大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★心不全のなぞを解く!

★心不全のなぞを解く!

★医者に原因はわからない!

★統合医療教育の遅れ!


※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★心臓の支配神経は延髄からでる「迷走神経」とT1~4からでる「脊髄神経」によって機能している。ゆえに、頚椎や鎖骨や背骨の歪みによって心機能は不安定になる。

400 IMG_0009 (2) 腎臓


★国内には心不全の患者が100万人から200万人と推定されており、大多数が60歳超と推定される。

★患者の多くは病院で化学治療を受けるが、副作用のため不整脈すら改善できないでいる。

★一度病院を受診すると、後は疑いも無く障害通院し、薬漬けにされ、薬の副作用で血液が汚れ血栓体質にされる。

★こんな医療とのかかわりで病人は増やされ、医療費も増やされている。

★これに対して国産の埋め込み型補助人工心臓が相次いで保険適用され、臨床現場に登場する見込みとなった。


★こうした患者層に補助人工心臓が延命治療として実施されたとすれば、透析医療に並ぶ規模の医療費がかかるかもしれないという見方もある一方、積極的に進めるべきという考え方の医者も少なくない!

★日本では統合医療が実施されていないため、高額医療が大流行である。


★人口補助心臓について!

★推進派の東京大学の許俊鋭氏は
「人工補助心臓は60歳以上でも適用可能だろう。65歳までは現役世代であり問題はない」と話す。
 重要な問題は、60歳以上の患者にも使えるかどうか。最低限65歳までの心不全患者には積極的に適用できるようにしていくべきだという。

★心臓移植の対象外だったが
 今年、人工心臓の領域に、大きな変化が起きる。国産の埋め込み型補助人工心臓が相次いで保険適用され、臨床現場に登場する見込みだからだ。

★体内にポンプを埋め込み、ポンプの力で大動脈へと血液を持続的に駆出する。従来の体外式の補助人工心臓を付ける場合とは異なり、患者は従来よりも自由な行動ができる。

★埋め込み型補助人工心臓の適用条件は、心臓移植の待機リストに載っているか、登録申請中であること。

★国内の埋め込み型補助人工心臓の考え方は、心臓移植までのつなぎとしての利用となっている。

★人工心臓で心機能を代替する延命治療としての用途では適用されない。

★この場合に問題となるのが、60歳以上の患者に埋め込み型補助人工心臓が適用できるか否か。というのは、従来、心臓移植の適用条件は、実質的に60歳未満に限定されてきたからだ。

★日本循環器学会心臓移植委員会は、心臓移植の適応条件として「60歳未満が望ましい」と規定。

★国内では2010年の実績で心臓移植が年間23人にしか行われない中で、若年層への移植を優先しようとの考えがあったからだ。

★この記載もあり、60歳以上の心不全の患者が、日本臓器移植ネットワークの移植待機リストに登録されるのは難しかった。

★埋め込み型補助人工心臓の適応条件で従来の補助人工心臓と大きく異なるのは、待機リストの登録者だけではなく、申請者も対象となったことだ。

★60歳以上の患者が申請さえしていれば、適応される道が開かれたのは大きな変化となる。


★大量生産が可能!
 許氏は、「補助人工心臓は大量生産が可能で、心臓移植のような量的制限は問題になりにくい。

★これからは心臓移植を受けるチャンスがなかった60歳以上の患者にこそ、補助人工心臓を適用する方向に持っていくべき。

★最低限、現役世代と言える65歳までは適応になる」と話す。

★6学会、2研究会で構成する日本臨床補助人工心臓研究会は2010年11月、埋め込み型補助人工心臓の実施基準案の患者の選択基準として「65歳以下が望ましい(身体能力によっては65歳以上も考慮する)」と掲げた。

★医療費について許氏は、「問題ないのではないか。米国の人工心臓に関わる医療費は600億円から800億円と見られる。日本では、5分の1から8分の1になるのではないか。金額は年間100億円ほどと推定する。

★現在、渡航移植や体外式補助人工心臓に使われている費用を当てれば賄える規模。今後、最大で年間300例ほどが恩恵を受けるのでは」と見る。

★透析医療にかかる経費は2兆円を超えるが、そうした規模に高まることはないとの考え。

★「国内では認定組織で治療が行われる。「J-MACS」という枠組みで全例登録もされる。60歳以上に対して闇雲に補助人工心臓が適用されることはない」と許氏は説明する。

■原因から改善する!

■心不全にも必ず原因はある!

■ヒトの体は、過剰なストレスを長期間受け続けることで、右側の骨盤が大きく歪む。また、同時に交感神経の過剰反応により解糖後に乳酸が大量に発生し、肝臓での解毒能力を上回ることで急激に強酸性の体液になり、白血球の活動は抑制され、自己免疫力は低下する。

■さらには、歪んだ骨盤をかばい「横向き」になって寝る習慣ができる。

■そのため、下側の鎖骨が歪み、鎖骨の下を走行する「鎖骨下動脈や静脈」が圧迫される。

■その結果として、心臓から打ち出された大量の血液は、流れ出ることができず、一部は心臓に逆流する。

■それが左心室の心臓肥大の原因であり、心臓を養う環状動脈の血栓となって、進行することで心筋の代謝が障害され、心不全に至るのである。

■これが大沼理論の一部であり、国際的にもこのような研究は皆無である。

■そのため、予防はできず心不全の状態までわからないケースが多発し、今回の人口心臓の問題が浮上した。

■インフルエンザのワクチン・眼科医の「めがね」・耳鼻科の「補聴器」などと同様に医学会は「対症療法」の専門医ばかりで、今後「人口心臓」が簡単に移植できる時代になったということである。

■問題は、多くの医者は、病気の原因を考えず、対症療法のみを開発し、それを保険お適応とさせることである。

■それも近年の研究は全て「高額医療」ばかりである。

■これから少子高齢化になる日本経済を考慮すると、人口心臓に依存する前に、病気の原因を研究し、「予防医学情報」をNHKとリンクして流すなど、安上がりの方法を選択するべきである。

■病気の原因は、体を「丸ごと診る」ことができれば民間でもできる容易なことである。

■ゆえに、日本の将来を考えるならば、人口心臓の前に、予防医学を指導するべきなのである。

■また、すでに発症した場合でも、初期には食事療法や酵素療法などで血栓を溶かすことができるので、あわせて鎖骨の歪みを改善し、大血管の圧迫を取り除くために柔軟運動を行うことである。

■とくに重要なことは「鎖骨と胸骨の関節」である胸鎖関節の癒着を早く改善することであるが、これには地道な経験が必要である。

■ゆえに、賢い国民は予防医学を学んでいるのです。

*******予防医学セミナー *******
■5月の東京予防医学セミナーはお休みいたします。

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ






スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。