大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★患者優先のがん治療へ!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★★患者優先のがん治療へ!!!


★欧米の学会にあり、日本の学会にないのは!

★ 患者と協同する仕組み!

第32回 日本高血圧学会総会 (10月1日~3日)
シンポジウム

「学会と患者が共にできること」、7項目の提言まとめる

“見える化”、“均てん化”、“良いがん診療”がキーワード

2009年10月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


--------------------------------------------------------------------------------
 10月23日、特別企画シンポジウム2「がん医療改革に向け、学会と患者が共にできること」が開催され、学会および患者団体の議論を踏まえ、がん対策として取り組むべき7項目を提言として、まとめた。

本学術集会では特別企画シンポジウム1でも提言をまとめており(『がん対策充実を求め「四つの提言」、学会として国に提出』参照)、両提言を厚生労働省などの関係省庁、国および都道府県のがん対策協議会などに1カ月以内をめどに提出する予定になっている。

 シンポジウム後に会見を開いた、学術集会会長の岩手医科大学産婦人科教授の杉山徹氏は、「日本癌治療学会で、患者団体などを呼び、シンポジウムを開催するのは初めての試みであり不安はあったが、理事会で承認され、実施した。

また理事長(大阪大学・門田守人教授)にも、踏み込んだ議論になったとの評価をいただいた」と述べた。

 またシンポジウムで司会を務めた、日本医療政策機構市民医療協議会がん政策情報センターの埴岡健一氏も、「欧米の学会にあり、日本の学会にないのは、患者と協同する仕組み。

今回のように学会サイドから患者サイドに踏み込んだ協同作業は今までになく、社会に協同で発信する機会になっている。これはこれまでの先進的な取り組みの成果である一方、これがスタートだとも言える」と評価した。

【がん医療改革に向け、学会が患者と共にできること提言】(提言)

1. がんの患者の治療ニーズ(需要)の発生状況、医療提供資源(供給)の現況、提供されている医療の質――の3点に関し、データに基づく“見える化”を行う。

2. “見える化”に基づき、中期的な改善計画を立て、その進捗管理をモニター・フィードバックできるシステムを構築・維持する。

3. 専門性のある医療スタッフの配置が“均てん化”されるよう、講座の設置など首尾一貫した教育・養成システムを構築する。

4. 医療スタッフが実際に有効な教育と研修を受けられるよう、助成・支援の仕組みを作る。また、医療機関が専門的技能をもつ医療スタッフを活用する際のインセンティブを確保する。

5. 医療機関の連携が有機的に行われ、いわゆる“がん難民”が発生しないように、医療機能を有機的につなぐための一連の有効と思われる対策を打つ。

6. 患者に情報が提供され、患者と医療者が情報を共有し、患者と医療者が敵対することなく、共にがんと向き合えるための方策を整備する。

7. 患者と医療現場が望む“良いがん診療”が行われた際に、十分に採算が取れるよう、診療報酬体系の構造および点数を大幅に改定する。

++++++++++++ 一言 言いたい +++++++++++

■日本の医療は日進月歩の速さで進んでいる!

■しかし、明治以降130年も過ぎ、どこの町にも立派な病院ができ、医療技術も向上している様で大変便利なようですが、しかし、こと慢性病や生活習慣病といわれているがんやリウマチや糖尿病や高血圧症などの病気には無力の様に見えると思います。

■それは、医学の進歩と全く別の問題を抱えているからです。

■その問題とは、どんなに有名な医者であっても、原因不明として対症療法ばかり繰り返すことになるからです!

■がんの原因はがんの専門医にもわからないのです!!!

■がんはなぜできるのか???

■免疫疾患に老廃物が処理できない状態です!!!

■ゆえにがんの治療にも免疫力の回復と老廃物の処理ができる状態に戻さなくてはならないのです!

■ところが、がんの専門医は、免疫不全であるとして抗がん剤などで抑制します!

■抑制された血液は障害され動きが弱くなります!

■動きが弱くなった血液は血流に流されます!

■血流に流された血液は毛細血管に詰まります!

■血管に詰まった血液は血栓を作り血流障害の原因になります!

■血流障害がおこると細胞に栄養素が届かずエネルギーを作ることができなくなります!

■その結果体温が低くなり、酵素が不活性化し、消化不良になり食べ物が腐敗します!

■また同時にガス交換ができません!

■ガス交換が悪くなることで体内に二酸化炭素が多くなります!

■体内に二酸化炭素が充満すると人体の骨化や動脈硬化症が進行します!

■二酸化炭素を好む菌が増えてカルシウムを作るからです!

■免疫力の高め方としては食生活の見直しや睡眠時間や体温の調整のほかに循環障害や神経やリンパ管の圧迫を改善する必要があります。

■具体的な方法について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。


■また、西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日東京 五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!
 午後は相談会と体験会を行います。

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病・高血圧症・アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 11月1日 東京 五反田 にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード