大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

抗精神薬の危険な副作用

《抗精神薬「リタリン」の危険な副作用》

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

東京都が立ち入りの医院、宅配便で処方せん 直接、診察せずにリタリン を処方した。

記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社

【2007年9月19日】
リタリン:東京都が立ち入りの医院、宅配便で処方せん 直接、診察せずに

 依存性の高い向精神薬「リタリン」を巡り、医療法違反の疑いで東京都などの立ち入り検査を受けた「東京クリニック」(伊澤純院長)が、患者の求めに応じて、直接診察をしないまま宅配便で処方せんを自宅に届けていたことが分かった。事実上の無診察による処方と言え、クリニックの不適切な医療の実態が裏づけられた。【精神医療取材班】

 渋谷区の女性(31)は7月、知人の紹介でクリニックを受診した。別の精神科が3年前に出した処方せんを見せ「眠れない」と訴えると、伊澤院長は症状も十分に聞かずにリタリンを1日3錠分出したという。

 女性は8月上旬、2度目の受診の際、「薬の宅配はできますか」と尋ねた。体調がすぐれないことが多く、通院が難しいと思えたからだ。クリニックについて、インターネット上に「宅配便で薬を送ってくれる」とのうわさが出ていることも知っていた。伊澤院長は「大丈夫です」と即答したという。

 女性は同下旬、体調が悪かったためクリニックに電話し「薬を宅配してほしい」と頼んだ。応対した女性スタッフは「前回の処方薬と同じでいいですか」と応じ、翌日、リタリンを含む2週間分の薬(10種類計294錠)の処方せんが宅配便で自宅に送られてきた。女性は近くの調剤薬局に処方せんを出し、薬を入手した。

 診察をせずに宅配便で処方せんを患者に送る行為について、医療関係者は「リタリンは依存症になる危険が高く、直接面談して処方するのが原則だ」と指摘している。伊澤院長は毎日新聞の取材に応じていない。


 ◇依存症女性「抜け出すの困難」--安易な処方に警鐘

 東京都などの立ち入り検査を受けた「東京クリニック」などで向精神薬「リタリン」を大量に処方され、依存症に陥った世田谷区の女性(33)は今も後遺症に悩まされている。「一度依存してしまうと、抜け出すのは難しい。医者は、処方している薬の怖さを知るべきだ」と訴えている。

 女性は大阪市内の会社に勤めていた24歳の時、上司と折り合いが悪くなって不眠症に陥り、パニック障害とうつ病と診断された。向精神薬を処方されたが、症状は改善せず「すべてをリセットしたい」と上京。しかし、薬をやめることはできなかった。睡眠薬を一度に400錠服用し、3日間昏睡(こんすい)状態になったこともある。

 そんなとき、インターネットでリタリンを知った。「覚せい剤と同じ効き目があると書いてあった。これを飲めば状況を変えられる」。東京クリニックもインターネットで見つけた。「リタリンがほしい」と話すと、伊澤純院長(37)は女性に症状も説明せず、適応症の人でも1日2、3錠なのに6錠分を処方した。診療時間はわずか3分だった。

 リタリンを服用すると疲れと眠気が取れ、世界が明るくなったように感じた。しかし1週間もすると、効き目がなくなった。インターネットで「リタリンを出す」と評判の病院を探し、5カ所をはしごした。「話をろくに聞かずに処方する医者ばかりだった」

 服用量が1日6錠から30錠に増えた。電話に出るにも、トイレに行くにもリタリンに頼り、飲み続けた。体重も30キロを切った。そんな時、交際中の男性から「おれと薬のどっちを取るのか」と言われ、やめる決心がついた。

 女性は今年5月末から1カ月、群馬県にある薬物依存者の治療施設に入院した。リタリンの依存症状は改善したが、退院後も下痢や嘔吐(おうと)が続き体調がすぐれない。「リタリンを使いたいという気持ちが消えない。服用したら入院した意味もないが、また使わないとも言い切れない」と話す。【精神医療取材班】



《ストレス対策が下手な人はご注意》

 今回の事件は、薬物依存ということで患者側にも医療側にも責任があります。

 患者側の責任とは、ストレス対策が下手で睡眠障害が起こりそれを薬で解決しようとしたことです。

 ストレスは右側の骨盤を歪め、血液が酸化し、筋血管が硬直して不眠症を誘発します。

 従って、ストレスを感じて睡眠障害ができそうな時点で、血液を浄化し、体の歪みを改善することです。

 特に鎖骨の歪みは、頭部の循環障害の直接的な原因になりますので重要です。

 しかし、鎖骨の障害は西洋医学も東洋医学も研究されておりませんので医学上の重大な盲点です。

 今日、わが国の医療は日進月歩でその進歩は休まることを知りません。

 しかし、どれだけ医療システムが進歩しても、心と体のつながりを見落とし、体の異変に気がつかなければ、対症療法が中心となり、無力どころか今回のように事件を招くことになり、有害な存在となります。

 医療側の責任としては、精神科などと科を分けたことによって、患者の全体の異変に気がつきにくい仕組みを作ったことにあります。

 どんな病状にも必ず原因があるのです。

 その原因を解決することで必ず回復に向かうものです。

 医療そのものが新薬や機材の開発に依存しているようでは本当の医療と呼ぶことはできません。

 本来、医者の仕事は、病気の原因を調べ、原因から解決することです。そこに医師としての使命と医の倫理があったはずです。

 このままでは20年後の医療費は膨らむばかりです。

 国民が健康になるためには自然環境を整え、あまり薬に依存させないことです。

 ゆえに処方箋の内容を正しく伝える必要があるのです。

処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】


《リタリンの副作用》

重大な副作用 

 剥脱性皮膚炎
 悪性症候群(がん体質)
 脳動脈炎
 脳梗塞
 狭心症

その他の副作用

 過敏症、黄疸、不眠、興奮
 神経過敏、焦燥感、うつ状態
 幻覚症、頭痛、頭重、めまい
 振戦、食欲不振、悪心、嘔吐
 AST,ALT上昇(肝炎)胃腸障害


 医者が正直にすべての副作用を告げていたとしたら、患者は安全な医療を求めていたはずです。


 日本の末期的医療を克服するために、医者も患者も病気の原因を追究しなくてはなりません。

 病気の原因を知りたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

 医者も患者も力をあわせて本気で健康で平和な時代をつくりましょう。

 セミナーのお問い合わせ及びご意見等はEmail:yoshinori@nrt.ne.jpかTEL:052-801-7063までご連絡ください。

《予防医学セミナー・今後のスケジュール》
■10月7日 (日)午前10時 東京・五反ゆうぽうと5F
■10月21日(日)午前10時 名古屋市東区 ウイルあいち
■10月28日(日)午前10時 静岡県浜松市

 各会場とも午後は体験会の他に健康相談も受けられます。

※尚、当セミナーは憲法22条に規定があるとおり「公共の福祉」に貢献しているものであり、これを妨害するものは法的に処分を受けることになります。

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード