大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■不育症の治し方!

■不育症の治し方!

■不育症 流産・死産2回以上、原因不明約7割

不育症 全国に推計140万人 厚労省研究班

2011年8月22日 提供:毎日新聞社


人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


不育症:流産・死産2回以上、原因不明約7割 全国に推計140万人--厚労省研究班

 妊娠はするものの流産や死産を繰り返す「不育症」患者は妊娠経験者の4・2%で発生し、140万人いると推定できることが厚生労働省研究班の調べでわかった。

発症頻度や患者数の調査は初めて。29日から大阪市で始まる日本産科婦人科学会で報告される。

 名古屋市立大学が07~10年、愛知県岡崎市で健康診断を受けた35~79歳の女性2733人に尋ねた。

妊娠したことのある女性2503人のうち953人(38%)が流産の経験があると回答。

研究班は不育症を「2回以上の流産や死産あるいは早期新生児死亡がある場合」と定義しており、2回以上の流産を経験したのは105人、3回以上は22人だった。

研究班が07年の人口統計を基に推定すると、不育症は年3万人が発症し、140万人の患者がいるとみられる。

 名市大の杉浦真弓教授によると、欧米でも不育症の発症率は5%程度とされており、日本も同じ傾向にあることが裏付けられた。

また不育症に該当した105人のうち、9割超の100人が出産しており、杉浦教授は「流産を重ねても出産している。くじけないでほしい」と話す。

 不育症の原因として、子宮の形の異常やカップルの染色体異常やあるいは血栓で胎児に栄養が届かない――などだが、7割近くは原因不明だ。

実態は十分に解明されておらず、専門医も少ないのが現状である。

■不育症の治し方!

■実際に不育症を経験した患者さんを詳しく調べてみると、例外なくからだが冷えている。

■また、骨盤の歪みが著しく、腰痛や生理痛で悩まされている。

■さらに、精神的にはまじめで几帳面な性格が目立ち、対人関係ではストレスが少なくない。

■このため、交感神経がヒト一倍働き、酸性の体質になっている

■骨盤は歪み、横向きで寝ることが多くなり、鎖骨が歪む。

■鎖骨が歪むことで、呼吸も睡眠も浅くなる。

■さらには、ホルモンの合成や流れも悪化する。

■また、体液が強酸性になることで、白血球の動きは鈍くなり、自己免疫力は低下し、自律神経や遺伝子の情報がうまく伝達できなくなる。

■骨盤の歪みは骨盤内蔵神経の伝達を障害し、排泄が悪くなり、妊婦では羊水が汚れ、退治の成長にも障害が及び、最悪、流産を繰り返すことになる。

■よって、ストレス対策として、血液を浄化すること。

■体の歪みを改善し、血管や神経やリンパ管の圧迫を改善すること。

■さらには、体の冷えを改善するため、ミネラルの含有量を意識して食材を見直し、黒豆など体温を上げる性質の食べ物を摂取すること。

■足湯や腰湯などで物理的に体を冷やさないこと。

■体を暖めてから骨盤運動などを行い、骨盤の内臓に血液が回りやすくする。

■その結果、体温が向上し、白血球も活性化し、羊水の汚れが浄化され安産が期待できるようになる。

■病気の原理を知りたい、安全な代替療法を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

******* 予防医学セミナーのお知らせ ******

■9月4日 日曜日

■会場:東京都西新宿 Lタワー19階 

■午前:日本バイオセミナー室

■時間:午前9時30分開場

     10:00~開演

①乳がんの自然療法について

 講師:酒向猛 医学博士
 元岐阜県立多治見病院外科部長
 セントマーガレット病院統合医療外来部長
 著書:がんを克服するために
    隠された造血臓器の秘密


②病気を治すからだの仕組み
   「百万人のがん対策」

 講師:大沼四廊
 自然医学総合研究所所長
 ナチュラルケアセンター院長
 自然治癒を科学するなど、30年にわたり、病気の原因と治し方を追求、欧米や中国などで高い評価を受けている。
 2009年11月に国際連合より長年の功績をたたえられ、特別功労賞を顕彰されている

③名医に聞く
●体質改善を成功させるために

 参加者の中から自然治癒や医療問題に関する質問や問題点を受け、それぞれの先生の本音を聞く

 講師:酒向猛先生
    大沼四廊先生
 司会:高橋純一 自然医学総合研究所 長野支部長

④午後1;30~相談会と体験会

   5:00解散

お問い合わせ先:自然医学総合研究所本部
 TEL:052-801-7063
  Email:shizen@nrt.ne.jp











スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。