大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★第14回国際免疫学会議によせて

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★第14回国際免疫学会議によせて
 Approach to the 14th international immunology meeting

★2010年8月22日(日)~27日(金)
 From Sunday, August 22, 2010 to 27th Friday

★21世紀における免疫学の潮流
 An immunological tide in the 21st century

★感染症・癌・市個免疫疾患・アレルギーの撲滅をめざして!

 Aiming at an infectious disease / carcinoma / city unit immune disorders / allergic destruction and!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


★ストレスと体液の酸化
Stress and the humoral oxidation

A,胸鎖関節の亜脱臼
Subluxation of articulatio sternoclavicularis
B,胸腺の循環障害
Thymic circulatory disturbance
C,Tリンパ球減少
T lymphocyte decrease
D,レギュラトリー細胞の減少
Decrease of regular Tolly cell
E,アレルギー体質とがん体質
Allergic constitution and cancer constitution

***********************

ストレスは私達の身体を歪める
①Stress twists our body

そのストレスは例外なく右の骨盤を歪める
②The stress twists right innominate bone without exception

その結果、背骨から頸椎から鎖骨までタオルを絞った様に捻じられる
③As a result, it is twisted as having squeezed a towel from cervical spine to clavicle from the backbone

原因は、腸管膜根が緊張して硬直するからである。
④A cause is because a bowel membrane root is tense and becomes stiff.

その結果、仙腸関節が狂い、例外なく右側の骨盤が上方に移動する
⑤As a result, articulatio sacroiliaca is out of order, and right innominate bone moves above without exception

このため、体重は左半身にかかる。
⑥On this account body weight depends on the left half of the body.

その結果、左側の筋群が疲労して硬直する
⑨As a result, sinistral group of muscles gets tired and becomes stiff

そして鎖骨下動脈や迷走神経や胸管から静脈に流れるリンパ管も圧迫され、代謝が悪くなる。
⑩And lymph duct streaming down a vein from arteria subclavia and vagus nerve and ductus thoracicus is pressed, and metabolism becomes bad.

交感神経は過剰に働き、糖代謝を盛んに行う。
⑪Sympathetic nerve acts excessively and performs carbohydrate metabolism flourishingly.

その結果、最終生成物である乳酸(LDH)が多くなる
⑫As a result, lactate (LDH) which is end product increases

健康体では、肝臓で乳酸デヒドロゲナーゼにより、乳酸は再び糖に戻る
⑬With a healthy body, lactate returns to glucose by lactate dehydrogenase with liver again

しかし、過剰なストレスで大量に乳酸が作られると身体の恒常性を超越し体液は強酸性に傾く。
⑭However, when lactate is made with excessive stress in large quantities, we transcend somatic constant, and body fluid inclines to a strong acid.

その結果、細胞膜も糖鎖も傷つく
⑮As a result, both cap formation and carbohydrate chain are damaged

そのため、遺伝子情報の混乱が生じ、さらに進行して遺伝子の水素結合部は崩壊する。
⑯Therefore derangement of genetic information occurs, and it progresses more, and genetic hydrogen bond region collapses.

また、体液が酸性では、マクロファージは動かず、不活性のままである。
⑰In addition, body fluid is acid, and a macrophage does not move and is inert.

マクロファージはその寿命から、およそ10日間で壊死する。
⑱A macrophage necrotizes from the duration of life in about 10 days.

動きの悪いマクロファージは、体内パトロールもできない。
⑲A bad macrophage of movement cannot do internal patrol.

そんなマクロファージは血流に流され、それらは毛細血管で血栓となる。
⑳Such a macrophage is washed down to blood flow, and they become thrombus in blood capillary.

この様な血栓を白色血栓と呼ぶ。
21、We call such a thrombus white thrombus.


壊死寸前のマクロファージは活性酸素を分泌する。
A macrophage just before necrosis secretes active oxygen.

そのため、血管壁や周辺の組織は破壊され、病変組織が作られる。
Therefore vascular wall and neighboring tissue are destroyed, and lesion tissue is made.


また、過剰なストレスは、右の骨盤を歪め、左半身を下にして寝る習慣の原因となる。

22,In addition, excessive stress twists right innominate bone and causes habit we do the left half of the body below, and to sleep.

その結果、左の鎖骨がずれる,次に、鎖骨下動脈、胸管から静脈に流れるリンパ管の注ぎ口や迷走神経が圧迫される。
23, As a result, left clavicle slips off Next; arteria subclavia, A lymphatic faucet streaming down a vein from ductus thoracicus ,vagus nerve is pressed.

呼吸も睡眠も不調となる、
24,Both breath and sleep become out of condition,
また、鎖骨の裏側にある胸腺の栄養血管が圧迫される

25,In addition, a thymic nutrient vessel in the clavicular backside is pressed

そのため、胸腺の血流も悪化し、Tリンパ球や調節細胞の産生に障害が及び、減少する
26,Therefore thymic blood flow worsens, too, and a hindrance decreases for T lymphocyte and production of an adaptation cell

多くのがん患者にTリンパ球が減少しているのは鎖骨が歪み、胸腺の血流が減少するからである。
27,Clavicle is warped, and the reason why T lymphocyte decreases to many cancer patients is that thymic blood flow decreases.

つまり、乳がんや肺がんやリンパ腫など多くのがん患者には、例外なく鎖骨の亜脱臼がある
28,In other words, to many cancer patients such as mammary cancer and lung cancer or lymphoma, there is clavicular subluxation without exception

同様に、アレルギーの患者の場合も、胸腺の状態が悪く、調節細胞が産生されない状態である。
29, In the case of the allergic patient, a thymic state is bad, and an adaptation cell is in condition it not to be produced likewise.

ゆえに、体液を中和し、pH値を安定させてることでマクロファージを活性化することである。
30, Thus, we neutralize body fluid, and it is to activate a macrophage by stabilizing pH value.

従って、身体の歪みを改善し、胸腺の機能を回復させることが自然に与えられたパワフルな免疫力を高める条件なのである。

31, In addition, we improve somatic distorsion at the same time, and it is a condition to raise the powerful immunology force that that we ameliorate a thymic function was given naturally.


※この理論は私が30年ほどかけて様々な患者をたくさん見てきた結果、確立した物で、一般の常識とは異なります。
As a result of I take this theory for approximately 30 years, and having watched a lot of various patients, in the thing which we established, we vary with general common sense.

※ゆえに、統合医療や代替医療を研究している一部の専門医のみが理解できる内容です
Thus, only some medical specialists studying unification medical treatment and alternative medicine are intelligible contents


※国際免疫学会のために

For International Society Immunology


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!


■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月21日(日)名古屋市天白区 天白スポーツセンター 1F会議室で開催されます。

           *****受賞記念キャンペーン*****

自然医学総合研究所の大沼先生は09年11月1日国際連合より
特別功労賞を授与されました。

この賞は人々の健康増進における卓越した功績と奉仕に対して日本で一人
国際連合より顕彰されたものです。

名古屋本部では、受賞を記念して特別キャンペーンを行っています。

■対症:期間中の早朝5時~7時まで予約された方

■サービス:初見料8000円を1000円に

      2回目以降4500円を2000円に

■紹介割引制度:期間中にご紹介した方にもされた方にも
        それぞれ3000円づつ総額6000円を割引させていただきます。
        (早朝割引には適応されません)

■有効期間:2010年12月29日まで

■特別キャンペーンの予約やお問い合わせは

■090-5861-4489大沼まで


++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++

 2月21日(日) 名古屋市 天白区天白スポーツセンター 1F会議室にてam10時より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!免疫療法の盲点!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              生活習慣病を克服する
                総合免疫療法の知恵!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード