大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

失われた医の倫理

《失われた医の倫理!》

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 「ヒポクラテス」(紀元前460年 - 紀元前377年) は古代ギリシアの医者でした。

 エーゲ海のコス島に世襲制の医者の子として生まれ、各地で医学を学んだ後、コス島の医学校の指導者となり多くの著書を残しました。

 彼の功績で最も重要なことは、原始的な医学から迷信や呪術を切り離し科学的な医学を発展させたことです。

 この業績から「医学の父」、「医聖」、「疫学の祖」と呼ばれ、また医師の倫理性と客観性を重んじ、これは「ヒポクラテスの誓い」として現在まで受け継がれていました。

 ヒポクラテスは、病気は4種類の体液の混合に変調が生じた時に起こるという四体液説を唱え人間と自然の調和を重んじていたことは周知の通りです。


《ヒポクラテスの誓い》(日本語直訳)

 医の神アポロン、アスクレピオス、ヒギエイア、パナケイア、及び全ての神々よ。私自身の能力と判断に従ってこの誓約を守る事を誓う。

 この医術を教えてくれた師を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて必要ある時には助ける。

 師の子孫を自身の兄弟のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。

 著作や講義その他あらゆる方法で医術の知識を師や自らの息子、又、医の規則に則って誓約で結ばれている弟子達に分かち与え、それ以外の誰にも与えない。

 自身の能力と判断に従って患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。

 依頼されても人を殺す薬を与えない。

 同様に婦人を流産させる道具を与えない。

 生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。

 膀胱結石に截石術を施行はせず、それを生業とする者に委せる。

 どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、女または男と情交を結ばない。

 医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。

 この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう。

 しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。


 ヒポクラテスの時代から2400年も過ぎ、CTやMRIやPET-CTなどの検査機器の開発は目覚しく、中心静脈栄養の開発や輸血や人口呼吸器やカテーテルなどの開発によって手術手技も大いに進歩し、それらの成果も期待されるように思われます。

 しかし医学の進歩とは裏腹に、毎年60万人以上の人ががんになり、32万人もの人ががんで亡くなっています。

 私は1998年から今日まで1000人以上を対象に、不調な方の白血球の状態を調べてみました。

 その結果病名に関係なく一部を除き、不調時には必ず白血球の動きが弱い状態か、もしくは全く動きが無いことがわかりました。

 また、精神的疲労や睡眠障害などのほか食事の内容や骨格の歪みなどを改善することで白血球は元気に回復し、遺伝子の伝達物質であるサイトカインが産生され、その状態を持続することで自律神経をはじめ免疫応答反応なども回復し、腫瘍壊死反応が起こり、病変組織も自然治癒することが証明されています。

 しかし今日の医学ではがんは突然変異した細胞で限りなく増殖し、死に至らしめる病気であるとして、手術・抗がん剤・放射線療法を第一選択枝として対応することが日本の常識となっています。

 リンパ節の切除後ほとんど90%以上にリンパ浮腫が認められ、生活の質(QOL)が低下し、致命的な障害を誘発することも知られています。

 腫瘍の切除後に体質を改善するということが常識になりつつありますが、同病でより進行している場合でも自然療法で体液のコントロールを施した方が治癒率の向上には著しい違いが認められています。

 「君子危うきに近寄らず」とか「医者選びも寿命のうち」といわれるように、病院で選ぶのではなく「どのような経験をもたれているのか?」という視点に立って医療を選択することが重要です。

 将来有望な医学者はぜひ一度「予防医学セミナー」にご参加ください。

《予防医学セミナー・今後のスケジュール》
■9月23日 (日)午前10時 大阪・箕面市文化交流センター
■10月7日 (日)午前10時 東京・五反ゆうぽうと5F
■10月21日(日)午前10時 名古屋市東区 ウイルあいち
■10月28日(日)午前10時 静岡県浜松市

 もちろん患者さんのために健康相談も行います。

 21世紀に求められている医療は、安くて安全な医療であるといわれています。

 それはほかならぬ医聖ヒポクラテスの体液の改善にヒントがあったようです。

 予防医学セミナーの詳細はHPのセミナーを参照してください。

 自然治癒の法則は命の法則です。セミナーが浸透することで、患者は半減し医療費の半分は削減できるのです。

 保険医療という狭い視野にこだわらず、患者のためには手段を得ずという医の倫理に基づき、矛盾の無い不滅の学問を学んでほしいものです。

 尚、本セミナーは憲法22条に規定があるとおり「公共の福祉」に貢献しているもので、これを妨害するものは法的に処分を受けることになります。

 ご意見ご相談は:yoshinori@nrt.ne.jp
 もしくは携帯電話:090-5861-4489 大沼まで直接お電話ください。

 沢山のご意見をお待ちしております。

≪予防医学セミナーのお知らせ≫

■場 所:大阪箕面文化・交流センター地下1階第二多目的室2・3 ⇒【詳細地図】
■所在地: 大阪府箕面市箕面 6-3-1
■日 程: 9月23日
■開 場: 9時30分
■開 演: 10時00分
■終 演: 12時30分
■参加費: 一般1000円  会員無料
      
■プログラム: 10:00~12:30(受付9:30から)

 ●体験談:能見みどりさん白血病の改善
      ~薬を使わず骨髄移植もせず半年で白血病を克服~

 ●講 演:メインテーマ、白血病の自然治癒、他~
      ・能見さん白血病克服の解説
      ・病気が治るメカニズム
      ・実際に大きく体調不良を抱えておられる方の問題点
       その確認と解説、その手当方法
  講 師: 大沼 善誉 自然医学総合研究所所長

(予定は予告無く変更になる場合があります。ご了承ください。)

■申し込み:国際自然免疫学会西日本実行委員会(担当:西尾)
    TEL:072-721-1786 FAX:072-724-5960

■午後からは実際に体験会と特別健康相談会を開催いたします。
 (13:00~17:30)

処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード