大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■健康意識日本最低!

■健康意識日本最低!

健康自己評価、低い日本人
 
生活改善で3分の1挫折 「医療新世紀」

■真実の医療に保険を!!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


共同通信社

 日本人は他国の人たちに比べ「自分は不健康」と思い、生活習慣の改善に取り組む人が多いが、3分の1は挫折した経験がある―。

こんな調査結果を米PR会社エデルマンが発表した。

 昨年、日本と欧米、中国、インドなど計12カ国で18歳以上の約1万5千人に聞き取りをした「ヘルスバロメーター」という調査で、日本からは千人が回答した。

 全体的に健康状態が良いと答えた人は12カ国平均で64%。先進国の多くが60~70%台、インドでは92%に上ったが、日本は33%で最低だった。


■続は http://www.nrt.ne.jp の左下の「NRT通信」から


 同社で健康分野を統括するナンシー・テュレットさんは「医療水準の高い日本では、病気でないだけでは満足しない人が多く、評価が厳しい」と分析する。

不健康の要因には、運動不足を挙げる人が64%と多かった。

 生活習慣の改善を試みたことのある日本人は73%で、平均の62%を上回った。

その理由を「健康を損なう危険を感じた」と説明した日本人は42%と平均の26%を大きく上回ったが、「長期的に健康が改善される」などは下回り、危機感の強さをうかがわせた。

 ただ、日本では改善を試みた人のうち36%が挫折を経験。
平均の50%よりは良い結果だが、理由としては「健康状態に変化が見られなかった」が21%で最も多かった。

 テュレットさんは、日本で携帯情報機器などの情報技術を健康管理に利用している人のうち64%が役立ったと感じていることに着目。

「日々の変化がわずかずつでも見える、ゲームのように楽しめる健康管理ソフトを広めれば、より生活習慣の改善が図れるのではないか」と提案している。


■批判に弱い日本人

日本人の健康に関する意識の低下は、医療水準が高く、健康に対する考え方の水準が高いことが原因ではない。

本当の原因は、生活に追われ、時間に余裕が無く精神的にも余裕がないヒトが大勢を占めているからである。


また、日本の多くの企業では、欧米のように、5時終業の習慣もなく、夜の9時時以降に帰宅するケースが少なくなく、週末にも仕事に関わるなど、社会全体が欧米のように緩やかな環境ではない事があげられる。


つまり、暇さえあれば仕事をするという、仕事オンリーの生活習慣から抜け出せず、日ごろから健康に対する意識が低く、不健康であると感じているヒトが多いということが真因である。


健康管理で最も大切なことは”欲”を捨て、批判や他人のペースに惑わされず、自分のペースで生きることである。


結果、日本人の多くは、批判から逃れるために、ヒトの目を気にしすぎて、伝統的日本人の心情であるその場限りの「事無かれ主義」を貫くことで体調を崩すと考えられるのである。

これを日本人の気質というヒトが少なくは無い。

その結果、12カ国中で最低の健康意識ということなのである。


この現状を打破するためには、幼少の頃から「選択眼」を育て、
個性を伸ばす教育を行うことが必要である。


そのためには、幼児期から小・中・高と一環して、得意なことに十分時間を割く事ができるように「選択教育」が実現されなければならない。


小・中・高と一貫して「選択教育」を実現することで、とっくに崩壊している進学教育に終止符を打つ事が大切である。

その様に、教育方針をかえ、子供達の本当の才能と未来に希望の持てる環境の整備をすることで多くの国民は幸福感に満ち溢れ、健康にも目覚めると確信する。


***日本再生会について

自然医学総合研究所では「一般社団法人日本再生会」を立ち上げ国民の目線で政治を動かすために「大統領制」の導入を働きかけています。

賛同される方には「日本再生会」の実行委員として登録していただき、友人知人に転送し、強い絆づくりにご協力くださいませ。

なお、日本を本気で再生したいと希望される方は「理事希望」として住所名前、生年月日を登録してください。

2012年は政治改革の年!

政治が変われば医療も変わる!

国民の存在を軽視する「議員内閣制度」を廃止し、「大統領制度」を導入しましょう。

ネットでつながり年内に政治改革を実現しましょう。

▼政治・経済・医療・教育など分野を問わずご意見ご希望、お問合せは65174@info.doctorsst.com まで

▼自然医学総合研究所
http://www.doctorsst.com/

▼予防医学セミナーのお知らせ!

2月5日 東京予防医学セミナー

会場:新宿区西新宿 新宿エルタワー 15階
株式会社JOYセミナー室
時間:am:10:00より12:00  講演会

   pm:1:30~4:30 相談会及び体験会

テーマ:日本の医療を改善するために

講師:酒向猛 元岐阜県立多治見病院外科部長
   千葉セントマーガレッツト病院統合医療外来

テーマⅡ:安全な医療に保険を!
     論より証拠でガンや難病も治る大沼式健康法
      日本の元気を取り戻す「日本再生会」について

講師:大沼志郎 府省登録 研究者


   自然医学総合研究所(府省登録研究機関)所長
   ナチュラルケアセンター院長

   名古屋市登録 民間非営利団体 国際自然免疫学会理事長
   一般社団法人 日本再生協議会(設立準備委員)
   NPO法人生活習慣と予防医学を考える会 顧問
   NPO法人 がんストップ運動 顧問
   NPO法人日本食養協会顧問
   日本免疫学会会員 日本統合医療学会会員

お申し込みは:http://www.nrt.ne.jpより、
セミナーお申し込み欄から

健康相談は 今すぐ相談より お気軽に


緊急相談メール:shizen@nrt.ne.jp

緊急相談窓口:090-5861-4489




スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。