大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★医療は激変する!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療は激変する!!!

★民主党の政策に統合医療が盛り込まれている!!!

★民主党のHPより代替医療の項目を紹介する!!!

■本文より

統合医療の確率並びに推進!

漢方、健康補助食品やハーブ療法、食餌療法、アンマ、マッサージ、指圧、鍼灸、柔道整復、音楽療法といった「相補、代替医療について、予防の観点から統合医療として科学的根拠を確立します。
アジアの東玄関という地理的要件をいかし、日本の特色ある医療を推進するために、専門的な医療従事者の養成を図るとともに、調査、研究の機関の設置を検討します。

■民主党マニフェストの詳細版。

http://www.dpj.or.jp/policy/koseirodou/index2009_medic.html


■以上がマニュフェストに書かれた統合医療政策に関する全文でです!!!

★今後急激な改革が進むことになります!!!

★西洋医学だけでは対症療法が中心で原因を見落としてきたからです!!!

★また、長年自民党政治の下で薬事行政オンリーの対症療法で患者は副作用で増されてきたからです!!!

★しかし、統合医療では伝統医学や代替医療を取り込むことで、患者の希望する療法を選択することができるようになります!!!

★歴史に残る事実上の医療改革です!!!

★次期に参議院選挙があるが民主党に勝って頂き、マニュフェストの実現を早急にしていただきたいものです!!!

+++++++ 新着情報 ++++++


★知られざる医薬品副作用被害救済制度!!!


★医師の認知36% 被害者放置の恐れ


★医薬品副作用被害救済制度

2009年10月6日 提供:毎日新聞社


医薬品副作用被害救済制度:医師の認知36% 被害者放置の恐れ

 医薬品の副作用などに関する国の健康被害救済制度について、運営主体の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構(PMDA)が認知度を初めて調査したところ、制度を「知っている」と答えた医療従事者が37%にとどまった。

 約半数は、書類を作るのが面倒などの理由で、被害者に申請を勧めようと考えていないことも判明。

 医療者側の認識や説明の不足で、救済されるはずの被害が放置されている可能性が浮かんだ。【清水健二】

 健康被害救済制度は、適切に薬を使用したのに入院以上の副作用が出た場合、製薬会社や医療機関に過失がなくても、製薬会社の拠出金から一定額(死亡一時金の場合は約713万円)が支払われる仕組み。

 80年にスタートし、04年には輸血に伴う感染症なども対象に加わった。08年度には690人の被害に計約18億円が給付された。

 PMDAは7-8月、インターネットで一般国民3119人、医療従事者(医師、薬剤師、看護師ら)3438人に制度の認識を調査。

「知っている」とした医療従事者は37%で、43%は「名前は聞いたことがある」にとどまり、20%は「知らない」と答えた。

 薬剤師の7割近くが制度を知っていた半面、医師は36%、看護師は12%しか知らなかった。

 制度の運営主体も41%が厚生労働省だと誤認していた。

 給付を受けるには、診断書作成など医師の協力が必要だが「制度利用を患者に勧めたい」とした医療従事者は半数以下の49%。

 勧めたくない理由は▽書類作成が複雑・面倒▽時間を取られる▽不支給になると患者から責任を問われる--などが多かった。

 一般国民は84%が「副作用被害に遭ったら利用したい」と答えていた。

 PMDAは「医師や看護師の教育課程に救済制度が入っていないことが、医療従事者に十分に浸透していない原因ではないか」とみている。

 全国薬害被害者団体連絡協議会世話人で、PMDA救済業務委員の栗原敦さんは「患者が申請するかどうかは、医療機関の対応に左右される。

 医療機関は多忙な医師に任せず、薬剤師らも活用して組織的に対応してほしい」と指摘している。


+++++++ 一言 言いたい +++++

■医療は誰のためにあるのか!!!

■医薬品の副作用などに関する国の健康被害救済制度について6割以上の医師が対応していないという!!!

■忙しいということでは理由にならない!!!

■医療は患者を元気にして社会復帰させるたにあるはず!!!

■新しい制度とはいえあまりにも無責任な対応である!!!

■副作用による健康被害に対して保障をしていただくことは患者にとって大変ありがたい仕組みです!!!

■しかし、病気にならないに越したことはありません!!!

■同じ時間を費やすならば予防医学に時間を費やし病気にならない生き方を選択したいものである!!!

■名古屋の河村市長は9月18日の午後に北区に建設中のがんの最先端治療の施設として「クオリティライフ21城北」の建設を凍結し注目を浴びた!!!

■河村市長は凍結後予防医学に力を入れ、健康増進施設に肢体という希望を述べていた!!!

■しかし、その後自民党などの反発を受けている!!!

■箱もの行政が主体の日本から人命を尊重する行政に代わることを期待したいものである!!!

+++++++++++++++++ 給付内容 +++++++++++++++++

●給付内容
(1) 症状に応じて次の3段階の給付金

① 慢性C型肝炎が進行して、肝硬変若しくは肝がんに罹患し、又  は死亡した者 4000万円
② 慢性C型肝炎に罹患した者 2000万円
③ ①、②以外の者(無症候性キャリア) 1200万円

(2) 給付金の支給を受けた後10年以内に症状が進行した場合、追加給付金を支給します。

症状進行の判断は、医師の診断書(別紙様式第三号)により行います。

症状が進行した区分の額から、既に支給された給付金を除いた額を支給することになります。

(例)慢性C型肝炎に罹患し、2000万円の給付金を受け取っていた方が、症状が進行し、肝がんとなった場合
(肝がんの場合の給付金額) (既に給付を受けた
金額
(慢性肝炎の場合))  (追加給付金額)
4000万円 - 2000万円 =    2000万円

6.請求手続
(1) [裁判所で和解・調停が成立または判決が確定し、給付金を請  求する場合に必要な書類]
① 本人または相続人が給付金支給請求書(様式第一号(PDF形    式))により、直接、当機構に請求してください。(こちらか  らダウンロードしていただいても結構です。)
② 添付書類
  次のいずれの書類も必要となります。
ア.裁判所の確定判決若しくは和解・調停の正本または謄本
  (その他確定判決と同一の効力を有するもの)
イ.住民票の写しその他の給付金支給請求書に記載した事実を証   明する書類
(2) [給付金の支給後に症状が進行し、追加給付金を請求する場   合に必要な書類]
① 本人または相続人が追加給付金支給請求書(様式第四号(PDF形  式))により、直接、当機構に請求してください。(症状が進  行したことを知った日から3年以内)
 (こちらからダウンロードしていただいても結構です。)
② 添付書類
  次のいずれの書類も必要となります。
ア.症状が進行したことを証明する医師の診断書(様式第三号(PDF形式))
イ.住民票の写しその他の追加給付金支給請求書に記載した事実を証明する書類

※ 親権者または相続人の方が請求する場合は、戸籍抄本または謄本や遺言書等が必要となる場合がありますので、ご相談ください。

(3) 請求先
給付金支給請求書(追加給付金支給請求書)及び上記添付書類を添えて、下記の住所に郵送してください。

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル10階
(独)医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部 特定救済課 宛

(4) 給付金の支払い
請求書類等を受付、必要事項等を確認後、給付金支給通知書(追加給付金支給通知書)及びご希望により振込通知書を発送いたします。

支払い方法につきましては、請求書に記載された指定の口座にお振り込みいたします。

7.請求期限
(1) 給付金の請求は、(2)の場合を除き、法施行後5年以内です。(平成20年1月16日から平成25年1月15日まで)
(2) 給付金の請求は、法施行後5年が経過した時点で裁判中の場合には、その終了後1月以内です。

特定フィブリノゲン製剤又は特定血液凝固第Ⅸ因子製剤の投与を受けたことによってC型肝炎ウイルスに感染したことを原因とする損害賠償についての訴えの提起又は和解若しくは調停の申立てを平成25年1月15日以前にした場合においては、当該損害賠償について判決が確定した日又は和解・調停の成立した日から起算して1月以内に請求を行ってください。

(3) 追加給付金の請求は、請求される方が、症状が進行したことを知った日から3年以内です。

8.問い合わせ先
給付金の請求手続等につきまして、ご不明な点等がございましたら、下記の給付金支給相談窓口までお気軽にご相談ください。

  給付金支給相談窓口

電話番号
 0120-780-400 (フリーダイヤル)
受付時間
月~金曜日(祝日、年末年始を除く)
午前9時から午後6時まで
++++++++++++++++++++++++++++++++
■医薬品副作用被害救済制度が執行されたということはそれだけ薬の副作用で医療過誤の問題が後を絶たず、訴訟問題が頻発するようになったからです!!!

■しかし、救済制度を設けたから良いという問題ではなく、政府としては国民が病気にならないように
予防医学に方向転換していくはずです!!!

■予防医学を行うことで病人が半減され、国民は健康で長寿社会が創造されるからです!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。