大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白血病の自然治癒■急性白血病の体質改善について!

■急性白血病の体質改善について!

■急性白血病で作業員死亡!

■福島第1原発に従事 「作業との因果関係なし」


人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


2011年8月30日 提供:共同通信社


■東京電力は30日、福島第1原発の復旧作業に当たっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。

この作業員の被ばく線量は0・5ミリシーベルトで、東電は「医師の診断によると作業と死亡の因果関係はない」と説明している。

■東電によると、男性は8月上旬から1週間、放射線管理などの業務に従事。

■体調不良を訴え診察を受けたが、その後死亡した。

■内部被ばくはゼロだった。

■就労前の健康診断では問題がなかったという。

■16日に元請け企業から東電に連絡があった。

■東電によると、急性白血病に関する厚生労働省の労災認定基準は年間5ミリシーベルト以上の被ばく、1年間の潜伏期間などがある。

■この男性の福島第1原発での作業は、基準に達しないという。

■同原発の作業に従事する以前の職歴については分かっていないが、東電は「これ以上調査する予定はない」としている。

****** 白血病について ******

■白血病とは、何らかの原因で血液幹細胞のあるレベルで異常クローンが発生し、そのクローンの白血球が無限に増殖した結果、正常血液細胞の増殖が抑制され、代わって抹消血中に通常は認められない「芽球」と呼ばれている白血病細胞が出現し、骨髄をはじめとする全身諸臓器に白血細胞の増殖浸潤をきたす疾患として認識されている。

■また、白血病細胞の発生母地から骨髄性とリンパ性に分類され、急性と慢性に分類され、急性白血病の血液像は造血されたままで成長できない「幼弱性の白血球と少数の成熟型の白血球となっている。

■慢性型の白血病では少数の幼弱細胞から成熟細胞まで各成熟段階の細胞が切れ目なく続いており、全体としてピラミッド型を示す。

■両者は臨床症状のうえでも相違が認められ、急性は激烈であり、慢性は軽徴であるとして対応され、呼吸性は抗がん剤で白血球を殺す治療が中心となり、抗がん剤治療で再発を繰り返す場合は、骨髄移植を最後の手段として用いられる。

■しかし、現実には骨髄移植をしたにも関わらず再発をするケースも少なくはなく、原因不明としてあきらめるヒトも少なくはない。

*****  白血病の原因について ******

■どんな病気にも必ず原因はある!

■白血病細胞とは何か!

■一般に言われている白血病細胞とは、元々白血球の生まれたての子供である!

■ヒト血球の増減は交感神経の働きに連動している!

■つまり、病的に気を使う、病的に無理をするなど交感神経が過剰に働くことで糖代謝が盛んに行われ、糖が分解されてエネルギーをつくった後に「乳酸」という老廃物が、肝臓での解毒能力を超えて産生されたとき、体液は強酸性へと傾くことが知られている!

■健常者の体液のPhは弱アルカリ性で7,3~7、45とされているが、交感神経の使い過ぎから酸が多くなり、7,3を下回るようになる!

■この様な状況では弱アルカリ性では活性型の白血球も全く動きがなくなることで不活性型など異変が生じる!

■つまり、交感神経の使い過ぎにより、白血球は増殖されるが、強酸性下では動きが取れず、成長もできなくなるため「幼弱性」と呼ばれる状態のまま血液検査である一定の基準を超えて確認されると白血病と病名がつけられる!

■よって、抗がん剤などで白血球を殺さなくても、体液の中和を図り、弱アルカリ性に戻るようにすることで、白血球は元気になり、順調に成長できるようになる!

■しかし、この様な研究は医学界でも東洋医学でも、また、他の民間療法でも行われていないため、通常は西洋医学の血液内科画担当し、薬漬けにされるのである!

■特に急性と診断された場合は、大量の抗がん剤を使用するケースが少なくはなく、要注意である!

■「芽球」と呼ばれている幼弱性の白血球を殺す前に、疲れを癒し、体温や体のゆがみの調整を行うことで自律神経の伝道と血流を改善することで正常化しなければならない!

■病気の原理を知りたい、安全な代替療法を学びたいという方も予防医学セミナーにご参加ください。

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

■9月4日 日曜日

■会場:東京都西新宿 エルタワー15 階 

JR新宿西口から交番前を通り「宝くじ売り場」前を右折する

 エルタワービルのエスカレーターーに乗り2階でエレベーターに乗り換える。 

15階で降りて予防医学セミナーの案内を目指す。

■会場:シェラバートン セミナー室


■時間:午前9時30分開場

     10:00~開演

①乳がんの自然療法について

 講師:酒向猛 医学博士
 元岐阜県立多治見病院外科部長
 セントマーガレット病院統合医療外来部長
 著書:がんを克服するために
    隠された造血臓器の秘密


②病気を治すからだの仕組み
   「百万人のがん対策」

 講師:大沼四廊
 自然医学総合研究所所長
 
 自然治癒を科学するなど、30年にわたり、病気の原因と治し方を追求、欧米や中国などで高い評価を受けている。
 2009年11月に国際連合より長年の功績をたたえられ、特別功労賞を顕彰されている

③名医に聞く
●体質改善を成功させるために

 参加者の中から自然治癒や医療問題に関する質問や問題点を受け、それぞれの先生の本音を聞く

 講師:酒向猛先生
    大沼四廊先生




   直接のご質問や緊急時のお問い合わせ
  ◆TEL:090-5861-4489 大沼 四廊  24時間対応可
  
  ◆研究所 〒468-0002
  名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202
   TEL:052-80-7063
  
  ◆施術室
   〒468-0002
   名古屋市天白区焼山1-420番地フジイビル 2F-D
   TEL:052-806-2178  FAX:052-806-2179


   携帯電話のAU焼山店の西隣  スーパーのフイール焼山店より徒歩1分


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。