大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★急性リンパ性白血病を乗り越えて①

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★急性リンパ性白血病を乗り越えて①

2回の移植の後再発「急性リンパ性白血病をのりこえた」

Z・Yちゃん11才(東京都)の症例

 元気で元気に走り回っていた5歳のZちゃんに体調の変化が現れたのは平成15 年10月のことです。

 顔色が悪くなり、風邪の症状で薬を服用したが、中々熱が下がらない状態が続き、貧血症状が出始めたことから病因で診察を受け、12月に入り「骨髄検査」を受けたところ「急性リンパ性白血病と診断されました。


血液検査の値は、白血球0.70(基準3.5-8.5)、赤血球2.82(基準約4.3以上)、ヘモグロビン8.4(基準13.5-17.0)、血小板0.8(基準15.0-35.0)〕と、全ての数値が低下していました。

平成15年12月から平成17年4月まで入院し、この間リンパ球の芽球(未成熟リンパ球)を叩く抗がん剤治療を受け、副作用として頭痛、下痢、嘔吐、倦怠感、食欲不振などの症状で苦しみましたが、どうにか乗り越えることができました。

平成17年4月8日に退院して外来治療に切り替わり、学校への登校も始まりました。

血液検査の数値は、白血球2.39、赤血球3.72、ヘモグロビン11.0
血小板25.1と入院時よりは改善されましたが、抗がん剤と免疫抑制、炎症を抑えるステロイドホルモンの治療を受けました。

 抗がん剤の副作用で体力は減少し、ステロイドホルモン「プレドニン」を服用すると、興奮状態になり「泣きじゃくる、笑いじゃくる、機嫌が悪く怒りじゃくると言うような状態になりました。

その様な状態が10日ほど続き、目を離すことが出来ず、当然登校ですることもできなくなり困惑しました。

平成18年4月、1年間続いた治療が、「寛解(白血病の症状が消失したこと)」終了、医師は90%寛解しているので再発はしないでしょうと言う説明に、本人も家族も安堵し、2年と4ヶ月ぶりに薬などの治療から開放されました。

薬の副作用がなくなることで善斗ちゃん本来の快活さが戻り、5月からはサッカーを始め元気に動き始めました。

しかし、喜びもつかの間で寛解したはずだったのに9月のマルク結果は再発となり再入院となりました。

その時点の善斗君の状態は、検査では再発となったがいたって元気であったと言う事ですが、医師の指示通りにするしか方法が分からず、治療に疑問を抱きながらもお願いしました。

血液検査数値は、白血球2.29、赤血球4.92、ヘモグロビン13.1、血小板5.5と白血球と血小板の数値が低下していました。

9月12日より再び寛解まで、強化治療として抗がん剤・・・の治療が始まりました。

 この後どうなるのでしょうか気になるところですが続きは



■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              がんも驚く驚異の総合免疫療法!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード