大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★日本は医療費で崩壊する!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★日本は医療費で崩壊する!!!

★医療費過去最高の34・8兆円!!! 

08年度の国民医療費

★日本は医療費で崩壊する!!!

2010年11月25日 提供:共同通信社

 厚生労働省は24日、2008年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が34兆8084億円で、国民1人当たりでは27万2600円と発表した。いずれも過去最高額。


 2年連続の増加。07年度と比べ、全体で6725億円、1人当たりで5400円のいずれも2%増となった。国民所得比は国民所得の減少もあり、07年度に比べ0・88ポイント増の9・9%。

 厚労省では「高齢化進展と医療技術の向上に伴う増加」と分析、25年度までは2%程度増加するとみている。

 年齢別では65歳以上の医療費は18兆9999億円で全体の54・6%を占めた。08年度は後期高齢者医療制度の初年度だったが、75歳以上の医療費は10兆9711億円と全体の31・5%。

 1人当たり医療費は65歳未満の15万8900円に対し、65歳以上は67万3400円、70歳以上は76万円、75歳以上では83万円で、高齢者は現役世代の約4~5倍。

 医療費を賄う財源の内訳は、患者の自己負担が14・1%で、国と自治体による公費負担が37・1%、保険料が48・8%。07年度とほぼ同じ構成比だが、後期高齢者医療制度の導入に伴う高齢者の負担軽減策などにより国庫負担分が前年度比2・9%増となった。

※国民医療費

 病気やけがの治療で医療機関に支払われた医療費の総額。1954年度分から毎年調査、発表している。

経済協力開発機構(OECD)によると、各国で医療費の定義に差があるものの、国内総生産(GDP)に占める医療費の割合

(2007年)は、日本は8・1%。先進7カ国(G7)の中で一番高いのは米国で15・7%。ドイツ(10・4%)フランス(11%)なども高い。

日本は英国(8・4%)と並んで低い水準だが、増加傾向にある。

********* 医療の中の無駄 *******

■確かに、日本の医療費は国内総生産(GDP)に占める医療費の割合としては、低い水準です。

■しかし。だからといって必要もない人口透析や胃癆や、さらには防腐剤入りのワクチンなど病気を悪化させる様な処方は、本気で健康を回復しようとしている方には9割は必要ないと考えられます。

■ワクチンに使用されている防腐剤には雑菌の混入を防ぐために「チメロサール」という防腐剤を使用しています!!!

■その防腐剤にはなんと水銀が使用されているのです!!!

■製薬会社のもくろみは、」健康な人にいかにして薬を飲ませるかというマーケットの拡大のために躍起になって新しい病名までつくり販売しています。

■また、近年は大人の白血病の発生率が急上昇していますが、その原因として解熱鎮痛剤や血圧降圧剤や血統降下剤の副作用によって再生不良性貧血など重篤な副作用が発症し、やがて白血病と診断されるケースが少なくはないのです。

■現状の医療のままでは、15年後には52兆円も必要になると試算されています!!!

■医療費を半減させるためには、病気にならない様に習慣を変えることが重要です!!!

■ジャンクフードや保存料で包まれた食べるのや、身体の歪み、夜更かしなど私たちの身の回りは病気を作りやすい環境であふれています!!!

■さらには乳幼児のワクチンにも水銀が使われているのですから油断はできません!!!


■しかし、自己治癒力を最大限に高めることで、余命1カ月とか3カ月とか6カ月と診断された重篤な状態からでも回復する能力を私たちは生まれながらにして持っている事を忘れてはいけません。

■その自己治癒力を最大限に高めるためには、西洋医学の対症療法を全く受けない方が良好な結果が得られるというのが国際的にも明らかにされているのですが、この様な情報はコントロールされているため医者が話すことは非常にまれです。

■日本では、本当の事を言うと妨害されるという事実があります。

■そのため多くの医者は本音を語らず、マニュアルに従っているのです。

■抗がん剤のベストセラーに「タキソール」が知られています。
タキソールは卵巣癌・乳がん・非小細胞肺がん・胃がん・子宮体がんに使用されています。

1960年代に、NCIが30年間以上の歳月をかけて、1億8千3百万ドルを投資し、スポンサーとなり、タイヘイヨウイチイ樹皮から抽出した。
1992年卵巣癌の治療薬としてFDAが承認
1994年フロリダ州立大学で合成・特許取得
ブリストル・マイヤーズスクイブ社に供与
毎年10~20億ドル(800~1600億円)の売上
フロリダ州立大学も毎年多額な特許料を得ている薬です。

■このタキソールにはたくさんの副作用があることが知られています。

重大な副作用:ショック、アナフイラキシー様症状、呼吸困難、低酸素症、胸痛、頻脈、徐脈、潮紅、血管浮腫、発汗、感染症:(尿路・上気道)、敗血症、帯状疱疹、心筋梗塞、心不全、心伝道障害、脳卒中、肺水腫、肝機能障害、食欲不振、黄疸、便秘、腹痛、腸管閉塞、難聴、耳鳴り、頭痛、味覚喪失、消化管出血、消化管潰瘍、出血性・虚血性大腸炎、膵炎、無力症、倦怠感、関節痛、腰痛、不眠、うつ病、健忘症、めまい、インフルエンザ様症候群、寒気、血尿、排尿困難、尿失禁、出血性膀胱炎、角膜炎、結膜炎、眼疾患、高、低血糖、無月経、総蛋白、アルブミン減少、

白血球減少:59,7%、
好中球減少:53,5%
貧血、Hb減少:27,4%
赤血球減少:6,4%
ヘマトクリット減少:5,2% 
血小板減少:10,6%
末梢神経障害:41,2%など

以上の様にわずか1剤でもとても高率で重篤な貧血になる薬です。
貧血になると今度は「輸血」を繰り返します。
輸血には細菌が混入することもあり、また他人の血液のため完全に型が合うことがなく、異物として攻撃が始まり高熱が出ます。
そのため、次は、解熱鎮痛剤が処方されますが、そのため体温が下がり、食欲もなくなり再び重篤な貧血になります。
そうなると再び輸血を行います。
この様な対応が全国どこの病院でも必ず行われているのです。

■また、国際的には、手術も抗がん剤も放射線もしないという「無治療派」の方が10年生存率で良好な結果が得られていることが専門誌でも報じられています。

■日本でも徐々にその傾向にありますが、しかし、まだまだ、薬を飲まないと悪化するなどと患者は医療の現場で脅かされているのが現状の様です。

■イリノイ州医師免許委員会委員長だった故ロバート・メンデルソン博士は、「医者が患者をだますとき」という本で、多剤併用療法について組み合わせによる副作用の危険性にについて詳しく述べています。

(A)という薬は1回の服用で臓器Aに2~3%臓器Bに2%臓器Cに6%の可能性
(B)という薬は臓器Dに 3%、臓器Eに10%の確率で副作用が認められたとすると全ての臓器で100%を超える。
イリノイ州医師免許委員会委員長という医師免許を与える立場の医者が、本音を語り、医者の知識に頼ってはいけないとまで主張しているのです。

■このように、日本の厚生労働省は、国内総生産(GDP)に占める医療費の割合がまだまだ低いとして情報をコントロールして、15年後には52兆円という破格な予算を要求しようとしています。


■西洋医学は病状を病気とみなして対症療法を行う!!!

■そのため、原因を改善できず、生涯を薬漬けにされてしまう!!!

■近年は大人の白血病の発生率が急上昇しているが、その原因として解熱鎮痛剤や血圧降圧剤や血統降下剤の副作用によって再生不良性貧血など重篤な副作用が発症し、やがて白血病と診断されるケースが少なくは無い!!!

■現状の医療のままでは、15年後には52兆円も必要になると試算されている!!!

■医療費を半減させるためには、病気にならない様に習慣を変えることである!!!

■ジャンクフードや保存料で包まれた食べるものや身体の歪み、夜更かしなど私たちの身の回りは病気を作りやすい環境であふれている!!!

■さらには乳幼児のワクチンにも水銀が使われている!!!

■ワクチンをつくる製薬会社は雑菌の混入を防ぐために「チメロサール」という防腐剤をつかう!!!

■その防腐剤に水銀が使用されているのである!!!

■こんな薬で本当に予防ができる訳がない!!!

■多くの日本人は疑いもなく薬をを信用しワクチンを飲ませている!!!

■年々子供たちの体力が減少していることとも関係がないとは言えない!!!

■自己治癒力は万病を治す可能性がある!!!


********* 医療事故は止まらない *****

■西洋医学は病状を病気として誤って認識し、病状を止めるために免疫抑制を主流としている!!!

■ゆえに、患者は長期間にわたり医療と関わることで抗がん剤治療を受けた後の様に身体が弱り、肺炎などの院内感染を誘発して亡くなって行くケースが多発している!!!

■西洋医学の対応では、今回報道されたアメリカと日本は大差なく同じ様な医療被害があるはず!!!

■日本でも厚生労働省に「米厚生省の行政監視機関である監察官事務所」の様な部署を設けて精査させる必要があると思う。

■日本の医療は明治以降、薬事行政に比重を置き、戦後はさらにそれがエスカレートし、今では医療とのかかわりで約8割の患者が体調を崩し、無駄な医療とのかかわりで命を落とすケースが後を絶たない!!!

■しかし、日本では、この重大な問題を表面から立ち向かい改善しようとする善良な市民は少ない様である。

■そのため、私たちは、微力ながら、この問題の解決のために日夜尽力しているのである!!!

■また、マスメデアにも正しい情報を報じる様に働きかけたいものである!!!

■米国と日本の違いは、医療問題に関して国民の意識が低過ぎることではないかと思う!!!

*********** 癌は治る、論より証拠 *********

■余命半年と診断された肺がんの治癒をCT画像の動画で確認できる!!!

■余命半年肺腺がんからの生還!!!

■詳しくはトップページのお知らせから余命半年と診断された両側の肺に4箇所にできた肺腺ガンが治った丸岡さんの症例を見てください。

■新しい症例:末期肺腺癌からの生還  案内から 「体験談とCT画像を動画」で確認できます。


*********  次回の予防医学セミナーのお知らせ!!!*********
●12月5日(日)東京予防医学セミナー

 東京都新宿西口
 センタービル39階 シェラバートンセミナー室にて午前10時より行います。
 

●12月19日(日)名古屋予防医学セミナー  
 
会場:名古屋市東区 ウイルあいち セミナールーム 5

時間:午前10時開演 午後相談会 

午前10時開講:講師 医学博士 酒匂猛 西洋医学の過ちについて
          著書:隠された造血の秘密

       講師 生化学博士 大沼四廊 癌も消える総合免疫療法

               CT画像で検証する肺線がんの治癒
               その他:前立腺がん・悪性リンパ腫・胃がん・肺がん、重症のアトピー
                   自己免疫性肝炎、ネフローゼ、不眠症、うつ病、椎間板ヘルニア
                   など前代見門の症例を確認できます。
午後相談会と体験会
1F フイットネス ②

*********** 忘年会のお知らせ ******
■高齢の忘年会の時期となりました!!!

■今年は、名古屋市の栄にあります「梅の花」で午後5時30分より行います。

■支部長及び専門家養成講座の関係者はもちろん、予防医学士や予防医学生の方も歓迎いたします。

■会費は5500円ほどです。

■ご希望であれば、近くで宿泊も可能ですので宿泊を希望される方は
早めに本部TEL:052-801-7063
かあるいは
Email:shizen@nrt.ne.jpまでご連絡ください。
お待ちしております。

 

●お申し込みはHPトップページ左枠の「予防医学セミナー申し込み」欄をクリックし、入稿してください。

 お問い合わせはEmail:shizen@nrt.ne.jp

TEL: 052-801-7063 052-801-7063 052-801-7063 までお気軽に!!!


●手術せずに治りたい、手術せずに治してあげたいと思う先生方も、予防医学セミナーにご参加ください!!!


■予防医学セミナーでは医学部でも学ぶことができない自然治癒の原理について学ぶことができます!!!

■また、様々な病気の自然治癒の症例も学ぶことができます!!!

■論より証拠です!!!

■ぜひこの機会に参加してみてください!!!

なお、予防医学セミナーの詳細はHPのトップページにあるお知らせでご確認できます!!!

■申し込みはHPの左側にある「予防医学セミナー申し込み」欄から入稿してください。

■Email:shizen@nrt.ne.jp


■電話での相談は: 052-801-7063 052-801-7063  FAX:052-807-0675 までお気軽に!!!

 
■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


 府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

■12月5日(日)東京予防医学セミナー
会場:東京新宿西口 徒歩5分 センタービル 39階 シェラバートン会議室


■毎月第三日曜日12月19日(日) 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



           *****受賞記念キャンペーン*****

自然医学総合研究所の大沼先生は09年11月1日国際連合より
特別功労賞を授与されました。

この賞は人々の健康増進における卓越した功績と奉仕に対して日本で一人
国際連合より顕彰されたものです。

名古屋本部では、受賞を記念して特別キャンペーンを行っています。

■対症:期間中に特別体験のチケットを持参で予約された方を対象に

■サービス:初見料12000円円を3000円に
      自律神経の状態し、体の歪みと内臓機能の改善することで自己免疫力を高めることができます

      2回目以降4500円を3500円に

■紹介割引制度:期間中にご紹介した方にもされた方にも
        それぞれ3000円づつ総額6000円を割引させていただきます。
        (早朝割引には適応されません)

■有効期間:2011年3月末日まで

■特別キャンペーンの予約やお問い合わせは

■090-5861-4489大沼まで


++++++++++++++++++++++++++++++++

日本は15年後65歳以上の高齢者が全人口の約40%を秘める時代が来ます。

現状の医療(これまでの薬漬けの対症療法)では、副作用により病状が複雑になり、さらに病気の数が増えるなど
医療費が52兆円ほど必要になると厚生労働省は試算しております。

このままでの医療では、間違いなく日本経済は崩壊することになります。
日本経済を立て直すためには、自己免疫力を高めることで国民を健康にし、患者を減らすことで医療費を半減させなければなりません。

そのために私たちは長年の経験を生かして予防医学セミナーを行っています。


**************◆◆◆予防医学セミナーの特典 ◆◆◆ ***************

●予防医学セミナーでは、あらゆる病気の原因や治し方を学ぶだけではなく10回参加することで
 予防医学士として認定されますので、予防医学士として社会に貢献できます。

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★日本は医療費で崩壊する!!!

★医療費過去最高の34・8兆円!!! 

08年度の国民医療費

★日本は医療費で崩壊する!!!

2010年11月25日 提供:共同通信社

 厚生労働省は24日、2008年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が34兆8084億円で、国民1人当たりでは27万2600円と発表した。いずれも過去最高額。


 2年連続の増加。07年度と比べ、全体で6725億円、1人当たりで5400円のいずれも2%増となった。国民所得比は国民所得の減少もあり、07年度に比べ0・88ポイント増の9・9%。

 厚労省では「高齢化進展と医療技術の向上に伴う増加」と分析、25年度までは2%程度増加するとみている。

 年齢別では65歳以上の医療費は18兆9999億円で全体の54・6%を占めた。08年度は後期高齢者医療制度の初年度だったが、75歳以上の医療費は10兆9711億円と全体の31・5%。

 1人当たり医療費は65歳未満の15万8900円に対し、65歳以上は67万3400円、70歳以上は76万円、75歳以上では83万円で、高齢者は現役世代の約4~5倍。

 医療費を賄う財源の内訳は、患者の自己負担が14・1%で、国と自治体による公費負担が37・1%、保険料が48・8%。07年度とほぼ同じ構成比だが、後期高齢者医療制度の導入に伴う高齢者の負担軽減策などにより国庫負担分が前年度比2・9%増となった。

※国民医療費

 病気やけがの治療で医療機関に支払われた医療費の総額。1954年度分から毎年調査、発表している。

経済協力開発機構(OECD)によると、各国で医療費の定義に差があるものの、国内総生産(GDP)に占める医療費の割合

(2007年)は、日本は8・1%。先進7カ国(G7)の中で一番高いのは米国で15・7%。ドイツ(10・4%)フランス(11%)なども高い。

日本は英国(8・4%)と並んで低い水準だが、増加傾向にある。

********* 医療の中の無駄 *******

■確かに、日本の医療費は国内総生産(GDP)に占める医療費の割合としては、低い水準です。

■しかし。だからといって必要もない人口透析や胃癆や、さらには防腐剤入りのワクチンなど病気を悪化させる様な処方は、本気で健康を回復しようとしている方には9割は必要ないと考えられます。

■ワクチンに使用されている防腐剤には雑菌の混入を防ぐために「チメロサール」という防腐剤を使用しています!!!

■その防腐剤にはなんと水銀が使用されているのです!!!

■製薬会社のもくろみは、」健康な人にいかにして薬を飲ませるかというマーケットノ拡大のために躍起になって新しい病名までつくり販売しています。

■また、近年は大人の白血病の発生率が急上昇していますが、その原因として解熱鎮痛剤や血圧降圧剤や血統降下剤の副作用によって再生不良性貧血など重篤な副作用が発症し、やがて白血病と診断されるケースが少なくは無いのです。

■現状の医療のままでは、15年後には52兆円も必要になると試算されています!!!

■医療費を半減させるためには、病気にならない様に習慣を変えることが重要です!!!

■ジャンクフードや保存料で包まれた食べるものや身体の歪み、夜更かしなど私たちの身の回りは病気を作りやすい環境であふれているのです!!!

■さらには乳幼児のワクチンにも水銀が使われているのですから油断はできません!!!


■しかし、自己治癒力を最大限に高めることで、余命1カ月とか3カ月とか6カ月と診断された重篤な状態からでも回復する能力を私たちは生まれながらにして持っている事を忘れてはいけません。

■その自己治癒力を最大限に高めるためには、西洋医学の対症療法を全く受けない方が良好な結果が得られるというのが国際的にも明らかにされているのですが、この様な情報はコントロールされているため医者が話すことは非常にまれです。

■日本では、本当の事を言うと妨害されるという事実があります。

■そのため多くの医者は本音を語らず、マニュアルに従っているのです。

■抗がん剤のベストセラーに「タキソール」が知られています。
タキソールは卵巣癌・乳がん・非小細胞肺がん・胃がん・子宮体がんに使用されています。

1960年代に、NCIが30年間以上の歳月をかけて、1億8千3百万ドルを投資し、スポンサーとなり、タイヘイヨウイチイ樹皮から抽出した。
1992年卵巣癌の治療薬としてFDAが承認
1994年フロリダ州立大学で合成・特許取得
ブリストル・マイヤーズスクイブ社に供与
毎年10~20億ドル(800~1600億円)の売上
フロリダ州立大学も毎年多額な特許料を得ている薬です。

■このタキソールにはたくさんの副作用があることが知られています。

重大な副作用:ショック、アナフイラキシー様症状、呼吸困難、低酸素症、胸痛、頻脈、徐脈、潮紅、血管浮腫、発汗、感染症:(尿路・上気道)、敗血症、帯状疱疹、心筋梗塞、心不全、心伝道障害、脳卒中、肺水腫、肝機能障害、食欲不振、黄疸、便秘、腹痛、腸管閉塞、難聴、耳鳴り、頭痛、味覚喪失、消化管出血、消化管潰瘍、出血性・虚血性大腸炎、膵炎、無力症、倦怠感、関節痛、腰痛、不眠、うつ病、健忘症、めまい、インフルエンザ様症候群、寒気、血尿、排尿困難、尿失禁、出血性膀胱炎、角膜炎、結膜炎、眼疾患、高、低血糖、無月経、総蛋白、アルブミン減少、

白血球減少:59,7%、
好中球減少:53,5%
貧血、Hb減少:27,4%
赤血球減少:6,4%
ヘマトクリット減少:5,2% 
血小板減少:10,6%
末梢神経障害:41,2%など

以上の様にわずか1剤でもとても高率で重篤な貧血になる薬です。
貧血になると今度は「輸血」を繰り返します。
輸血には細菌が混入することもあり、また他人の血液のため完全に型が合うことがなく、異物として攻撃が始まり高熱が出ます。
そのため、次は、解熱鎮痛剤が処方されますが、そのため体温が下がり、食欲もなくなり再び重篤な貧血になります。
そうなると再び輸血を行います。
この様な対応が全国どこの病院でも必ず行われているのです。

■また、国際的には、手術も抗がん剤も放射線もしないという「無治療派」の方が10年生存率で良好な結果が得られていることが専門誌でも報じられています。

■日本でも徐々にその傾向にありますが、しかし、まだまだ、医療の現場では脅かされているのが電上の様です。

■イリノイ州医師免許委員会委員長だった故ロバート・メンデルソン博士は、「医者が患者をだますとき」という本で、多剤併用療法について組み合わせによる副作用野危険性にについて詳しく述べています。

(A)という薬は1回の服用で臓器Aに2~3%臓器Bに2%臓器Cに6%の可能性
(B)という薬は臓器Dに 3%、臓器Eに10%の確率で副作用が認められたとすると全ての臓器で100%を超える。
イリノイ州医師免許委員会委員長という医師免許を与える立場の医者が、本音を語り、医者の知識に頼ってはいけないとまで主張しているのです。

■このように、日本の厚生労働省は、国内総生産(GDP)に占める医療費の割合がまだまだ低いとして情報をコントロールして、15年後には52兆円という破格な予算を要求しようとしています。


■西洋医学は病状を病気とみなして大勝療法を行う!!!

■そのため、原因から改善できず、障害薬漬けにされてしまう!!!

■近年は大人の白血病の発生率が急上昇しているが、その原因として解熱鎮痛剤や血圧降圧剤や血統降下剤の副作用によって再生不良性貧血など重篤な副作用が発症し、やがて白血病と診断されるケースが少なくは無い!!!

■現状の医療のままでは、15年後には52兆円も必要になると試算されている!!!

■医療費を半減させるためには、病気にならない様に習慣を変えることである!!!

■ジャンクフードや保存料で包まれた食べるものや身体の歪み、夜更かしなど私たちの身の回りは病気を作りやすい環境であふれている!!!

■さらにはい乳幼児のワクチンにも水銀が使われている!!!

■ワクチンをつくる製薬会社は雑菌の混入を防ぐために「チメロサール」という防腐剤をつかう!!!

■その防腐剤に水銀が使用されているのである!!!

■こんな薬で本当に予防ができる訳がない!!!

■多くの日本人は疑いもなく薬をを信用しワクチンを飲ませている!!!

■年々子供たちの体力が減少していることとも関係がないとは言えない!!!

■自己治癒力は万病を治す可能性がある!!!


********* 医療事故は止まらない *****

■西洋医学は病状を病気として誤って認識し、病状を止めるために免疫抑制を主流としている!!!

■ゆえに、患者は長期間にわたり医療と関わることで抗がん剤治療を受けた後の様に身体が弱り、肺炎などの院内感染を誘発して亡くなって行くケースが多発している!!!

■西洋医学の対応では、今回報道されたアメリカと日本は大差なく同じ様な医療被害があるはず!!!

■日本でも厚生労働省に「米厚生省の行政監視機関である監察官事務所」の様な部署を設けて精査させる必要があると思う。

■日本の医療は明治以降、薬事行政に比重を置き、戦後はさらにそれがエスカレートし、今では医療とのかかわりで約8割の患者が体調を崩し、無駄な医療とのかかわりで命を落とすケースが後を絶たない!!!

■しかし、日本では、この重大な問題を表面から立ち向かい改善しようとする善良な市民は少ない様である。

■そのため、私たちは、微力ながら、この問題の解決のために日夜尽力しているのである!!!

■また、マスメデアにも正しい情報を報じる様に働きかけたいものである!!!

■米国と日本の違いは、医療問題に関して国民の意識が低過ぎることではないかと思う!!!

*********** 癌は治る、論より証拠 *********

■余命半年と診断された肺がんの治癒をCT画像の動画で確認できる!!!

■余命半年肺腺がんからの生還!!!

■詳しくはトップページのお知らせから余命半年と診断された両側の肺に4箇所にできた肺腺ガンが治った丸岡さんの症例を見てください。

■新しい症例:末期肺腺癌からの生還  案内から 「体験談とCT画像を動画」で確認できます。


*********  次回の予防医学セミナーのお知らせ!!!*********
●12月5日(日)東京予防医学セミナー

 東京都新宿西口
 センタービル39階 シェラバートンセミナー室にて午前10時より行います。
 

●12月19日(日)名古屋予防医学セミナー  
 
会場:名古屋市東区 ウイルあいち セミナールーム 5

時間:午前10時開演 午後相談会 

午前10時開講:講師 医学博士 酒匂猛 西洋医学の過ちについて
          著書:隠された造血の秘密

       講師 生化学博士 大沼四廊 癌も消える総合免疫療法

               CT画像で検証する肺線がんの治癒
               その他:前立腺がん・悪性リンパ腫・胃がん・肺がん、重症のアトピー
                   自己免疫性肝炎、ネフローゼ、不眠症、うつ病、椎間板ヘルニア
                   など前代見門の症例を確認できます。
午後相談会と体験会
1F フイットネス ②

*********** 忘年会のお知らせ ******
■高齢の忘年会の時期となりました!!!

■今年は、名古屋市の栄にあります「梅の花」で午後5時30分より行います。

■支部長及び専門家養成講座の関係者はもちろん、予防医学士や予防医学生の方も歓迎いたします。

■会費は5500円ほどです。

■ご希望であれば、近くで宿泊も可能ですので宿泊を希望される方は
早めに本部TEL:052-801-7063
かあるいは
Email:shizen@nrt.ne.jpまでご連絡ください。
お待ちしております。

 

●お申し込みはHPトップページ左枠の「予防医学セミナー申し込み」欄をクリックし、入稿してください。

 お問い合わせはEmail:shizen@nrt.ne.jp

TEL: 052-801-7063 052-801-7063 052-801-7063 までお気軽に!!!


●手術せずに治りたい、手術せずに治してあげたいと思う先生方も、予防医学セミナーにご参加ください!!!


■予防医学セミナーでは医学部でも学ぶことができない自然治癒の原理について学ぶことができます!!!

■また、様々な病気の自然治癒の症例も学ぶことができます!!!

■論より証拠です!!!

■ぜひこの機会に参加してみてください!!!

なお、予防医学セミナーの詳細はHPのトップページにあるお知らせでご確認できます!!!

■申し込みはHPの左側にある「予防医学セミナー申し込み」欄から入稿してください。

■Email:shizen@nrt.ne.jp


■電話での相談は: 052-801-7063 052-801-7063  FAX:052-807-0675 までお気軽に!!!

 
■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


 府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

■12月5日(日)東京予防医学セミナー
会場:東京新宿西口 徒歩5分 センタービル 39階 シェラバートン会議室


■毎月第三日曜日12月19日(日) 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



           *****受賞記念キャンペーン*****

自然医学総合研究所の大沼先生は09年11月1日国際連合より
特別功労賞を授与されました。

この賞は人々の健康増進における卓越した功績と奉仕に対して日本で一人
国際連合より顕彰されたものです。

名古屋本部では、受賞を記念して特別キャンペーンを行っています。

■対症:期間中に特別体験のチケットを持参で予約された方を対象に

■サービス:初見料12000円円を3000円に
      自律神経の状態し、体の歪みと内臓機能の改善することで自己免疫力を高めることができます

      2回目以降4500円を3500円に

■紹介割引制度:期間中にご紹介した方にもされた方にも
        それぞれ3000円づつ総額6000円を割引させていただきます。
        (早朝割引には適応されません)

■有効期間:2011年3月末日まで

■特別キャンペーンの予約やお問い合わせは

■090-5861-4489大沼まで


++++++++++++++++++++++++++++++++

日本は15年後65歳以上の高齢者が全人口の約40%を秘める時代が来ます。

現状の医療(これまでの薬漬けの対症療法)では、副作用により病状が複雑になり、さらに病気の数が増えるなど
医療費が52兆円ほど必要になると厚生労働省は試算しております。

このままでの医療では、間違いなく日本経済は崩壊することになります。
日本経済を立て直すためには、自己免疫力を高めることで国民を健康にし、患者を減らすことで医療費を半減させなければなりません。

そのために私たちは長年の経験を生かして予防医学セミナーを行っています。


**************◆◆◆予防医学セミナーの特典 ◆◆◆ ***************

●予防医学セミナーでは、あらゆる病気の原因や治し方を学ぶだけではなく10回参加することで
 予防医学士として認定されますので、予防医学士として社会に貢献できます。

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。