大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

がん細胞 近赤外光で破壊

■がん細胞 近赤外光で破壊


近赤外線治療機


※We click it, and please cooperate with ranking to spread true medical treatment!

Which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads 】
← here to click ⇒ [we vote for FC2 blog ranking] ← here to click
We can confirm dominance hierarchy "of" medicine ranking here.
which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads】 We read an article of other medical ranking⇒ We move to medical blog ranking> ← here to click


■マウスで成功、副作用なし 米チーム

近赤外光とは、可視光線より波長が長く、目に見えない光のことで、テレビなどのリモコンや携帯電話の通信に使われ、人体に無害なことが特徴である。

また、こたつなどに使われる遠赤外線(光)より波長が短い。

この光が、正常細胞に傷つけず、副作用なしでがん細胞を破壊できることが明らかにされた。

毎日新聞社 11月7日(月) 配信

がん細胞:近赤外光で破壊 マウスで成功、副作用なし--米チーム
 
 体の外から光を当ててマウス体内のがん細胞を破壊する実験に、米国立衛生研究所の研究チームが成功し、6日発行の科学誌「ネイチャーメディシン」(電子版)に発表した。正常な細胞は傷つけず、効率的にがん細胞だけを破壊できる治療法として、数年以内の臨床応用を目指すとしている。【永山悦子】

 チームは、主にがん細胞に存在するたんぱく質と結びつく性質を持った「抗体」に注目。

この抗体に、近赤外光の特定の波長(0・7マイクロメートル)で発熱する化学物質を取り付け、悪性度の高いがんを移植したマウスに注射した。

 その後、がんがある部位に体外から近赤外光を15~30分間当てた。

計8回の照射で、がん細胞の細胞膜が破壊され、10匹中8匹でがんが消失、再発もなかった。

一方、抗体注射と照射のどちらかだけを施したマウスや何もしなかったマウスは、すべてが3週間以内にがんで死んだ。

複数の種類のがんで同様の効果を確認。

注射された抗体ががん細胞と結びつき、照射によって化学物質が発する熱で衝撃波が発生、がん細胞だけを壊したと結論づけた。

 がんに対する光治療には、今回と波長の異なる光を当てる方法があるが、やけどをしたり、光を受け止める物質ががん細胞以外にも結びついたりするなど、健康な細胞への影響が避けられなかった。

 近赤外光を使う新しい方法では、抗体がわずかに正常細胞に結びついても、光の強さを調節することでがん細胞だけ破壊できる。

また、光自体が無害なため繰り返し照射でき、体表から5~10センチ程度の深さまで届くという。

 チームの小林久隆主任研究員は「抗体は、肺、乳、前立腺、大腸、卵巣、白血病、悪性リンパ腫などさまざまながんに使えるものが承認されており、数年以内に臨床応用を実現させたい。

がん細胞が血中を移動する転移がんでも、それに結びつく抗体が見つかれば応用できる」と話す。

****** すでに実証 *******
■近赤外光を応用した療法は、15年も前からすでに我々は開始していた。

■今回の研究は、我々の選択してきた近赤外線療法の正当性を証明していただいたことである。

■問題は、ヒトとラットではストレスが違い、研究と同様の結果を導くことが難しいということになる。

■またがん細胞ができた周辺の組織は循環が障害され、低酸素状態であり、高二酸化炭素状態である。

■そのため、二酸化炭素を好む「嫌気性菌」が増殖し二酸化炭素を吸ってカルシウムを作る事が私の研究で明らかにされている。

■従って、がん細胞に照射することだけでは思うようにガンを治すことはできないのである!

■よって、がん細胞に近赤外線を照射する前に、がん細胞の周辺の血管や特にリンパ管の圧迫や動脈硬化を改善することが重要なのである。

■がんや難病の体質改善や近赤外治療に関するお問い合わせは経験の豊富な自然医学総合研究所までお問い合わせください。

TEL:051-801-7063
Email::shizen@nrt.ne.jp
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード