大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■4~5年後 医療崩壊は避けられない!

■4~5年後 医療崩壊は避けられない!

■地代の流れに対応できない医療は消えてゆく!

■患者の希望を軽視し、マニュアル通りに行われてきた対症療法は崩壊する!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】





*******医療維新******

■「あと4、5年で医療は崩壊する」、海堂氏

2011年08月23日

「医療崩壊が叫ばれてもう長いが、医療に流れているお金が締め付けられていることが大きな原因であることは間違いない。

医療崩壊を防ぐためには、人を育てるという意味での投資をしなけばならず、それができるのは国の税金しかない。

介護も同じで、私はこの二つは日本における成長産業だと考えている。

しかし、それを成長しないシステムにしているのが、今の国の税制であり、国策の骨格。

 メディアはまだ、医療現場が不当にお金をむさぼっているというイメージを流し続けているが、その流れに乗り、日本の医療が取り返しが付かなくなったら、もうどうしようもない。

実は、私は4、5年のうちに、完全に一部医療崩壊が起きると思っている」

 8月21日に東京都内で開催された、市民公開セミナー「医療と消費税」(主催:日本医師会、四病院団体協議会)の基調講演でこう指摘したのは、作家で医師の海堂尊氏。

当セミナーは、医療が「消費税非課税」であるために、損税という形で大きな負担を強いられている現状を市民に理解してもらうことが目的。

詳細は、医療維新『約1800人が参加、「医療と消費税」日医セミナー』をお読みいただきたいのですが、議論は消費税問題に限らず、医療を社会の中でどう位置づけていくか、医療制度全般にわたりました。


 同じく基調講演をした、ジャーナリストで『ルポ 貧困大国アメリカ』(岩波新書)の著者である堤未果氏は、無保険者のみならず、保険に加入していても医療費が支払えず、自己破産するケースが増えている現状など、米国医療の危機を説明。

「米国の医療が崩壊したのは、医療を“商品”にしたため。政府は財源がないことを理由に、自己責任にし、民間に任せるとした。

確かに規制緩和で選択肢は増えたが、横ではなく縦に広がり、お金がある人だけがサービスを受けられる形になった」。

 特に2001年の同時多発テロ、「9.11」以降、米国では医療などの市場化、格差社会が進展したとする堤氏は、「大きな事件が起きる時、国民の関心が一点に集中する際に、変革が起きる」と指摘、東日本大震災後の今の日本に警鐘を鳴らします。

その一例が、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への加盟。
TPP加盟の影響は、農業に限らず、日本の医療への米国企業の参入、混合診療化などが進む可能性があるとしました。

 消費税の問題については、政府が6月30日にまとめた「社会保障と税一体改革」で、消費税率を2010年代半ばまでに10%に上げる方針が打ち出されています(『「2010年代半ばまでに消費税率10%」、社会保障・税一体改革成案』を参照)。

「消費税非課税」は不公平な税制であり、このまま税率が上がれば、本来、医療費の財源確保のための税率アップが、医療崩壊を招く事態になりかねないことが、21日のセミナーでは異口同音に指摘されていました。

 もっとも、消費税導入時の1989年、日本医師会がなぜ「消費税非課税」を認めたのか、「損税」の問題を見通せなかったのか…、この点については疑問が残りました。

◆医療維新
約1800人が参加、「医療と消費税」日医セミナー
消費税非課税を問題視、「医療崩壊加速の要因」との指摘も

***********************
■作家でもあり医師でもある海堂尊氏の言い分は、国の税制が悪いため医療が4~5年後に崩壊するといっている!

■しかし、その考えは間違っている!

■医療崩壊の真因は経済ではなく、医療内容そのものが時代の流れに遅れているからである!


■病気の原理を知りたい、安全な代替療法を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

■9月4日 日曜日

■会場:東京都西新宿 Lタワー15 階 

■午前:シェラバートン セミナー室

■時間:午前9時30分開場

     10:00~開演

①乳がんの自然療法について

 講師:酒向猛 医学博士
 元岐阜県立多治見病院外科部長
 セントマーガレット病院統合医療外来部長
 著書:がんを克服するために
    隠された造血臓器の秘密


②病気を治すからだの仕組み
   「百万人のがん対策」

 講師:大沼四廊
 自然医学総合研究所所長
 ナチュラルケアセンター院長
 自然治癒を科学するなど、30年にわたり、病気の原因と治し方を追求、欧米や中国などで高い評価を受けている。
 2009年11月に国際連合より長年の功績をたたえられ、特別功労賞を顕彰されている

③名医に聞く
●体質改善を成功させるために

 参加者の中から自然治癒や医療問題に関する質問や問題点を受け、それぞれの先生の本音を聞く

 講師:酒向猛先生
    大沼四廊先生
 司会:高橋純一 自然医学総合研究所 長野支部長

④午後1;30~相談会と体験会

   5:00解散

お問い合わせ先:自然医学総合研究所本部
 TEL:052-801-7063
  Email:shizen@nrt.ne.jp




スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。