大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★大動脈解離の原因について!

★医療事故は止まらない!

★「疾患見落とし死亡」遺族が1億円賠償求め提訴

★大動脈解離の疾患を見落とした医療ミスが原因

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

動脈解離

★2011年4月21日 提供:読売新聞

★北九州市立八幡病院(八幡東区)で2009年、男性患者(当時31歳)が死亡したのは男性内科医が大動脈解離の疾患を見落とした医療ミスが原因として、患者の妻と両親が市と内科医を相手取り、慰謝料など約1億円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁小倉支部に起こしたことがわかった。

★提訴は7日付。市などによると、患者は09年4月14日、胸の痛みや呼吸困難を訴え、同病院に搬送された。

★内科医は心因性の過換気症候群(過呼吸)と診断して内服薬を処方、呼吸法を指導した。

★男性は翌日も背中の痛みを訴えて来院したが、同じ内科医が心因性と診断して院内の精神科を紹介していた。

★男性は同19日に症状が悪化し、市内の別の病院で大動脈解離と分かったが、その日に死亡した。

★市は昨年7月、「2回目の来院時に心因性以外の疾患を疑い、コンピューター断層撮影法(CT)検査などを行っていれば、救命できた可能性がある」と誤診を認めて公表し、遺族側と示談交渉を開始した。

★遺族側は「男性は約35万円の月収があった。約1億円の賠償が必要」と主張、市側は「男性は別の持病があり、当時の収入を証明する書類もない。4千数百万円が妥当」としていた。


************ 大動脈解離の原因   *******************

31歳という若さで大動脈解離の疾患を患うということは尋常ではなく、亡くなった本人の生活習慣も反省しなければならない1

★大動脈解離(だいどうみゃくかいり、英: Aortic dissection)とは、なんらかのきっかけによって、3層構造を作っている大動脈のうち真ん中の層の膜(中膜)に血流が入り込んでしまい、層構造が別々に剥がれていく(解離してしまう)疾患といわれて原因不明として扱われている!

★しかし、この世に原因の無い病気などは存在しない!

★何らかの原因ではなく、はっきりした原因があるのだ!

★その原因とは、脂肪の分解が不十分だったため、未消化の脂肪が、体内に滞留している不安定な酸素(フリーラジカル)と結合し、「過酸化資質」という毒素を形成し、血管の中膜を溶かすことにある。

★よって、脂肪の分解を高めるために,脂肪分解酵素であるリパーゼの分泌地を高める必要がある!

★これには肩や首を柔軟にして唾液などの消化液の分泌を高める必要がある。

★肩や首が硬ければ、迷走神経という副交感神経の枝が圧迫され毛細管が萎縮するからである。

★また、胆汁の分泌を盛んにする必要もある。

★これには、胆嚢の支配神経の分岐点となる肩甲骨間部を緩めなければならない。

★また、油には酸化の早いものとそうではないものがあり、酸化して汚れた油を解毒する油もある。

★それが「えごまの油」を火を通さずに飲むことである。

★また、血管の膜を強化するためには「胚芽」を十分摂取することである。

★さらに、体液の酸化を防ぐためには早く寝ることも有効である。

★予防のためには日ごろからやって置くべきことがあるのだ。

★したがって、動物性の脂を大量に含む肉や牛乳を大量に食べたり飲むことは血管に傷をつけることになり大変危険なことなのである。

※大動脈解離は、解離によって生じた空間は仮性動脈瘤となるため、大動脈瘤の一種として分類されることがあり、別名を「解離性大動脈瘤」とも言う。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。