大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★がん治療、患者・支援者プログラムも導入!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★がん治療、患者・支援者プログラムも導入!

★第47回日本癌治療学会学術集会!

テーマは「がん治療への目線」、患者・支援者プログラムも初めて導入

第47回日本癌治療学会学術集会の要所を会長の岩手医大・杉山徹氏が解説

2009年10月22日 伊藤 淳(m3.com編集部)

 10月22日から3日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にて『第47回日本癌治療学会学術集会』が開催される。

今回のテーマは「がん治療への目線」。

この「目線」には、一方向からの視点にとどまらず、がん治療にかかわる医療者・患者・行政という三者の目線という意味が込められている。

 学会前日の10月21日、プレスインタビューが行われ、会長の杉山徹氏が今学会の特徴について解説。

がん対策基本法・がんプロフェッショナル養成プランの検証などを予定していることを語った。

今学会は医療者・患者・行政の三者にとって、より開かれた議論の場となることが期待される。


--------------------------------------------------------------------------------

国内学会初の「がん患者・支援者プログラム」導入

まず今回の大きな特徴として、国内学会では初めて「がん患者・支援者プログラム(Patient Advocacy)」を正式に導入したことが挙げられる。

患者は基本的に全演題を自由に聴講できることに加え、会場の一つと展示場のブースを患者に提供し、患者同士あるいは医師との意見交換の場として設けている。

また、患者向けのランチョンセミナーも開催する予定だ。

さらにスカラーシッププログラムとして、がん患者・支援者50人に対し、学会参加費・交通費・宿泊費を助成しており、こちらも日本初の取り組み。

 杉山氏は「今後、がん治療は分子標的治療薬の登場などにより、ますます複雑化・個別化される。

そのような状況下では、医療者の負担を減らすためにも、がん治療はキャンサーサバイバー(患者および家族や支援者)や行政と協業して進めていく必要がある」と述べ、「がん患者・支援者プログラム」の意義を強調した。

 ちなみにキャンサーサバイバーとは、米国のがん患者支援団体(National Coalition for Cancer Survivorship)により「がんの告知を受けた個人がその生涯を全うするまでを意味する。

また、その家族、友人、ケアに当たる人々なども、その影響を受け、彼らもサバイバーに含まれるべきである」と定義されている。

医療者・患者・行政の目線を取り入れた特別企画シンポジウム

医療者・患者(キャンサーサバイバー)・行政の目線を取り入れて、多岐にわたる特別企画シンポジウムが行われる予定だ。

特別企画シンポジウム1は「がん対策基本法、がんプロ養成プランはがん診療の質と均点化をどこまで達成しているか?

 その検証と提言!」(10月22日)と題し、がん対策基本法およびがんプロフェッショナル養成プランについて、中間報告が行われる。

 特別企画シンポジウム1は、Part1とPart2に分けられ、Part1ではがん対策基本法、Part2ではがんプロフェッショナル養成プランについて、メディアも交えて幅広い議論が行われる予定。

シンポジストの一人には、仙谷由人・行政刷新担当相も名を連ねている。シンポジウム終了後には、ディスカッション内容をまとめ提言として発表される。

 特別企画シンポジウム2「がん医療改革に向け、学会と患者が共にできること」(10月23日)では、総合司会をTBSニュースキャスター膳場貴子氏が務め、患者主体のシンポジウムが行われる。

このシンポジウムでも、患者目線を中心に提言をまとめ、終了後に発表する予定になっている。

 その他の特別企画シンポジウムでは、がん治療をめぐる社会的な問題である国際共同治験の現状や分子標的治療薬の功罪などについてのディスカッションが計画されている。

 さらに、現在、がん患者の生存率向上に伴い、がんとともに生きるという視点が必要とされている。

その際に重要性が増しつつある「サイコオンコロジー」に関して教育シンポジウムで取り上げ、精神腫瘍科や緩和ケアに従事する医療者で議論が行われる。

 最後に杉山氏は今学会のポイントとして、インターナショナルセッションの充実を取り上げた。

ハブ空港の例えを用いながら、アジア・世界における日本の存在感に危機感を示し、学会等を通じて世界に向けて発信することが重要であると述べ、インターナショナルセッションの重要性を指摘した。

+++++++ 一言 言いたい +++++++
■政権の交代から1か月が過ぎ、ようやく医学のほうにも改革の波押し寄せ始めたようです。

■民衆党のマニュフェストに統合医療によるエビデンスの作成が入り、音楽療法も認められるようになります。

■患者は治れば何でもいいのです!

■問題は、自然治癒の研究が国公立大学の医学部でも正式に始まっていないことです!

■今から始めてもすぐには答えは出ませんので早急にマニュフェストの実現に向けて努力していただきたいと願うものです!

■健康は、国民全員の願いです!

■手術や薬に依存していたのでは本当の健康体になることはできません!

■怪我や傷や骨折が治るように自己治癒力が健全でなければならないのです!

■自己治癒力を高めるためには、たくさんの方法が研究されています!

■しかし、効率よく高めるためには「総合的な視野」に立ってアプローチをする必要があります。

■そのために「総合免疫療法」を開発し他のです!

■総合免疫療法とは生活習慣の見直しから血液の浄化や骨格の歪みを改善し、血管や神経やリンパ管の圧迫を取り除区ことで自己免疫力が最大限に高められる方法で、自然医学総合研究所の商標です。

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 11月1日 東京 五反田ゆうぽうと 5F

 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード