大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★ 多数がICUに収容 新型インフルで!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★ 多数がICUに収容 新型インフルで!

★オーストラリアや米国などの研究チームの調査でわかった!

★米医学誌にて!!!

2009年10月9日 提供:共同通信社


【ワシントン共同】新型インフルエンザに感染した患者は症状が悪化して、集中治療室(ICU)に収容されるケースが多いことがオーストラリアや米国などの研究チームの調査で分かり、8日、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(電子版)に発表された。

 ICUの収容能力に大きな影響があることを示す結果で、日本国内でも本格流行に備え、態勢整備が求められそうだ。

 オーストラリアとニュージーランドの共同研究チームは、両地域の冬にあたる6月から8月にかけてICUがある187の病院を調査。

新型インフルエンザが悪化して722人がICUに収容され、ピーク時にはICUのベッド数の8・9~19・0%を新型インフルエンザ患者が占めたことが分かった。

 収容された患者数は、同期間中、季節性インフルエンザで収容された人数の約20倍。

毎年、風邪をこじらせるなどウイルス性の肺炎で収容される人の約15倍に上った。

 米疾病対策センター(CDC)も、4月から6月に米国で新型インフルエンザで入院した272人のうち、25%がICUに収容されたとの調査結果を同誌に発表した。

+++++++ 一言 言いたい +++++
■世界各国で新型対策が行われていますが、毒性は季節性と大差なく、恐れる必要がありません!!!

■しかし、連日の様にマスコミで驚異という言葉で放映されると一般人はやはり驚異に感じるのだと思います!!!

■問題は、いつ感染するのかという心境で生活を行うことで、必要以上にエネルギーを消耗し血液を汚し、かつ免疫力を下げることになります!!!

■そのような状況下で感染すると、悪循環となり、病状は必要以上に悪化し、重症化することになります!!!

■ストイレスは骨盤を歪め、鎖骨まで歪めるからです!!!

■そのため、頭部の循環は悪化し、呼吸も浅く、睡眠も浅く、ホルモンの分のいつもふなんていになり、腸内では腐敗しやすく
病状も悪くなるのです!!!

■ゆえに、本当の対策は、本来の健康対

+++++++++ 新着情報 ++++++++
第32回 日本高血圧学会総会 (10月1日〜3日)

ガイドラインから大きく逸脱する治療には説明責任あり

◆Vol.3

シンポジウム「JSH2009ガイドラインを検証する」

Vol.1「高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透」とVol.2「CKD合併高血圧ではRA系抑制薬の漸増が原則」では、5つのテーマから発表された内容を紹介したが、Vol.3ではそれに引き続き行われたディスカッションの様子をまとめた。


会長インタビュー(全1件)
『疫学』の視点から組まれた初のプログラムに注目−第32回日本高血圧学会総会会長・上島弘嗣氏に聞く

来る10月1日−3日、滋賀県大津市にて『第32回日本高血圧学会総会』が開催される。

今学会では、長年、疫学者として生活習慣病の予防・治療につながる臨床試験を率いてきた滋賀医科大学生...続きを読む
シンポジウム(全3件)


高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透◆Vol.1
10月3日、第32回日本高血圧学会総会の最終日にガイドラインシンポジウム「JSH2009ガイドラインを検証する」が行われた。

座長は、大阪府立急性期・総合医療センターの荻原俊男氏と札幌医科大学医学部内科学第二講座の島本和明氏...続きを読む
CKD合併高血圧ではRA系抑制薬の漸増が原則

◆Vol.2
Vol.1「高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透」に続き、Vol.2では「CKDを伴う高血圧の治療」「高齢者高血圧の治療」に関する発表をまとめた。


ガイドラインから大きく逸脱する治療には説明責任あり

◆Vol.3
Vol.1「高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透」とVol.2「CKD合併高血圧ではRA系抑制薬の漸増が原則」では、5つのテーマから発表された内容を紹介したが、Vol.3ではそれに引き続き行われたディスカッションの様子をまとめた。

JSH2009 TOP10(全1件)
JSH2004、JSH2009に基づく高血圧診療が臨床現場に普及

第32回日本高血圧学会総会の演題の中で、選考委員より最も高い評価を受けた10演題が「JSH2009TOP10」である。

その一つで、高血圧治療ガイドライン(JSH2004、JSH2009)に関するアンケート調査の結果を...


高得点演題(全2件)

外来高血圧患者の約3割が仮面高血圧

10月1日の高得点演題において、国立病院機構九州医療センター高血圧内科の大田祐子氏が外来高血圧患者における仮面高血圧の実態について発表し、JSH2009(高血圧治療ガイドライン2009)の降圧目標達成に向けて、利尿薬を含めた併用療法の重要性を指摘した。

24時間自由行動下血圧測定で判明した慢性腎臓病のリスク

第32回日本高血圧学会総会の高得点演題において、東北大学大学院臨床薬学分野の菅野厚博氏が一般住民を対象とし、24時間自由行動下血圧測定(ABPM)と随時血圧(CBP)によって定義された仮面高血圧、白衣高血圧と慢性腎臓病(CKD)との関係について...

一般口演(全2件)

糖尿病合併高血圧では就寝前血圧のコントロールも重要

10月2日の一般口演で、自治医科大学循環器内科の江口和男氏がJapan Morning Surge-1(JMS-1)研究のサブ解析を発表。

糖尿病合併高血圧では、降圧治療の効果判定に外来血圧よりも...

ステージ4/5の慢性腎臓病(CKD)でバルサルタンが腎複合エンドポイント抑制

第32回日本高血圧学会総会の一般口演で、慢性腎臓病(CKD)患者を対象にARB(バルサルタン)の長期的な上乗せ効果を検討した試験KVT(Kanagawa Valsartan Trial)の結果が・・・

ポスター発表(全1件)

ロサルタン/HCTZ合剤はNon-dipper型夜間高血圧に有用

10月2日のポスター発表で、日本医科大学千葉北総病院循環器内科の雪吹周生氏が、ロサルタン/利尿薬(HCTZ)合剤(商品名プレミネント)が24時間 血圧変動に及ぼす影響および心・腎等の臓器保護作用を検討した...

+++++++ 研究と結果 +++++++
■一般社会では、車や機械などが故障した場合、構造や原理に基づき、原因を明らかにすることから着手して成果を上げます!!!

■そのほうが確実に改善できるからです!!!

■しかし、こと医療の世界となるとその対応は大きく異なります!!!

■戦後64年も過ぎているのに、未だ原因不明と先に聞かされます!!!

■患者は素人ですから、医者から原因不明と言われるとほとんどの場合諦めるようです!!!

■しかし、その中でも最近は徐々に根本的な対応を求める患者さんが増えてきたように思います!!!

■抗がん剤治療や薬害肝炎の問題からも薬の副作用から命を落とすことや俳人になることを学習させられてきたからだと思います!!!


■一方で、免疫学が発達し、病気を治す仕組みがあることも一般に知られてきたからでもあると思います!!!

■民主党に政権が移った現在、代替医療の見直しも始まっています!!!

■問題は、現場の医療従事者に自然治癒の存在を理解していただくための制度を早く確立することです!!!

■それによって箱ものからソフトへと医療改革もシフトするのです!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード