大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

☆ネフローゼ症候群の治し方!

☆ネフローゼ症候群の治し方!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

☆一般に、ネフローゼ症候群の特徴とは、「大量の蛋白尿」、「低アルブミン血症」(アルブミンという蛋白が低くなる)のほかに、しばしば「浮腫」、「高コレステロール血症」をきたすことが知られています。

☆わが国では、「厚生省特定疾患ネフローゼ症候群調査研究班」の診断基準もありますが、実際に発症している方の体を調べると睡眠も呼吸も浅く、さらには体温も低く、骨格が歪み、迷走神経や骨盤内臓神経が圧迫され、消化不良と排泄障害を起こしているケースが多いことがわかります。

☆また、深刻な消化不良から腸内要物の腐敗により悪玉菌が増殖し、不良な蛋白質がつくられ、それらのたんぱく質が大量に流れることで「大量の蛋白尿」の状態になると考えられます。

さらに、消化酵素が不十分なため、動物性のたんぱく質を分解できず腸内で腐敗し、ウエルシュ菌が増殖し、便通が悪い状態となり、健全なたんぱく質がつくられず、「低アルブミン血症」になるものと考えられるのです。

また、しばしばみられる浮腫は、小児では微小変化型が多く、副腎皮質ステロイド薬が有効な場合が80パーセント以上を占めているといわれ、長引くステロイド療法の副作用から、毛細血管が萎縮し、腎機能が低下することにより、浮腫が出る「ステロイド性腎炎」という医療との関わりで起こるものも少なくありません。

☆そのた、副腎皮質ステロイド薬に反応しないステロイド抵抗性のものや、血尿をともなうもの、高血圧をともなうものはほかの病型が多く、腎生検による病型診断を行なう方法もありますが、化学療法だけでは良好な結果はあまり期待できず、体質を根本的に改善することが有効です。


プレドニゾロン


☆ステロイド剤の副作用
プレドニン:プレドゾロン:副腎皮質ホルモン製剤:

■重大な副作用:
誘発性感染症、感染症の憎悪、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血、膵炎、精神変調、うつ状態、痙攣、骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパシ、緑内障、後嚢白内障、中心性漿液性脈絡膜症、多発性後極部網膜色素上皮症、眼圧上昇、眼のかすみ、網膜はく離、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瑠、硬膜外脂肪腫、腱断裂、発疹、月経異常、クッシング症候群、下痢、悪心、嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、筋肉痛、関節痛、脂質代謝、蛋白質代謝、満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝、浮腫、血圧上昇、低K性アルカローシス、網膜障害、眼球突出、白血球増多、ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎、

■その他の副作用:

■発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子数及び運動性の増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚結合組織の韮薄化、脆弱化など

☆つまり、西洋医学で主流となって行われている化学療法では治るどころか、上記のように薬の副作用のためさらに悪化させられるケースも少なくはないのです。

☆ゆえに、根本的な問題を改善することが重要であり、賢い患者さんは、安全な代替医療を求めて体質を改善しているのです。

■西洋医学の治療に疑問がある、もっと確かな方法で健康になりたい、あるいは学びたいという方は、予防医学セミナーにご参加ください。

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーでは、常勤の講師である酒向毅(元岐阜県多治見病院外科部長:消化器がん専門医)現在、千葉セントマーガレッツト病院の統合医療外来担当部長と、台東区でIMHCクリニックを開業している小林常雄先生(1944年、鳥取県生まれ。1963年、鳥取大学医学部入学。卒業後は国立がんセンターにて実習、その後、京大、東大の大学院に学ぶ。1978年、東京大学大学院で医学博士取得。アリゾナ生物研究所名誉議長、生体エネルギー統合医療アカデミー国際会議役員。著書に『99%ガンは防げる』(主婦の友社)、『ついにわかったガン予防の実際』(主婦の友社)などをお迎えし、理想的な治療法についてお話していただきます。

■6月5日(日)午前10時より
■会場:東京都西新宿 新宿センタービル 39階 シェラバートン セミナー室

■午前の部 
■司会:木村さん NPO法人生活習慣病と予防医学を考える会事務局長
①10:05~10:45:酒向先生 5分間休憩
②10:50~11:40:小林先生 5分間休憩
③11:45~12:12:25:大沼先生
④セミナーのまとめ 酒向先生、小林先生、大沼先生
■司会:木村さん NPO法人生活習慣病と予防医学を考える会事務局長

■午後の部
⑤午後1:30~4:30 相談会と体験会
大沼先生、高橋先生、スタッフ斉藤ほか
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード