大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★前立線がんは骨盤から治せ!!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★前立線がんは骨盤から治せ!!!


前立腺がん


★上の画像は悪性リンパ性の前立腺がん

★下の画像は総合免疫療法受療後3ヵ月後に追跡した画像

★完全に消えてしまったことが確認された!

★本症例では、悪性リンパ性のため手術はできず、紅顔治療を32回受ける予定であったが、抗がん剤のリスクが大きいため一度も受けずに総合免疫療法を受けた。

★その結果、自己免疫力は順調に高まり、リンパ腫は消え、挙句に体質を改善しているため再発の心配もない!

★論より証拠、手術や抗がん剤や放射線治療などの標準治療を受けなければ8割のがんは治るのです!

******** ストレスで骨盤が歪む *******

★歪んだ骨盤の中で「内腸骨動脈や静脈と共に骨盤内臓を支配する神経や老廃物を処理するリンパ管が圧迫される!

★そのため、前立腺の循環も悪化し、古い細胞が滞留し、腐敗してがん化する!

★従って、病的細胞が残らないように健康管理することが重要である!!!


■前立腺がん悪化の原因特定 遺伝子変異とタンパク質

2011年3月8日 提供:共同通信社

 前立腺がんでホルモン療法が効きにくくなる遺伝子変異と、症状悪化を促しているとみられるタンパク質をマウスの実験で見つけたと、東京大分子細胞生物学研究所の加藤茂明(かとう・しげあき)教授らが7日付米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 京都府立医大、神戸大などとの共同研究。

 前立腺がんの多くには男性ホルモンがかかわり、初期には薬でホルモンの作用を抑える治療法が効くが、やがて効かなくなり治療法が限られる。

今回見つけたタンパク質は人間の前立腺がん細胞にも多くあり、その働きを抑える薬を開発すれば、新しい治療法につながる可能性があるという。

 加藤教授らは、ホルモン療法が効きにくくなった人間の前立腺がん細胞では、細胞表面にある男性ホルモン受容体の遺伝子の特定の場所に変異があることが多いことに注目。

この場所に変異があるマウスを作ると、通常のマウスより前立腺がんが急速に悪化することを確認した。

 また細胞の増殖にかかわるとされる物質との関係を調べ、「Wnt5a」というタンパク質の量が少ないと、遺伝子の変異があっても、がんの進行が遅れることを発見。

加藤教授らは、がん細胞の周囲の細胞がWnt5aを分泌し、増殖を促していると推定した。

******* 遺伝子障害の原因について *****
■なぜ、遺伝子に異常がおこるのであろうか?

■最も重要な病気の原因について知る専門家は少ない!

■がん細胞という限定された細胞の中のみの研究では、肝心な答えを導くことは不可能である!

■昨年の秋に行われた「がんの国際学会」に参加された専門医の先生方は、70%くらいは解明されたが、現時点でがんを治すことはできないと報告していた!

■学者として本音を吐露したのだ!

■世界中の学者は例外なく「がん細胞の中のがん遺伝子」を研究し、突き止めて「抑制する薬」をつくることが目的だからである!

■しかし、残念な事に、50年以上の歳月を経た現在でも同じ状況である!

■ところが、自己治癒力を高める方法でがんが治ったという報告は数え切れないほどある!

■がんの研究については日本よりも30年も進んでいるアメリカでは、20年も前から「標準治療に疑問を持ち」代替医療の研究が行われてきた!

■その結果、アメリカでは、がんばかりではなく、糖尿病や高血圧症やアレルギーまでが減少しているという!

■その点、日本の政策は大変遅れている!

■日本にとって大変不幸な現実は、医師法に更新制度がないことである!

■遺伝子は水素結合によってできており、その結合部は体液の強酸性下では破壊することが知られている!

■しかし、この重要な問題は多くの専門家に軽視されている!

■がん細胞の中には壊れた遺伝子がのこっていて当然である!

■壊れた細胞を研究していても病気を治すことはできないことは周知の事実である!

■病気を治すためには、病気のできる前と後の違いを知る必要がある!

■病気ができる前には元気だったものが病気になることで不調になる!

■どんな病気にも循環が悪い、眠りが浅い、疲れが取れない、消化が悪い、体が冷える、頻回排尿、便通が悪い、体が硬い、などなど必ず前兆がある!

■その背景には、ストレスによる血液の汚れや体の歪みが必ずある!

■そのため、前立腺の代謝が悪化し、古い細胞が残るようになる!

■また、同時に古い細胞を除去するはずの免疫の細胞の働きも悪く、完全に除去できない環境になる!

■その結果、古い細胞の一部がウエルシュ菌が産生する「ニトロソアミン」などの影響を受けてがん化する!

■ゆえに、がんは全身病であり、血液浄化・歪みの改善・腸内細菌の安定など総合的な対応をしなければならない!

■身体のことならどんな相談でも受けつけます!

■くわしくは予防医学セミナーにご参加ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード