大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も有害な西洋医学!?

《最も有害な西洋医学!?》

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 10月1日は衣替えの日でした。昨日から急に冷えてきましたので、体調の悪い方は要注意です。

 さて、人は他の動物とは異なり、仕事をして生活をしています。その仕事とは、必ずしも社会に役に立つというものばかりではないようですので油断は禁物です。

 つまり社会的には悪質と知りながら利益が大きいために事業を営むというケースが少なくないということです。その悪質な事業の中で、最も有害なものはと言うと、『西洋医学』と答える人は意外と多いかもしれません。

 つまり、保健医療という狭い視野の中だけで化学医療を行い、救急医療では成果が期待できたとしても、慢性医療では3剤以上処方されるケースがほとんどで、効果よりも副作用が多く危険を伴う可能性が多々あるからです。

 どんな病気にも必ず原因があるはずにもかかわらず、「原因はわかりません!」と言って対症療法のみを行っていることも不思議な現象ですが、医学部在学中には「病理学」という学問を中心に教育され、病状に病名をつけ、つけた病名のみ対症療法を行うという矛盾した学問を主体に学び、原因については1時間も教育されていないことも奇異な現象です。

 医学部在学中の大半を病理学で過ごした学生たちはいつしか常識として「原因はわかりません!」というようになるのです。

 患者の求めている医療とは程遠い教育を受けているのが現状なのです。従って医療改革は、医学教育の改革から行う必要があるのです。

 ゆえにアメリカでは大半の医学部に予算を計上し、代替医療の研究を開始して病人を半減するということで大きな成果をだしたのです。

 欧米諸国ではすべて見直されている医学部の教育ですが、先進国中で日本だけが医療教育の改革の遅れが目立ち、そのため優秀な人材の能力を十分発揮できていないように思えます。

 現状の保健医療には皆保険が適応され医療が受けられるというシステムとしては優れた部分があるにも関わらず、病人が増えているのは、保険医療の内容が化学医療のみで東洋医学を排除して入ることも大きな問題だと思えるのです。

 上海中医薬大学がすでに行っているように、医学部在学中に「西洋医学」だけではなく、東洋医学も履修させるという教育のあり方を導入するべきだと思います。

 東洋医学にも矛盾は多くありますが、一人の患者の全身を対症として見ることが出来るようになることから大きな成果が期待できるように思えるのです。

 文部科学省にも他の先進国並みの教育改革を大いに期待するものです。その点は「栄養学」を教育している大学にも同じ事がいえると思います。

 世界中のどの国でも、マクロビオティックを重視した教育に移行しつつある中で日本ではまったく軽視されているからです。

 そのために、学校や病院での給食に遅れがでているのだと思います。

 つまり、小泉内閣で見直された「食育」がほとんどの栄養大学では無視されているということです。

 食べ物から血液を造っているのですから、どんなものをどのように食べるのがいいかという視点に立って教育改革を行っていただきたいものです。

 その点も骨髄造血という根拠のない造血理論が憚り、教育改革を遅らせているのだと思います。

 従って、意識の高い学者や文部科学省では、日本の将来を見込んでぜひ骨髄造血が真理であるか否か検証していただきたものです。

 「予防医学セミナー」では、すでに検証した資料も公開しておりますので興味のある方はぜひご参加ください。

 そろそろ日本の医学教育にも衣替えの時期が来ているように思えてならないのは私だけではないと思います。

 なお、10月21日の名古屋セミナーでは、卵巣がんで手術を受けた後1年後に肝臓と骨盤に再発して、余命半年よくもって1年と愛知県の西尾市民病院で診断された後、3ヶ月毎日続いた下血が止まって元気になった成瀬明美さんとご主人から貴重な体験談をお話していただきます。

■予防医学セミナーへのお問い合わせは E-mail:yoshinori@nrt.ne.jp
■相談およびご意見は・・・TEL:052-801-7063 お待ちしております。

≪予防医学セミナーのお知らせ≫

■場 所:東京五反田ゆうぽうと(5Fカルチャープラザ)
■所在地:東京都品川区西五反田8-4-13 5F ⇒【地図】
■日 程:10月7日(日)
■開 場:9:30
■開 演:10:00
■終 演:12:00
■参加費:一般参加1000円 会員は無料

●講 師:自然医学総合研究所所長 大沼 善誉 

■午後(13:00~16:00)からは実際に健康相談、SST骨盤理学調整などを含めたNRT自然免疫活性療法を受けていただけます。(有料)⇒【料金表】

 ※すべて予約制ですので前日までに下記へご連絡下さい。

■申し込み、問い合わせ担当: 斎藤三恵 090-3596-9267
(予約申し込み時間は、日曜日を除いて午前9時~4時までの間でお願いします。)

 ※先着50名に血液画像分析又は抹消血流測定1000円割引券進呈

処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。