大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★温熱療法の長所!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★温熱療法の長所!!!

★体を温めると病気は消える!!!

★体温を上げると病気は治るなど温熱療法に関する話題が後をつきない!!!

★実際、体験するとそのほとんどに期待される効果がみられます!!1

★しかし、一部の癌体質に見られる様に、骨格の歪みが著しくリンパ管が完全に詰まっているような状態では腹水や足にむくみが出るなど危険を伴う場合もあります!

★しかし、それ以外には間違いなく効果が期待されるはずです。

★その理由として体を温めることで細胞を熱から防保護するためにHSP(Heat Shock Protein)というねつショックタンパクしつがつくられて防御するからです!

★HSPは1974年にアルフレッド・ティシェールらにより発見された。

★ショウジョウバエの幼虫を高温にさらすとある特定のタンパク質が素早く発現上昇することがわかったかえあである。

★1980年代半ばになるとHSPは分子シャペロン機能としてたんぱく質の道案内役を有すること、細胞内タンパクの質輸送に関与することなどが認識されるようになった。

★体を温めることで血流が良くなるのはそのためである。

★HSPはその分子量によりそれぞれの分子の名前がつけられており、例えばHsp60、70、90はそれぞれ分子量60、70、90kDaのタンパク質として表示する。

★多くのタンパク質では、熱や圧力を加えたり、溶液の pH 値を変える、変性剤を加えるなどの操作により構造が変化し、その機能(活性)を失う。

★これをタンパク質の変性といい、変性したタンパク質においては、疎水結合、水素結合、イオン結合の多くが破壊され全体にランダムな構造が増加したペプチド鎖の緩んだ状態になることが知られている。

★タンパク質の変性は、かつて不可逆な過程であると考えられてきたが、現在では多くのタンパク質において、変性は可逆的な過程である事が確認されている。

★なお、変性したタンパク質を元の高次構造に戻す操作をタンパク質の再生という。

★タンパク質の再生は、原理としては、畳み込まれたペプチド鎖を一旦完全にほどき、数時間かけてゆっくりと畳み込むよう条件を細かく調整・変化させることで行われている。

★多くのタンパク質が、変性した後にもその高次構造の再生が可能なことから、一次構造それ自体が、高次構造のかなりの部分を決めていると言われている。

★しかし、実験室でのタンパク質の再生は数時間かかる操作であるのに対し、生体内でのタンパク質の合成は数十秒から一分で完了することから、他にもタンパク質分子を高速に畳み込み、正しい高次構造へと導く因子の存在が考えられている。

★例:タンパク質ジスルフィドイソメラーゼ、プロリンシストランスイソメラーゼ、分子シャペロンなどである。

★また、生体内では間違った立体構造をしているタンパク質はプロテアソームによって分解されることも知られている。

★タンパク質は周囲の環境の変化によりその高次構造を変化させ、その機能を変えることができる。


★また、タンパク質である酵素は、その触媒する反応の速度を条件に応じて変化させることできることが知られている。

★熱変性

★タンパク質は高温になると変性する。これは熱変性と呼ばれる。また、低温でも変性を起こす。

★通常のタンパク質が低温変性を起こす温度は実験室では0 ℃以下である。

★しかし、生体内では、低体温(36度以下)でも血栓ができるなどにより編成する。

★酸変性・アルカリ変性

★また、タンパク質はpHの変化によっても変性する。

★過剰なストレスや働き過ぎなどによりpHが極端に変化すると、タンパク質の表面や内部の荷電性極性基(Glu、Asp、Lys、Arg、His)の荷電状態が変化する。

★これによりクーロン相互作用によるストレスがかかり、タンパク質が変性する。

★圧力変性

★タンパク質は圧力変化によって変性することが知られている。

★通常のタンパク質は常圧(0.1 MPa)近傍でもっとも安定であり、数100MPa程度で変性する。

★キモトリプシンは例外的であり、100 MPa 程度でもっとも安定である。そのため、温度によっては変性状態にあるものが加圧によって巻き戻ることがある。

★圧力変性は天然状態よりも変性状態の体積が小さいために起こるものであり、ルシャトリエの原理で説明できる。

★変性剤による変性

★尿素やグアニジン塩酸は水素結合によるタンパク質の構造安定性を、結合間に割り込むことで低下させる作用を持つため、その溶液中でタンパク質は変性する。

★このようにタンパク質を変性させる作用をもつ物質は変性剤と呼ばれる。

★また通常は変性剤とは呼ばれないが、界面活性剤もタンパク質を変性させる作用がある。

★その他の編成。

★その他の編成として低酸素状態による編成がある。

★以上の様にたんぱく質を編成させる条件はたくさん知られております。

★これは、癌細胞がつくられる過程にも影響していることpであり、癌細胞初めあらゆる病変組織が突然変異を起こすとい割れてきた闇の部分を解明することに通じている。

★ゆえに、生活習慣が悪く、体内環境が悪い時には病変組織がつくられ、安定して健全な生活を営んでいるときには健全な細胞がつくられるのです。

★現代西洋医学では、いまだに病気の自然治癒に対する論文が少なく、ありないと考える学者が多いのは、以上の様な化学反応の研究がなされないまま、医学教育が行われてきたという経緯があるからと考えられるます。


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!


■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

           *****受賞記念キャンペーン*****

自然医学総合研究所の大沼先生は09年11月1日国際連合より
特別功労賞を授与されました。

この賞は人々の健康増進における卓越した功績と奉仕に対して日本で一人
国際連合より顕彰されたものです。

名古屋本部では、受賞を記念して特別キャンペーンを行っています。

■対症:期間中の早朝5時~7時まで予約された方

■サービス:初見料8000円を1000円に

      2回目以降4000円を2000円に

■紹介割引制度:期間中にご紹介した方にもされた方にも
        それぞれ3000円づつ総額6000円を割引させていただきます。
        (早朝割引には適応されません)

■有効期間:2010年12月29日まで

■特別キャンペーンの予約やお問い合わせは

■090-5861-4489大沼まで


++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++

 2月21日(日) 名古屋市 天白区天白スポーツセンター 1F会議室にてam10時より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              生活習慣病を克服する
                総合免疫療法の知恵!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード