大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

■高血圧症の治し方!

■高血圧症の治し方!

■高血圧の原因は動脈の圧迫や動脈硬化症にある!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


*************
高血圧の遺伝子発見 26万人解析、治療応用も

2011年9月13日 提供:共同通信社

 愛媛大や横浜市立大、滋賀医大などが参加する国際チームは12日、全世界で約26万人を対象にゲノム(全遺伝情報)を解析し、高血圧の原因になる遺伝子28カ所を見つけたと発表した。

成果は英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

 高血圧は心疾患や脳卒中を起こし、日本では患者数は推定約4千万人とされる。

遺伝要因(体質)と、食生活や運動不足など環境要因により発症する。

遺伝子発見は原因特定や治療、創薬へ応用が期待できる。

 チームによると、解析対象者のうち約3万人は日本人を含む東アジア人。

東アジア人の高血圧に関与する遺伝子は9カ所あった。

 28カ所の遺伝子の型によって高血圧になる危険性が増減する。

愛媛大の田原康玄(たばら・やすはる)講師らが、日本人に最も影響が大きい4カ所の遺伝子を調べた結果、最もリスクが高い型の人は、最も低い型の人の約2・3倍高血圧になりやすかった。

 遺伝子は体内の水分量の調節や腎機能に関連するが、中には働きが分からないものもある。

 田原講師は「遺伝子の発見は、個々人の遺伝子に合わせて予防や治療法が選択できるテーラーメード医療にも役立つ」と話す。

チームには24カ国、400人以上の研究者が参加した。

動脈硬化


***** 高血圧症の治し方! *******

■このたびは大規模な研究から高血圧の遺伝子が複数見つかったことは大変名誉なことである!

■しかし、問題は、遺伝子だけが血圧を上げる原因ではない!

■血圧を上げる要因は動きすぎ、働き過ぎ、高二酸化炭素血症にある!

■そのため、血圧が上がり、動脈が圧迫され、動脈硬化症が生じる!

■ストレスで体が歪み、動脈が圧迫され、動脈硬化症ができる!

■動脈の圧迫は骨盤の歪みが起因となり、長年横向きに寝ることからソケイブの大血管と、鎖骨が歪み鎖骨下動脈が圧迫されることで血管の代謝が悪くなって起こる!

■動脈硬化症の原因は高二酸化炭素血症にある!


■鎖骨が歪み、迷走神経が圧迫され、呼吸が浅くなることで、高二酸化炭素血症になる!

■そのため、「珊瑚」に類似した嫌気性菌が増殖する!

■この「珊瑚」に類似した嫌気性菌が増殖し、二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生する!

■これが動脈硬化症の原因となっている!

■私が過去30年間かけて解明した動脈硬化症の原因である!

■これらの問題を解決するために、体の歪みを改善し、腸内細菌のバランスを整えるため大沼式酵素療法を行う!

■また、できたカルシウムを溶解するために乳酸菌やビフイズス菌を増殖させることが受容である!

■その理由は、ビフイズス菌や乳酸菌がカルシウムを溶かすからである!

■これらの有効な腸内細菌を増殖させるためには低体温も改善しなければならない!

■つまり、総合的に体質を改善することで、血管の圧迫も動脈硬化症も改善され血管は正常に代謝できるようになり、血圧も安定する!

■この様に、総合的に体質を改善することで血圧は改善できる病気なのである!

■つまり、高血圧症もまた、ガンや糖尿病などと同様に生活の習慣を見直すことで改善できる生活習慣病と位置づけられるのである!

■よって、このたび、高血圧の遺伝子が特定され、やがてその遺伝子を修復する薬ができたとしても生活習慣まで変えなければ治らない人が続出するはずである!

■病気というものは呼んで字のごとく「気の過ち」から生じているもので遺伝子操作だけで解決できるものではない事を指摘したい!


■安全な代替医療を受けたい、また、学びたという方は予防医学セミナーにご参加ください。


******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

■9月23日 金曜日

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち

地下鉄丸の内下車 徒歩10分 名古屋市市政資料館前 

■時間:午前9時30分開場

     10:00~開演


①病気を治すからだの仕組み
   「百万人のがん対策」

 講師:大沼四廊
 自然医学総合研究所所長
 ナチュラルケアセンター院長
 自然治癒を科学するなど、30年にわたり、病気の原因と治し方を追求、欧米や中国などで高い評価を受けている。
 2009年11月に国際連合より長年の功績をたたえられ、特別功労賞を顕彰されている

②名医に聞く

●体質改善を成功させるために

 参加者の中から自然治癒や医療問題に関する質問を受け、体質改善を成功させるための問題を解決する!

 講師:大沼先生
    
 司会:久保真理子 自然医学総合研究所 滋賀支部長

③午後1;30~2時30分 相談会と体験会

④2時30分~専門家養成講座 グレード試験  5:30分解散

お問い合わせ先:自然医学総合研究所本部
 TEL:052-801-7063
  Email:shizen@nrt.ne.jp


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード