大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第40回日本免疫学会学術集会!

■第40回日本免疫学会学術集会!

会期:2011年11月27日(日)~29日(火)

会場:幕張メッセ 千葉

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

会 場 幕張メッセ(千葉市)
URL: http://www.m-messe.co.jp/

学術集会URL http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsi2/jsi40/index.html

会 長 徳久 剛史(千葉大学大学院医学研究院・分化制御学)

■We cure giant malignant lymphoma by human immunology

■巨大悪性リンパ腫をヒト免疫で治す!

悪性リンパ腫とはリンパ組織に原発する悪性腫瘍のことで、発生部位からリンパ節性とリンパ節外性に分けられ、原因は不明である。


右肺にできた巨大悪性リンパ腫をヒト免疫を自然活性することで完治を試みた。


患者情報:H・Yさん1939年11月20日生70歳、北海道在住の男性。

病名:悪性リンパ腫 右肺4×7cm大 。

既往症:右指の慢性関節リウマチ


診断方法:CT細胞診ならびにペットCT・腫瘍マーカー。
:2010年7月6日の血液検査:Pro-GRP:144,0(H)

検査機関:北海道大学医学部。

治療方針:右肺の2分の1を切除し、その後抗がん剤治療を数十回行うと診断された。

しかし、治療のリスクが大きいと判断し、手術も抗がん剤治療も断った。
友人より当研究所を紹介され2010年8月17日に当所にて初回の検査と健康指導を行った。


期間:2010年8月17日より8月末まで9日間、午前と午後1日2回、計16回。


療法内容:①自律神経の測定、②食事療法とサプリメントによるヒト免疫の活性療法、③酵素療法、④光線療法、⑤温熱療法、⑥鎖骨及び骨格療法。①から⑥まで総合的に計16回行った。

自律神経の測定より脾臓及び膀胱と小腸の機能が低下していた。また、ヒト免疫では白血球の不活性が認められた。


ヒト免疫の不活性の原因として、体液の酸化、血液及びリンパ液の循環障害を疑い、還元力を強化するために、腸内細菌のバランスを取り戻す。そのために大沼エンザイムを用いた腸内洗浄を指導した。


結果:10月1日と12月22日に北大病院でCTを受けたところ、腫瘍は写らず、ペットCTも受けたが異常はなかった。


本症例は、悪性リンパ腫で大きさが4×7cm大と巨大であり、最先端の重粒子線治療や陽子腺治療も対象外であった。また、手術も抗がん剤治療もリスクが大きいと断り、標準治療は一度も受けていない。

そのため、ヒト免疫は順調に回復し、悪性リンパ腫は2010年10月1日に完全に消えて以来、復職され、元気に働いている。また、2011年6月現在でも再発は認められていない。


巨大悪性リンパ腫でも、ヒト免疫を高めるために総合的な対応と、さらに、生活習慣及び、体質改善をすることでヒト免疫は安定して働き、腫瘍は消え、かつ、今後再発する可能性も極めて少なく、ヒト免疫は、先端医療を超越した能力を持っていると確信した.

■自然治癒力とは病状や病名に関係なく働き、最終的には怪我が治るように元の状態に限りなく戻る仕組みのことで、本来誰にでも備わっている能力のことです。

 あきらめずに体質改善を進めることが重要です。

■西洋医学の対症療法に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■6月19日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


①10:05~10:55:酒向先生
真のウイルス対策について

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生
病気の自然治癒について


③午後1:30~2:30 相談会と体験会

④2:45~研修会

5時閉会

⑤5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。