせていきました。 放射線を受けた左胸は真っ赤になり、熱を持ち、完全にや
けど状態でした。そして全身のだるさにまた悩まされました。数値では表せないだるさやしんどさは、医師に話しても理解されません。私は抗がん剤治療が終わるころにゲルソン療法と出会いました。同じ病院に通ってる方から「知り合いの末期の肝臓がんの人がニンジンジュースで少しづつ良くなっている」と言うのを聞いたのです。
インターネットで本を何冊も買い、ゲルソン療法について調べました。無塩、動物性食物の禁止、1日2リットルの野菜ジュース(私は1.5リットル)。私は玄米、豆類を食べる星野式ゲルソンに近いものだと思います。
1日1.5リットルのジュースでお腹はいつもタプタプで、しかも果物や生野菜をたくさん食べないといけないので、食事の量は少なかったです。 寒い日もがんばってジュースを 飲んでいました。そのほか、1日50分のウォーキング、週2-3回の岩盤浴、足湯、毎日のこんにゃくやびわの葉の温シップ。月1-2回の高濃度ビタミン点滴。飲尿療法の経験もあります。そんな生活でがん3年が経過し、私の行っていることが上手くいっているように思えました。しかしそんな矢先、白血球数がグングン上がってきたのです。

本当にまさかでした。自分が慢性骨髄性白血病と診断されたときは、崖から落とされたようで、目先真っ暗、もう取り返しがつかないと感じました。医師からはすぐに分子標的薬スプリセルという抗がん剤を進められましたが、それは白血球を下げていくだけで、一生飲み続けないといけないと言われました。
私が白血病になったのは抗がん剤の影響があるかもしれない、なのにまた抗がん剤で治療して今度はどんな病気が増えるのか?抗がん剤の副作用で死ぬかもしれない、そう思い、抗がん剤は拒否しました。
しかし、一体私は何をすればいいのかわかりませんでした。白血球がどうして上がるんだろうとインターネットで色々調べていたとき、ナチュラルメディスンの大沼先生にたどり着きました。セミナーに参加し「白血病はがんではない」「白血病は狂った白血病細胞が増殖するのではない」ことを画像分析で知りました。
実際に治った女の子が、会場の中でぴょんぴょん遊びまわっていました。
その後体験会で、私の歪みを見てもらいましたがその結果、乳がんのできた左側の肩甲骨付近は、少し押さえられても痛みが走り、思わず顔をゆがめる程。右は同じように押さえられても何ともありません。
今もメディスンに週三日通っていますが来る度に元気になって行くのがわかります。

写真は体験談を話して頂いたKさん

病気のご相談は
一般社団法人 ナチュラルメディスンまでTEL:052-806-2178 FAX:052-806-2179
※4月20日より鎖骨インストラクター講座をスタートします。詳しい詳細はお電話で!!
セミナーの様子等は下記サイトより閲覧できます。
http://www.youtube.com/watch?v=m_71IjDyl88

◆研究所:自然医学総合研究所 
所 長:大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 ファミリーマートの前の大型の煉瓦のマンションの2階でクリーニング屋の上です
 マンションの入り口:焼山橋のすぐ近くです
 TEL:052-801-7063
 メール:39shiro@nrt.ne.jp

◆施術室
一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼四廊
所在地:名古屋市天白区焼山1丁目420番地フジイビル 2F-D 
コスモ石油焼山店入り徒歩1分 AU焼山店の西隣 スーパーフイールより徒歩1分
緑の看板が目印です

◆TEL:052-8062178 FAX:052-8062179

◆◆◆携 帯:090-5861-4489  大沼四廊  24時間受付可
 メール:39shiro@nrt.ne.jp


白血病はがんではない》

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年10月11日(木)のNRT通信より

白血病はがんではない!

