大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

卵巣がん患者さんの本音

《処方箋の問題》~がん患者の本音より~

 愛知県で9月に余命半年と診断された卵巣がんの患者さんより報告です。

 病院では、左に出来た約10cm大の卵巣がんを切序したときにまだがんになっていない健全な卵巣と子宮とリンパ節も切除された後に再発しました。

 予定の抗がん剤療法を全て受け、ついに立つことも出来ず食欲もなく死ぬことを待つだけの生活だったということです。

 身内の都合で毎週1回だけの通院ですが、来るたびに腹水のたまったお腹が5mm程縮小しています。

 まだ数回の通院ですがトイレにも立つことが出来る様にまで回復し、2時間ほど椅子に腰を変えてテレビを見ることも出来るまでに回復しています。

 その方に出された処方箋を確認しましたところ、腹水がたまり「ラシックス」という降圧剤が出されていました。

 処方箋には、尿を出して血圧を下げ、浮腫みを取る薬ですとしか記載されておりませんでした。

 副作用を確認した所・・・

 重大な副作用として:ショック、再生不良性貧血(白血病)、汎血球減少症(重篤な貧血)、無顆粒球症(自己免疫疾患)赤芽球癆(赤血球の酸化による変成)皮膚粘膜眼症候群、心室性不整脈、間質性腎炎(腎不全のもと)水泡性類天疱瘡、難聴
 その他の副作用として:貧血、低Na,K,Ca血症、発疹、食欲不振、膵炎などとありました。

 これほどある副作用を隠して病院の処方箋では尿を出して血圧をさげたり浮腫みを取る薬ですとしか記載されていなかったのです。

 他には、睡眠薬ベンザリン、降圧剤アルダクトンA錠、消化性潰瘍治療薬ガスターD、胃腸機能調節薬プリンパール錠が出されていましたがこれらも全て副作用を調べて中止したのです。

 しかし、信じられないほど徐々に回復にむかっています。

 薬を中止したにも関わらず、飲んでいた時よりも精神的に安定し、充実していると言うことでした。

 病院での血液検査の結果でも、貧血が改善の方向にあり少し向上してきたということでした。

 その背景には、睡眠薬や、胃腸薬にある再生不良性貧血など重篤な副作用がなくなったからといえるかもしれません。

 問題は、抗がん剤でたまった腹水を利尿剤なしでいかに排泄するかということになります。

 伝い歩きができるようになったことで、骨盤内蔵神経が刺激され、その結果自力で排尿ができるようになってきたことも回復に向かった条件と考えられます。

 逆に言いますと抗がん剤で殺された大量の白血球が腎臓はじめ全身の毛細血管に詰まることで腎機能が低下し腹水が貯留したものと考えられるのですが、主治医から副作用の説明がまったくなかったということでした。

 西洋医学の最大の盲点は保険の点数で加算される薬以外に解決策を得ようとしないことです。

 医者の使命は患者の命を救う事になくてはならないはずが、昨今は一部を除きほとんどの医者にそのような気概が感じられません。

 患者の顔を見ることもなく、命の尊さもわからず、ただマニュアル通りに対応しているだけのようにしか見えません。

 さて、自然界の利尿剤として大根のエキスがあります。大根おろしとしょうがをすりおろし、3年番茶にしょうゆを少々入れたスープを飲むことで利尿効果が現れます。

 これで、十分な効果が期待できない場合は、足腰の周りの筋肉が硬直し骨盤内臓神経のと伝達が悪くなっていることが考えられますので、起立筋や大腰筋など内臓の働きに影響のある筋群を柔軟にし回復させる必要がありますが、医学的には十分な研究がなく盲点となっているため化学薬品に依存してきたものと考えられます。

 救急医療では価値ある成果を発揮している化学療法ですが、慢性病には食事療法に比べても劣っているのが現状のようです。

 生命の法則「自然治癒の原理」は自然環境がなければ成り立ちませんが、化学薬品はなくても成り立つようです。

 生命の法則「自然治癒の原理」について学びたい方は「予防医学セミナーへご参加ください。

 痛みを和らげ、呼吸を整え、睡眠障害を克服し、腫瘍が消える原理なども学ぶことが出来ます。

《予防医学セミナー・今後のスケジュール》
■9月23日 (日)午前10時 大阪・箕面市文化交流センター
■10月7日 (日)午前10時 東京・五反ゆうぽうと5F
■10月21日(日)午前10時 名古屋市東区 ウイルあいち
■10月28日(日)午前10時 静岡県浜松市

 各会場とも午後は体験会の他に健康相談も受けられます。

 予防医学セミナーの詳細はHPのセミナーを参照してください。
 お問い合わせ・ご意見ご相談は:yoshinori@nrt.ne.jp
 もしくは携帯電話:090-5861-4489 大沼まで直接お電話ください。

 沢山のご意見をお待ちしております

■尚、当セミナーは憲法22条に規定があるとおり「公共の福祉」に貢献しているものであり、これを妨害するものは法的に処分を受けることになります。

≪予防医学セミナーのお知らせ≫

■場 所:大阪箕面文化・交流センター地下1階第二多目的室2・3 ⇒【詳細地図】
■所在地: 大阪府箕面市箕面 6-3-1
■日 程: 9月23日
■開 場: 9時30分
■開 演: 10時00分
■終 演: 12時30分
■参加費: 一般1000円  会員無料
      
■プログラム: 10:00~12:30(受付9:30から)

 ●体験談:能見みどりさん白血病の改善
      ~薬を使わず骨髄移植もせず半年で白血病を克服~

 ●講 演:メインテーマ、白血病の自然治癒、他~
      ・能見さん白血病克服の解説
      ・病気が治るメカニズム
      ・実際に大きく体調不良を抱えておられる方の問題点
       その確認と解説、その手当方法
  講 師: 大沼 善誉 自然医学総合研究所所長

(予定は予告無く変更になる場合があります。ご了承ください。)

■申し込み:国際自然免疫学会西日本実行委員会(担当:西尾)
    TEL:072-721-1786 FAX:072-724-5960

■午後からは実際に体験会と特別健康相談会を開催いたします。
 (13:00~17:30)

処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード