大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■がんの“半分は予防可能”

■がんの“半分は予防可能”

※真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


10月19日 5時25分

■日本人のがんは、喫煙やウイルスなどの感染によるものが多く、半分は予防できる原因で起きているとする調査結果を国立がん研究センターがまとめました。

■国立がん研究センターのグループは、平成17年にがんと診断された人の数を、がんのリスクを押し上げる喫煙や飲酒の習慣、それにウイルスの感染などがある人の数と照らし合わせ、日本人全体のがんの原因を分析しました。

■その結果、がんの原因で最も多いのは、男性の場合▽喫煙で29.7%、次いで▽肝炎ウイルスやピロリ菌などの感染で22.8%、続いて▽飲酒で9%でした。

■また女性で最も多いのは▽感染で17.5%、次いで▽喫煙で5%、▽飲酒で2.5%となっていました。

■男女合わせると、がんの半分ほどは、こうした予防できる原因で起きているということで、グループでは「生活習慣や環境の改善で日本人のがんは確実に減らせる」としています。

■一方、肥満が原因となるがんは、日本人の場合、男性で0.8%、女性で1.6%と少なく、アメリカ人の3分の1程度だったということです。

■国立がん研究センターの津金昌一郎予防研究部長は、「今回の結果は日本人のがん全体を統計的に分析したものだが、個人レベルでもがんの要因のある人は、リスクを減らすよう努力して欲しい」と話している。

******** 8割は治る可能性がある *****
■論より証拠で、余命半年と診断された末期がんでも治る可能性があります。

■実際に、肺腺癌や前立腺癌や巨大悪性リンパ腫から生還している方も少なくはありません。

■病気が直る仕組みについては今年のノーベル生理学・医学賞の受賞者が樹状細胞の発見などにより科学的に解明しています。

■素の仕組みは、風邪や怪我が直るのと全く同じ仕組みです。

■免疫を司るNK細胞やTリンパ球やNKT細胞がTh1やTH2の誘導を受けて体内で増殖し、活性化します。

■その点、実際に癌を患っている患者さんの多くの白血球の動きは鈍く、腫瘍ができていても除去できません。

■また、免疫の不調ばかりではなく、過剰なストレスによって体全体が硬直し、大きく歪んでいます。

■その結果、リンパ管が圧迫された部位に老廃物が滞留し、排泄できないまま時間が経過し低酸素状態で細胞が壊死を起こし、癌化に至るのです。

■また、不調なときには白血球全体が不活性の状態になっているため、風邪を引いても治りにくいのです。

■しかし、植物由来の活性剤で白血球の動きを高めることでマクロファージや樹状細胞が活性化し、腫瘍を分解する腫瘍壊死反応が起こります。

■これが、おできでは、赤く腫れあがる減少で、癌細胞は、免疫系の細胞で攻撃されているときで、腫瘍が肥大しやすい時期でもあります。

■しかし、あせらず正しい生活を淡々と続けて行くことで最もふさわしい結果をもたらすことができるのです。

■これを免疫系の細胞による腫瘍壊死反応と呼びます。

■腫瘍が溶けて分解された後にリンパ球が運び、静脈へ流れ、やがて体外に排泄されるのです。

■改めてノーベル賞の受賞を歓迎いたします。

■西洋医学の治療に疑問がある、あるいは自然治癒力で治す方法を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

*********** 名古屋セミナー ********

■10月23日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 2F 特別会議室 午後 フイッツトネス 2

■午前9時30分開場 10時:開演

■講師:酒向猛 外科医 千葉セントマーガレット病院 統合医療外来部長

■テーマ:腸管免疫と乳酸菌について

■大沼四廊 自然医学総合研究所所長
    長年の研究から自然治癒の原理を確立 
日本初 国際連合より特別功労賞授与

■テーマ:動脈硬化症と腸内細菌

■午後:1時30分より相談会と体験会 5時終了


*********** お知らせ **********

※9月いっぱいで、東京台東区三ノ輪の出張所が会場の都合により閉鎖いたしました。これまで沢山の方々にご愛好頂きまして誠にありがとうございました。

  東京予防医学セミナーに関しての詳細は名古屋本部までお問い合わせください、

※なお、11月6日のセミナーはNPO法人生活習慣病と予防医学を考える会の主催で行いますので沢山の方がおいでになることが予想されますので、席に限りがございますので予約はお早めにお願いいたします。


自然医学総合研究所
名古屋本部

〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202

TEL:052-801-7063

Email:shizen@nrt.ne.jp  URL:http://WWW.NRT.NE.JP

※お急ぎの方は携帯まで090-5861ー4489
担当:大沼まで



スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。