大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■専門医制度の崩壊!

■専門医制度の崩壊!

■厚生労働省:専門医の在り方に関する検討会

■標準治療が崩壊している中、厚生労働省では専門医のあり方に関して第1回会議が10月13日開催された!



※真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

■日本専門医制評価・認定機構に76学会が加盟!

■専門医は各分野で標準的な医療を提供できる医師!

■標準治療の崩壊!

「医師の質向上」と「偏在の是正」が論点、総合医も議論

専門医の検討会発足、2012年度末をメドに報告書

2011年10月14日 
sikau

「専門医はスーパードクターでない」

 そもそも専門医とは何かという問題もある。厚労省が13日の資料として提出した、日本専門医制評価・認定機構の調査結果によると、一般市民がイメージする専門医は、「テレビなどで取り上げられているスーパードクター」、「重症・難病の患者を治療している医師」、「医学系学会などで認定された医師」が上位に。

一方、「診療所の医師」、「内科・外科などを問わず、様々な病気を治療できる医師」は下位だった。

 池田氏は、「学会の数ほど専門医制度があると、必ずしも満足のいく制度でないケースもある」との現状認識を示した上で、「専門医は、スーパードクターでなく、各分野で責任を持って標準的な医療を提供できる医師。

日本専門医制評価・認定機構には、76学会が加盟し、二階建ての専門医制度を定着させることが重要であるというコンセンサスが得られている」と説明、「それぞれの診療を受け持つ医師が、どんな教育を受けてスキルを獲得したのか、そのプロセスを見える形にして、どんな形で医療の役割分担をしていくか、その枠組みをこの検討会で議論していきたい」との考えを述べた。

この「専門医は、標準的な医療を提供できる医師」という考えは、高久氏や金澤氏も支持した。

 「自由標榜医制でいいのか」

 本検討会の課題の一つに、「地域医療の安定的確保」、言い換えれば、地域あるいは診療科による医師の偏在に対し、どう対応するかという課題がある。

 この点について、山口氏は、「専門医の質と数を一緒に議論することには違和感がある」と指摘、同様の疑義は他の委員からも呈せられた。

要は、「専門医の質確保のためには一定の症例数の経験が必要であり、おのずから各地域で養成できる専門医数は決まる。

その結果として、偏在の是正につながる」という流れなら分かるが、「偏在是正のために専門医の定数をまず決める」という論理は問題、との指摘だ。

 もっとも、そもそも各地域の医療提供体制をどう構築していくか、その前提の議論が必要だという意見も出た。自治医科大学医学部長の桃井真里子氏は、「今の医療提供体制のどこに問題があり、その上で専門医をどう位置付けようとしているのか。

それを議論しないと、専門医の議論は収束しないだろう。低医療費で、世界最高の医療水準を維持しているのが、日本の医療の特徴だが、“自由放任主義”という問題もある。

医師の高い倫理観でそれを維持している。これをこのまま容認して、専門医がどうあるべきかを議論しても、医療の質の向上につながらない」と述べ、自由標榜医制なども今回の検討課題であるとした。

 国立病院機構名古屋医療センター教育研修部長の富田保志氏も、「一般の人の立場を考えた場合、標榜科と専門医をいかにリンクさせるか、この点についても考えなければいけない」とコメント。

 さらに医療提供体制との関連では、「各専門学会は全国的な必要数などは考えておらず、学会の最大利益の追求が、国の利益につながってこなかった。

医療提供体制全体の中で、5年後、10年後の医師の専門性、あるいは地域分布などを踏まえたグランドデザインを作らないと話は進まない」(聖路加国際病院院長の福井次矢氏)、「医療供給体制の見直しも必要であり、患者の受診形態がこのままでは、専門医制度だけを見直してもあまり有効な手段にならない。

本検討会はかなり広い話題を取り扱う必要があるのではないか」(東京慈恵会医科大学附属病院長の森山寛氏)、「これまでは、いつでも、どこでも、誰にでも診てもらえるという医療を目指していたが、今はその時代ではなく、医療の質が求められている。

そのためには今の医療制度を根本的に考え直さなければいけない。これが出発点」(金澤氏)などの意見も。

 総合医の定義をめぐり混乱も

 総合医に関しては、八戸市立市民病院副院長の今明秀氏は、「地方では、臓器別専門医ではなく、総合医や救急医の需要が高い。その質を保つために、臓器別専門医から総合内科に変わった医師の質確保のために何らかの方策が必要。

また総合医や救急医は、地方でも都市部と全く遜色ない修練が可能であり、総合医や救急医をクローズアップすれば、その修練のために地方に残る医師が増えるのでないか」と述べた。

 福井氏は、「海外の研究論文などでは、総合医を組み込んだ医療提供体制が効率的であり、ヘルスアウトカムの改善につながるという結果も出ている。

人口に対し一定数の割合で総合医を養成し、その上で専門医がどの程度必要か、目標値を設定することが必要。

総合医と臓器別専門医を配分する作業をうまく行えば、偏在も是正できるのではないか」と総合医養成の必要性を指摘。

 これに対し、日医常任理事の高杉氏は、「総合医、という言葉に惑わされている気がする。

医学教育、臨床研修を行い、プライマリケアができるようになる、これが保証されないと、総合医、専門医などを作っても仕方がない」、同じく日医常任理事の三上氏も、「総合医、総合診療医、かかりつけ医など、いろいろな言葉が使われており、混乱している。

用語の定義を行い、議論してもらいたい」と求めた。「総合医」の定義やその役割、また「専門医」として位置付けるかについては、意見が分かれており、今後の重要な検討課題となる。

 一連の議論を受け、座長の高久氏は、総合医については、「医師はすべて総合医の基盤の上にあるべき。

臨床研修を必修化した際、2年間でプライマリケア能力を身につけることが目的だったが、産婦人科医や小児科医の不足などで見直された。しかし、実際には2年間では足りない。

このことはあまり触れたくなかったが頭に入れて議論していく」とコメント。

 その上で、高久氏は、「専門医のことを議論するのであれば、当然、医療提供体制のことを議論しなければならない。

また地域医療の問題は切り離してもらいたいと考えていたが、これを議論するのであれば、日本全体の問題として考える必要があるのではないか。

ドイツのように州の医師会がコントロールするような体制も今後検討すべきではないか。

諸外国の専門医の育成の在り方も議論していきたい。問題は大きくなり、憂鬱になるが、5年後、10年後のあるべき姿を提案をしていきたい」と締めくくった。

■専門医の在り方に関する検討会
専門医の検討会発足、2012年度末をメドに報告書
「医師の質向上」と「偏在の是正」が論点、総合医も議論

*********** 医療崩壊は止まらない ********

■医者に命をあずけるな!

■時代遅れの標準治療は崩壊している!

■総合医は必要だが教育に限界がある!

■よって、治癒率を高める「総合免疫療法」が注目される!

総合免疫療法に関心のある方は予防医学セミナーにご参加ください。

■西洋医学の治療に疑問がある、あるいは自然治癒力で治す方法を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

*********** 名古屋セミナー ********

■10月23日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 2F 特別会議室 午後 フイッツトネス 2

■午前9時30分開場 10時:開演

■講師:酒向猛 外科医 千葉セントマーガレット病院 統合医療外来部長

■テーマ:腸管免疫と乳酸菌について

■大沼四廊 自然医学総合研究所所長
    長年の研究から自然治癒の原理を確立 
日本初 国際連合より特別功労賞授与

■テーマ:動脈硬化症と腸内細菌

■午後:1時30分より相談会と体験会 5時終了


*********** お知らせ **********

※9月いっぱいで、東京台東区三ノ輪の出張所が会場の都合により閉鎖いたしました。これまで沢山の方々にご愛好頂きまして誠にありがとうございました。

  東京予防医学セミナーに関しての詳細は名古屋本部までお問い合わせください、

※なお、11月6日のセミナーはNPO法人生活習慣病と予防医学を考える会の主催で行いますので沢山の方がおいでになることが予想されますので、席に限りがございますので予約はお早めにお願いいたします。


自然医学総合研究所
名古屋本部

〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202

TEL:052-801-7063

Email:shizen@nrt.ne.jp  URL:http://WWW.NRT.NE.JP

※お急ぎの方は携帯まで090-5861ー4489
担当:大沼まで









スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。