大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■鎖骨を治せば顆粒球は増える!



■鎖骨を治せば顆粒球は増える!

※We click it, and please cooperate with ranking to spread true medical treatment!

Which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads 】
← here to click ⇒ [we vote for FC2 blog ranking] ← here to click
We can confirm dominance hierarchy "of" medicine ranking here.
which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads】 We read an article of other medical ranking⇒ We move to medical blog ranking> ← here to click


私達のからだを構成する細胞はおよそ60兆個といわれている。

その細胞に栄養素や酸素を渡しているのが赤血球であり、ウイルスの侵入や自身の死細胞を処分して排泄している細胞が白血球である。

白血球にはマクロファージや好中球などの顆粒球と顆粒を持たないリンパ球がある。

これらの細胞はお互いに連絡を交わしながら私達を健康な状態に維持する様に働いている。

しかし過剰なストレスを受ける事で、からだは硬直し、構造的なことから右側の骨盤が歪む。

鎖骨の歪みは、この影響を受けて生じる。

そのため、胸腺で産生されるヘルパーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞がつくる造血因子であるGM-CSF(顆粒球単球コロニー刺激因子)も減少する。

•その結果、顆粒球は減少する。


•顆粒球を増やす「GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子」について

•Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor  

「GM-CSFはTh細胞(胸腺内細胞)等が産生する」

•GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子とは、多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種で、胸腺でつくられるヘルパーT細胞によって産生される。

•ヘルパーT細胞はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる。

•同様に、造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)や顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)・好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)・好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

•更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。

•(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

•GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられている。

•顆粒球の造血反応は、胸腺で産生されるヘルパーT細胞によって誘導されるため、鎖骨の障害は造血反応にも影響を与えているのである。

ゆえに、顆粒球の減少には、「輸血」に依存するばかりではなく鎖骨の障害を取り除き、胸腺でヘルパーT細胞が正常に産生されるようにしなければならない。

西洋医学の対応に疑問がある、あるいは、確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

Granular leukocyte increases if we cure clavicle!

A cell constituting our body is called about
60,000,000,000,000.

It is erythrocyte that hand nutrient and oxygen to the cell.

In addition, the cell which we get rid of a viral invasion and a dead cell of ego and excrete is a white blood corpuscle.

There is the lymphocyte which does not have granular leukocyte and granules such as a macrophage or mature granulocyte in leucocyte.

These cells work to maintain us in a normal state while exchanging communication each other.

However, a body becomes stiff by sustaining excessive stress, and right innominate bone is warped from a structural thing.

Clavicular distorsion catches this influence and occurs.

Therefore helper T cell produced with a thymus decreases.

In addition, the GM-CSF granular leukocyte monocyte CSF that helper T cell makes decreases.

As a result, granular leukocyte decreases.

Increase granular leukocyte; "is GM-CSF"

About granular leukocyte monocyte CSF


Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor
"Th cells (a cell in a thymus) produce GM-CSF"

GM-CSF:
With granular leukocyte monocyte CSF, it is produced by helper T cell made with a thymus with a kind of cytokine promoting differentiation to pluripotent hematopoietic stem cell.


Helper T cell cooperates with IL (interleukin) - 3,5 and lets hematopoietic system progenitor cell (CFU-GEMM) differentiate with pluripotent hematopoietic stem cell.

We let burst-forming unit erythroid (BFU-E) and granular leukocyte monocyte colony forming cell (CFU-GM) / eosinophil colony forming cell (CFU-Eo) / basophil colony forming cell (CFU - Ba) differentiate with hematopoietic system progenitor cell likewise.


Furthermore, we have a work to let eosinophil differentiate in CFU-Eo in mature granulocyte and monocyte in CFU-GM.


CFU - Ba is induced by interleukin-3, 5 by basophil


GM-CSF is used for immunostimulation and hematogenesis
irritation to have differentiation conduction of leucocyte (granular leukocyte, monocyte) which is the leading role of cell mediated immunity.


As for the granulocytic hematopoietic reaction, a clavicular disorder affects hematogenesis reaction so that it is induced by helper T cell produced with a thymus.

Thus, not depending remove a clavicular disorder, and helper T cell is normal, and, for granulocytic decrease, it must be produced with a thymus by "transfusion".

Western medicine there is doubt in correspondence or to want to learn positive alternative medicine please participate in a preventive medicine seminar

慢性好中球減少症の過ち!

急性好中球減少症は、早ければ数日間で進行する。
その原因は、産生障害か末梢での利用または破壊の亢進によることが多い。

慢性好中球減少症の過ち!
慢性好中球減少症は好中球減少が6カ月以上持続する場合であり、産生減少あるいは好中球の脾臓による捕捉過剰から生じるとされている。
また、骨髄の骨髄系細胞に対する外因的要因に続発したものか、あるいは骨髄系細胞の内因的異常により発症するとして抗がん剤治療の対象となっている。

しかし、本当の原因は鎖骨の歪みによる胸腺の機能障害である。
その根拠右は、胸腺でヘルパーT細胞がつくられ、ヘルパーT細胞が「IL-2」を産生し、IL-2がキラーT細胞やマクロファージに作用して活性・増殖を促しているからである。
それは、コロニー刺激因子からも証明されている。
顆粒球単球コロニー刺激因子をGM-CSFと呼ぶ。
この因子はTh細胞等が産生し多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種である。
この因子はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる他以下の様に機能する。

造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)に分化する。
それは、顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)や好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)や好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられる。

以上のことからも、胸腺の機能が回復することにより、ヘルパーT細胞が正常に産生されることで顆粒球は造血される。
よって、顆粒球の減少する患者は輸血に依存する前に真因を改善しなくてはならない。
  

A mistake of chronic neutropenia!
Acute neutropenia progresses for a few days at the earliest.
Enhancement of the use in periphery or destruction tends whether the cause produces and disorders it.
A mistake of chronic neutropenia!
When neutropenia persists more than six months, as for the chronic neutropenia, it is assumed that it occurs by production decrease or capture excess by neutrophilic spleen.
In addition, we assume that we develop it by the thing that we occurred in a row in a factor of external cause for a myeloid bone marrow system cell or aberration of internal cause of a bone marrow system cell, and it is it with a subject of anticancer drug treatment.

However, a true cause is thymic dysfunction by clavicular distorsion.
In the grounds right, helper T cell is made with a thymus, and helper T cell produces "IL-2", and the reason is because IL-2 acts on cytotoxic T cell and a macrophage and promotes activity / breeding.
It is proved from CSF.
We call granular leukocyte monocyte CSF GM-CSF.
It is a kind of the cytokine which Th cells produce this factor, and promote differentiation to pluripotent hematopoietic stem cell.
This factor cooperates with IL (interleukin) - 3,5 and functions like the other following letting hematopoietic system progenitor cell (CFU-GEMM) differentiate with pluripotent hematopoietic stem cell.
We differentiate in burst-forming unit erythroid (BFU-E) with hematopoietic system progenitor cell.
It lets granular leukocyte monocyte colony forming cell (CFU-GM) and eosinophil colony forming cell (CFU-Eo) and basophil colony forming cell (CFU - Ba) differentiate.
Furthermore, we have a work to let eosinophil differentiate in CFU-Eo in mature granulocyte and monocyte in CFU-GM.
(CFU - Ba is induced by interleukin-3, 5 by basophil)
GM-CSF is used for immunostimulation and hematogenesis irritation to have differentiation conduction of leucocyte (granular leukocyte, monocyte) which is the leading role of cell mediated immunity.
Because helper T cell is produced normally by a thymic function being restored from the above-mentioned thing, as for the granular leukocyte, it is made blood.
Therefore, the granulocytic decreasing patient must improve a true reason before depending on transfusion.



スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。