 白血病には、他の癌のように腫瘍はありません。また、腫瘍マーカーもありません。

 私のこれまでの研究では、芽球と呼ばれている幼若性の白血球は、ある条件を満たすことで修復し、活性型に戻ることが証明されています。

 白血病『生活習慣病』だったのです。

 そのある条件とは、芽球が出来た原因を改善することです。つまり、生活習慣を見直すことを優先するべきだとうことです。

 また、白血球はどんな時に芽球が多くなるかというテーマで研究することで誰もが容易に回答を得ることが出来ます。その回答とは体の仕組みを学ぶことから始まります。

 私たちの肉体は過剰なストレスによって糖代謝を盛んに行うことから、最終生成物として乳酸が出来るようになっています。

 通常、乳酸は肝臓に運ばれて乳酸でヒドロゲナーゼという還元酵素の働きによって再び糖に戻る様になっています。しかし、過剰なストレスは糖分を休まず分解しますので、肝臓での還元能力を上回ることになり乳酸体質になります。

 血液中のpHは健常者の場合には7.45といわれていますが、7.4から7.3に近づくにつれ血液も酸化してしまいます。赤血球が酸化することで、コンペイトウ状やウニ状に萎縮して変性します。

 白血球も酸化することで遊走能力が低下するばかりか、生まれてきた白血球は成長が遅れたり止まることで幼若性のままで硬直します。

 しかし、ストレスが消えるまで交感神経は高ぶり、筋・血管を初め全身が硬直するため炎症が起こり、それを阻止するために白血球は造血され続けます。造血はされますが、体内環境が悪いため正常な形にまで成長が出来ず幼若性となって数が多くなるのです。

 さらに、数が多くなる原因は細胞分裂ではなく過剰なストレスによって右側の仙腸関節が歪み、そのため右側の骨盤内臓神経の通りが不安定になります。

 骨盤内臓神経は、膀胱・直腸・生殖器を支配しているため、排尿が障害され余分な血液を排泄できなくなるのです。このため血液のバランスが狂うと考えられます。

 ゆえに、岡島君の症例のように自然療法でも数値が正常に戻るのです。

 このような症例と数多く対峙することで、【白血病はがんではない】という結論を導きだしたのです。これが、白血病はがんではないという根拠です。疑う前に、是非追試をしていただきたいものです。

 つまり、抗がん剤の前に酸を中和することが優先されなくてはならないことを指摘するものです。体質改善については予防医学セミナーにて詳しく指導しています。

 詳しく知りたい方は各地で行われる予防医学セミナーにご参加ください。


 予防医学セミナーの初級講座では、腰痛の原因と自然治癒の法則を学ぶことができます。

《10月の予防医学セミナーのお知らせ》

■10月21日 名古屋市東区 ウィルあいち2F特別会議室

■10月28日 浜松市 浜北文化センター 第1・第2会議室

※各セミナー会場では午後具体的な手技や手当て法の公開をしております。
※なお、10月21日の名古屋セミナーでは、卵巣がん摘出後、肝臓と骨盤に転移し、余命を宣告され、下血が3ヶ月続き克服された成瀬明美さんの体験談を聞くことが出来ます。
※10月28日の浜松では、乳がんで3回もの転移、再発を乗り越えて克服した九鬼はるみさん(静岡県在住)が司会進行役を担当致します。

 西洋医学に矛盾を感じている方、あるいは病気の原因を知りたい患者さんや医療従事者の皆さんはぜひ一度体験をしてみてください。

一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼四廊
〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル 2F-D

申し込みは・・・info@nrt.ne.jp
電話での申し込みは・・・052-806-7068
FAXでの申し込みは・・・052-806-2179
お急ぎの相談は・・・090-5861-4489 大沼まで 24時間対応可

処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
◆研究所:自然医学総合研究所
 所 長:大沼 四廊
 所在地:〒468-0002 名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:info@nrt.ne.jp
◆施術室 一般社団法人 ナチュラルメディスン
  代表理事 大沼 四廊

所在地:〒468-0002 名古屋市天白区焼山1丁目420番地  フジイビル2F-D 
  TEL:052-806-2178
  FAX:052-806-2179
緊急のご相談は:携 帯:090-5861-4489 大沼四廊まで  24時間対応可

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード