大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■てんかんの治し方!

■てんかんの治し方!

 息子・良太(16歳)が癲癇で病んでいます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


発症したのは、5歳の秋ごろで医者には後天性と診断されて薬漬けになりましたが治りませんでした。

それで、薬の副作用を心配して民間療法といわれている気功法
や鍼灸や漢方を続けてきましたが、発作はおさまらず、今年2月からやむを得ず抗癲癇薬を服用しています。

この様な状態でも治る見込みはあるのでしょうか?

もし可能性がああるのであればどんなことでもして治してあげたいと思っております。

よろしくお願いいたします。

神戸市在住 荒幡 健一郎

■癲癇とは一般に、中枢神経が反復性に興奮する脳の慢性疾患です。

異常興奮に伴いてんかんの発作が出現します。発作時に脳波を記録すると発作性の突発派が記録されます。

癲癇の発症する次期の多くは小児期から思春期にかけて発症し、脳の損傷が見られる全般型のてんかんと脳の限局に損傷が見られる部分てんかんに分類されていますが、西洋医学は抗癲癇薬など化学療法を主体にして治療しているため、長引くことで副作用が現れるなど、体質を改善できるほど医学は進歩しておりません。

■癲癇の原因について

■癲癇の原因は、過剰なストレスによる体液の強酸性により自己免疫力の低下と体の歪みによる血管や神経やリンパ管の圧迫があります。
 特に寝相が悪く、横向され呼吸が浅くなり、酸素濃度が低くなるばかりか、動脈硬化症や石灰化の原因となる二酸化炭素濃度を高め、謙気性菌が増殖する原因ともなるなど癲癇の直接的な原因となっております。

その点、西洋医学も東洋医学も、また各種民間療法でもほとんど研究されいないのが現状です。

■ぜひ一度名古屋本部に来ていただき自律神経の状態や血液画像分析による血液の汚れやそれに伴う白血球の活性度などを調べることで自己免疫力の状態を調べるほかに、骨盤や鎖骨などの体のゆがみを詳しく調べ、じん帯の硬化の部分にはレーザー療法などを導入して慎重に改善することをお勧めいたします。

■また、精神的には過緊張型が多く、消化器が硬直し腸内細菌のバランスも悪いため酵素療法もおこなうべきです。

■大切なことは精神力も含めてじん帯の石灰化を改善することで体質を強化することです。


■てんかんや他の難病などの治し方について詳しく学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■病気の原理を知りたい、安全な代替療法を学びたいという方も予防医学セミナーにご参加ください。

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

■9月4日 日曜日

エルタワー

■会場:東京都西新宿 エルタワー15 階 

JR新宿西口から交番前を通り「宝くじ売り場」前を右折する

 エルタワービルのエスカレーターーに乗り2階でエレベーターに乗り換える。 

15階で降りて予防医学セミナーの案内を目指す。

■会場:シェラバートン セミナー室


■時間:午前9時30分開場

     10:00~開演

①乳がんの自然療法について

 講師:酒向猛 医学博士
 元岐阜県立多治見病院外科部長
 セントマーガレット病院統合医療外来部長
 著書:がんを克服するために
    隠された造血臓器の秘密


②病気を治すからだの仕組み
   「百万人のがん対策」

 講師:大沼四廊
 自然医学総合研究所所長
 ナチュラルケアセンター院長
 自然治癒を科学するなど、30年にわたり、病気の原因と治し方を追求、欧米や中国などで高い評価を受けている。
 2009年11月に国際連合より長年の功績をたたえられ、特別功労賞を顕彰されている

③名医に聞く
●体質改善を成功させるために

 参加者の中から自然治癒や医療問題に関する質問や問題点を受け、それぞれの先生の本音を聞く

 講師:酒向猛先生
    大沼四廊先生
 司会:高橋純一 自然医学総合研究所 長野支部長

④午後1;30~相談会と体験会

   5:00解散

お問い合わせ先:自然医学総合研究所本部
 TEL:052-801-7063
  Email:shizen@nrt.ne.jp


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。