大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★日本統合医療学会に採択されて!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★日本統合医療学会に採択されて!!!

★大13回日本統合医療学会には「病気を治す身体のしくみ」という小論文が採択サレ、ポスター展示を行いました。

★病気を治す身体の仕組みとは自然治癒力を科学的な視野に立ちどのようにして病気が治るのかを書いたものです。

★10年間にわたり、1000人以上の方の血液を画像分析した結果、怪我や骨折が治りやすい人と治りにくい人の血液を画像分析で確認した結果、マクロファージや他の顆粒球の動きに違いがあったことから、病気になって治りにくい人の白血球は動きが悪いことが解りました。

★また、病気にならないひとや治りやすい人の白血球は動きが旺盛で様々な形に変化していることも突き止めました。

★その結果、白血球は動きが旺盛で元気なほど免疫力が高いことが確認さtれ、数だけではなく内容を調べることが重要であることを「血液動態学」として発表し、かつ商標登録をしています。

★白血球は両親から受け継いだ遺伝子の情報に照らし合わせて身体の中をパトロールし、常に外敵や老廃物などを処理しています。

★しかし、病気になる人の白血球は動きが悪く、外敵や老廃物を処理できません。

★そのような状態が長期間継続することで病変組織がつくられるのです。

★また、病変組織がどこにできるのかという問いに対しては医学的には解明されていませんでしたが、過剰なストレスを受けて骨格が歪むことによって血管やリンパ管が圧迫された部位に老廃物が溜まり時間の経過とともに病変組織と化するという考え方が大沼理論の特徴です。

★ゆえに病気を治す手段として、血液を浄化し、自己治癒力を高め、かつ骨格の歪みを改善し、血管やリンパ管の圧迫を改善するこちが重要なのです。

★その結果、マクロファージや顆粒が病変組織を除去する手段として、炎症反応を起こし、ヘリガーゼという酵素の反応を高め、壊れて固まった遺伝子の集合組織としての病変組織を溶かすのです。

★溶けた病変組織を活性型のリンパ球が運び出し左肩の奥で大静脈に捨てるのです。

★この流れが円滑に進み、最終的にリガーゼやポリメラーゼなどの修復酵素が機能することで壊れていた遺伝子が自然修復するのです。

★自然治癒力とはこの様な生理的反応を意識的に強化することで病気を早く安全に治すことができる自然の力なのです。

★従って、治りの悪い人はヘリガーゼや修復酵素などの酵素の働きが悪い人ということでもある訳です。

★ゆえに、何をどのように食べるのかが重要であり、また、食べたものが順調に消化される条件と、リンパ管の圧迫を改善するためにも骨格の歪みを改善することががさらに重要なのです。


★病変組織が酵素の働きで解毒されリンパ球によって運ばれ、リンパ管を通り体外へ排泄されるためには歪んだ骨格を改善することが最重要課題なのです。

★それほど、病変組織と過剰なストレスは深くかかわっているのです。

★しかし、西洋医学では、学会が90以上に分化し、病気別の研究報告しか行われておりません。

★ゆえに病気の原因が不明だったのです。

★欧米では病気は治ればどんな方法でもいいということで統合医療が浸透し、病人が減少しています。

★日本でも一部の先生方が取り入れて大変繁盛しています。

★中には患者さんを増やすためだけに統合医療という看板を掲げている病院もあると報告されています。

★いずれにせよ統合医療の時代はきたようです。

★渥美会長の講演から一部報告いたします。

★渥美会長の講演では、指圧、マッサージ、カイロプラクテック、オステオパシー、リフレクソロジー、生体場治療、タッチ療法などは西洋医学にもあったが最近では迷走とかヨーガとか祈祷療法とか精神療法とか催眠療、イメージ療法とか法芸術療法、音楽療法、ダンス療法、ユーモア療法なども含んだ形で代替相補医療と言い(CAM)というのを形成している。

★西洋医学の最大の敵は癌であり、2015年には75万人が癌になると予測されている。

★病気はいかにして起こるのか、そしてその病気はいかにして治るのかという根本的な問いかけに対して近代西洋医学では必ずしも完全な答えを出してはいない。

★西洋医学では病気を細胞レベルで考えて対応しているのに対して代替医療では細胞外にも目を向けて対応する。

★癌は西洋医学では外科手術、抗ガン剤治療、放射線治療の3大療法で治療し、自然に治らない病気と思われている。きわめてまれにしか起こらないと思われている。

★それに対して伝統医学では多様な方法により、自己治癒力を活性化させ、快癒することもある。

★アジアや欧米では代替医療が広く利用され患者が減少の傾向にある。

★日本でも統合医療が実現することで患者は半減し年間13兆円ほど医療費を削減できる。

★エビデンスを作るために九州大学と東北大学の医学部に統合医療センターを作りパイロットスタデイを行う。

★民主党の山根議員も参加され統合医療に関すて民主党は理解があり、予算を1億から10億円までアップするという報告がありました。

★日本の医療は明治以降日進月歩の勢いで進化してきました。

★しかし、90以上の学会に分かれていることに象徴されているように、病気別の学会になっているため、他の付随する問題には関心を持ちにくい関係になります。

★この状態ではどれだけ医者を増やしても医療の質は向上しない様に思います。

★大切なことは、患者さんの苦痛をいかにして取り除くかという医療の原点に立ち、ヒポクラテスやナイチンゲールの様に自然治癒力を生かした対応が重要なのです。

★自然治癒力について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。


■また、西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              がんも驚く驚異の総合免疫療法!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード