大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

☆白内障の治し方!

☆白内障の治し方!

 東京都在住 Aさん 男性 47歳

 Q: 病名とご相談内容(必須) = 先日眼科へ行ったところ、白内障だと診断されました。自覚症状としても右目がかなり白っぽく濁っており、見えにくいです。

こちらのホームページを拝見して白内障が改善するというお話を聞き、メールを差し上げました。アドバイスよろしくお願いします。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


A:30代、40代からの白内障の原因は、一般に糖尿病やアトピー性皮膚炎などの合併症として発症しているケースがほとんどです。

 つまり、長年の生活習慣から背中が硬直し、胆嚢の支配神経が圧迫され、胆嚢の機能が低下し、それが原因となって、脂肪の分解が悪くなり、未消化の脂肪が水晶体を取り巻き、白内障を発症させているのです。

 また、この状態が長引くことで網膜の代謝にも悪影響を及ぼし、網膜剥離を誘発することにもなりかねません。
 
  さらに、アトピー性皮膚炎の場合、眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん)や網膜剥離(もうまくはくり)、角結などの合併症のひとつとして白内障になることもあります。

 アトピー性皮膚炎になると、これらの合併症のいずれかになる人が約30%、その中でも特に顔に強い湿疹がある人の約10%が、睡眠中、眼の周りにぬったステロイド剤を無意識でかくことで、目に入れることから、薬の副作用により白内障が発症しています。
  
 ところが糖尿病やアトピー性皮膚炎がないヒトでも白内障になることがあります。

 それは、まだ糖尿病と診断されない程度でも、慢性の疲労から背中が硬直し、胆嚢の支配神経が圧迫され、脂肪の分解能力が低下しているのと合わせて、鎖骨が歪み、鎖骨下動脈が圧迫され、頭部の循環が悪化し、眼動脈や静脈が硬くなり、目の代謝が悪くなった状態で水晶体に脂肪が取り巻くことで発症しています。

また、、体の中の活性酸素によっても水晶体の代謝が障害され、白内障が発症しているケースもあります。

 医学的には、一度濁ってしまった水晶体は決して透明に戻ることはないという結論から、水晶体を剥がすことで脂肪を取り除く手術が行われていますが、活性酸素を減らすために、食生活の見直しなど生活習慣の工夫が重要です。

 ※ 対策として、骨盤や、背中や鎖骨や頚椎の歪みを改善することで、胆嚢の支配神経の圧迫を取り除くことで胆嚢の機能を向上させること。

 また、大沼エンザイムを用いた温熱酵素療法と独自に開発したマジカルビームによる近赤外線療法を目と眼動脈や静脈の分岐点に照射し、脂肪や血栓を溶かすこと。

 さらには、腸内の腐敗も考えられる場合は、大沼エンザイムを用いて「腸内洗浄」を行うことで乳酸菌やビフイズス菌を活性化することも血液の浄化にとても有効です。

 そのた、自律神経と血液の汚れを確認することも重要ですが、 全て体質改善のため一般の眼科医では行われてはおりません。

 糖尿病を治したい、アトピー性皮膚炎を治したい、白内障を手術せずに改善したいと願う方は予防医学セミナーにご参加ください。

 予防医学セミナーでは医学部でも研究されていない様々な病気の自然治癒の症例を参考に、体質の改善を指導しております。

 自然治癒力とは病状や病名に関係なく働き、最終的には怪我が治るように元の状態に限りなく戻る仕組みのことで、本来誰にでも備わっている能力のことです。

 あきらめずに体質改善を進めることが重要です。

■西洋医学の治療に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■6月19日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


①10:05~10:55:酒向先生
真のウイルス対策について

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生
病気の自然治癒について


③午後1:30~2:30 相談会と体験会

④2:45~研修会

5時閉会

⑤5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード