大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■世界で突出・透析大国日本!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

■世界で突出・透析大国日本!


■2010年3月4日中日新聞 
ニユースの追跡!!!


■最多の年1万人増 日本の事情

腎不全で人口透析を受ける患者が増えている。日本での患者数は毎年約1万人ずつ増え、2008年には28万人を突破した。人口10万人当たりの患者数は、世界最多の221人。これは2番目の米国の2倍近い数字だ。

 透析費用の総額は年間1兆3千億円以上に上り、国の医療費を圧迫している。

 なぜ、日本は“透析大国”なのか。それを変える道筋はあるのか。(鈴木伸幸)

■糖尿病から腎不全へ

愛知県内で4年前から周3回の透析を受けている60代の男性は、以前糖尿病を患い、そのために腎機能が低下した。

しかし、食事療法や運動など生活習慣を徹底し体重も減らした。

「定期検査の数値はほめられるぐらいだった」。ところが、ある時、体調を崩したことをきっかけに、あっさりと人口透析が始まってしまった。

左腕の手首には、動脈と静脈をつなぐシャント手術を受けた後がある。人口透析では、そこに透析用のカテーテルが挿入される。

「1回の透析には4時間かかる。終わると体重は3キロも減り、身体がえらくて何もできない。

次の透析を受ける直前に1番体調がいいが、とても仕事は続けられず、辞めた。(男性)


■年間六百万円は自治体の負担

 透析患者は1級の身体障害者手帳を受けられる。透析の医療費は月約50万円だが、地元自治体の補助もあり、自己負担はない。

男性も「これまでの畜えで何とかやっていける」と話す。「でも、自分が身体障害者になったというショックに加え、人様の税金を毎年6百万円も使っていることが、何とも心苦しい」
 国内での透析患者の導入平均年齢は67、2歳で高齢者が多く、2割は入院患者だ。


■28万人で医療費の4%消費
 その医療費総額は1兆3千億円以上とされる。国民のわずか0,2%の患者が日本の総医療費約33兆円の4%を使っていることになる。


 もちろん、血液中の老廃物を排泄する腎臓の機能低下は生命を左右する。単純な金銭勘定で是非が論じられるべきではない。とはいえ、日本にはなぜ透析患者が多いのか、と言う疑問は残る。


■少ない腎移植
この特報では、増える理由の一つとして“腎移植”が極端に少ない事を上げている。


米国では年間1万5千件前後の移植があるが、日本では1千程度。臓器移植そのものが抱える制度的、あるいは倫理的な問題がいまも壁になっている。透析医療の技術が高いことも一因だ。患者千人当たりの年間死亡率は日本では6,6人だが、米国では23,5人。


 しかし、こうした腎移植の少なさ、透析医療の技術以外にも「世界一の透析大国」を生んでいる背景がある。


■透析回避療法へ
「透析によって救われる命は数多くあり、優れた医療だが、残念ながら透析に入らないようにする努力が医療機関に足りないように感じる」茨城県取手市にある椎貝クリニックの椎貝達夫院長はこう語る。「食事療法を徹底し、薬をうまく活用すれば腎不全の進行を遅らせることは可能。そうすれば透析を避けたり、あるいは開始を大幅に遅らせることもできる」

 実際に「取手方式」と呼ばれる同院の「保存療法」は高い成果を挙げている。2005年の統計によると、外来の腎不全患者281人のうち、透析を始めることになったのはわずか19人。残る262人は腎不全でありながら、透析療法はまだ始めない「保存期腎不全」の状態にとどまった。

■医療機関の負担増大

しかし、このやり方の最大の問題は医療機関の負担が大きいことだ。栄養指導などは手間がかかる。透析は完成度が高い医療であるので「保存療法で苦労するより、透析の方がいい」と考える医師は少なくない。

 透析医療では、医療機関の患者一人当たりからの年間収入は5~6百万円となるが、保存療法では60万円程度。患者の負担も透析なら「ゼロ」だが保存療法では約3割が自己負担となる。
 加えて、慢性腎不全を抑えるには、処方する薬品が十種類以上になることも珍しくない。

 けれども、昨今の「薬漬け医療防止」で処方薬が7種類以上となると、医療機関は薬価を1割引いて請求しなければならない。しかも、保存療法の診察には時間がかかる。「高血圧や糖尿病の患者さんなら1時間に10人以上診られるが、保存療法の患者さんとなるとせいぜい4人。患者一人当たりの診療報酬はほとんど同じなので、保存療法の患者さんを診れば診るほど、報酬に差がつく。(椎貝院長)

■予防医学の徹底指導

問題は、なぜ糖尿病になるのか、そしてなぜ糖尿病から腎不全になるのかという原因について医師も患者もしっかりとした問題意識を持つことである。

糖尿病の原因は膵臓の機能障害である。また、その原因は交感神経の過剰反応により、体液が酸化し、自己免疫細胞の働きが悪くなる事により、自律神経の反応も不安定になるからである。それがなぜ、膵臓の機能障害を誘発するのかと言う問題については、膵臓の支配神経の伝道障害を疑うべきである。

例外なく、肩甲骨間部が硬直し、膵臓の支配神経の部位が硬直し、膵臓の支配神経が中枢神経から分岐するところで圧迫されているからである。ゆえに、インスリンなど化学療法に依存する前に原因となる身体の歪みを改善することである。

身体の歪みが改善され、肩甲間部の癒着や硬直が改善されることで膵臓の支配神経は回復し、インスリンの分泌が行われるからである。

これでも改善できない場合は、体液の酸化を中和し、自己免疫の細胞を活性化することである。これで糖尿病は間違いなく改善される。

よって、腎不全になることもない。

■また、すでに腎不全になり、人口透析を開始してからの対策もある。それは腎臓の支配神経である脊椎の10番前後にある癒着を剥離することである。

しかし、このためには靭帯の骨化を改善する必要があり、特殊な近赤外線療法の後に手技により剥離する必要がある。

ところが、西洋医学は対症療法の研究で終始し、また、東洋医学でもその様な考え方がないことに問題がある。そのため、特殊な技術をもった機関でしか改善できる可能性がないのである。

■自然医学総合研究所では名古屋と東京で毎月定期的に予防イガクセミナーを開催しております。

■病気になって病院の治療に疑問を抱かれた方や、安全な代替医療をお求めの方はぜひご参加ください。

■次回の予防医学セミナーは3月21日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います。

■午後は相談会や体験会も行います、


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!


■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、3月21日(日)名古屋市東区
ウイルあいち 2F特別会議室
にて開催されます。

           *****受賞記念キャンペーン*****

自然医学総合研究所の大沼先生は09年11月1日国際連合より
特別功労賞を授与されました。

この賞は人々の健康増進における卓越した功績と奉仕に対して日本で一人
国際連合より顕彰されたものです。

名古屋本部では、受賞を記念して特別キャンペーンを行っています。

■対症:期間中の早朝5時~7時まで予約された方

■サービス:初見料8000円を1000円に

      2回目以降4500円を2000円に

■紹介割引制度:期間中にご紹介した方にもされた方にも
        それぞれ3000円づつ総額6000円を割引させていただきます。
        (早朝割引には適応されません)

■有効期間:2010年12月29日まで

■特別キャンペーンの予約やお問い合わせは

■090-5861-4489大沼まで


++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++

 3月21日(日) 名古屋市 東区ウイルあいち2F特別会議室にてam10時より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
  なお、セミナー生はグレード試験を行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       マンモグラフイーは有効か?
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!顔面麻痺の盲点!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              生活習慣病を克服する
                総合免疫療法の知恵!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。