大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★医療危機の原因!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療危機の原因!!!

★医師増だけでは崩壊する!!!

★「医師を増やせば患者も増える」

★慢性疾患(生活習慣病)に被害多発!!!

★高血圧症や糖尿病や乳癌や肺がんや前立腺がんや脳腫瘍やリウマチや花粉症やぜんそくなどの病気は過剰なストレスを受けて発症しています!!!

★ストレスは全身を硬直させ骨格をゆがめます!!!

★そのため、血管や神経やリンパ管も圧迫されます!!!

★血管が圧迫されると血流が悪くなり、細胞に栄養を帆子部ことができなくなります!!!

★また、神経が圧迫されることで腰痛や坐骨神経痛や肋間神経痛や三叉神経痛など様々な痛みが出ます!!!

★さらにリンパ管が圧迫されることで老廃物を処理できず腫瘍の材料が滞留し癌体質になります!!!

★患者を一人の人間として、一人の医師がトータル的な視野で診断できればすぐに理解できることですが、現状では細分化された狭い視野の専門医が担当し、正しい診断を期待できません!!!


★その欠点を補うために、チーム医療を行うという!!!

★このチームに視野の狭い医師だけでチームを組んでも見落とす点が多い!!!

★その原因は、診断を機械任せにし、触疹のできる医師がほとんどいなくなった点にある!!!

★病気の診断は画像検査や血液のデーターだけでは不十分だからである!!!

★また、多くの医者は病理学を診断の基準にしているため、病状に病名をつけて診断する!!!

★しかし、病状とは、身体の歪みや血液の滞りによって出る生体反応であり、病状そのものは病気ではない!!!

★よって、解熱鎮痛剤や免疫抑制剤で病状を抑制しても病気は治らないのだ!!!

★それどころか、血圧降圧剤にも糖尿病治療薬に抗コレステロール薬にも抗生物質にも抗がん剤にも重大な副作用があり、素直な患者ほど病状は複雑になる!!!

★複雑な病状を消すために新たな抑制剤を投与する!!!

★まさしく「モグラタタキ」であり「イタチゴッコ」である!!!

★よって、現状のままで医者を増やしたところで医者は楽にならないどころか、薬の副作用で新たなb様気がつくられることを知る患者は日増しに多くなり、今後は訴訟問題が頻発する!!!

★また、ファイザー製薬の課題広告の違反問題の様に多額な違反金が支払われるケースも増えるはず!!!

★薬の処方箋は薬剤師に任せるなど法整備を行う必要がある!!!

★現状では、薬剤の知識がない医者でも処方箋を出すことができる!!!

★ここに、欧米との開きがある!!!

★欧米では、医師も薬剤師も整体師もみなそれぞれの専門の   立場で診断に関わっている!!!

★しかし、日本では整体に知識のない医者が堂々と批判する!!!

★それを多くの患者は信用する!!!

★日本では医者はなんでも知っているというイメージができているからだ!!!

★病状は病気ではない!!!

★狂った身体を元に戻そうとして出ている生体反応なのである!!!

★ゆえに、生体反応の謎を知れば病気は予防できるのである!!!

++++++ 新着情報 +++++

チーム医療の推進に関する検討会

「医師さえ増やせば問題解決、との考えは単純すぎる」◆Vol.2

国立国際医療センター総長・桐野氏、医師と看護師の役割分担の必要性強調

2009年10月6日 橋本佳子(m3.com編集長)

 厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第2回会議が10月5日開催され、国立国際医療センター総長の桐野高明氏と、近大姫路大学学長(前国際看護師協会会長)の南裕子氏へのヒアリングが行われた(会議の配布資料は検討会の資料は厚労省のホームページに掲載)。

2人とも異口同音にチーム医療の推進、中でも看護師の役割・業務範囲を見直す必要性を指摘した。

 桐野氏は、「医師不足であることは確か。

しかし、養成数さえ増やせば、診療科あるいは地域による医師の偏在が解決すると考えるのは、誤りではないが、単純すぎる」と指摘。

その上で、問題解決には、専門医制度の確立と、チーム医療の推進が必要であると指摘した。

「これまで医師の業務は増大してきたが、将来的にも医師だけで担っていこうという考え方は非現実的であり、副作用が大きい」とした。

「副作用」とは、詳細は後述するが「医師の専門性の希釈」という意味だ。

 それに続くディスカッションでも、医師と看護師の業務分担を中心に進められた。座長の東京大学大学院医学研究科教授の永井良三氏は、「今日はインテンシブ・ケア(手術、ICU、術後管理など)に関する議論を行う」と述べ、ナースプラクティショナーをめぐる議論にも発展、諸外国で活躍している現状が紹介された。

 もっとも、本検討会の着地点は、今日の議論でも見えず、ナースプラクティショナーという新しい資格制度を作るのか、あるいは通知等による看護師の業務範囲の拡大にとどまるのか、さらには看護師以外の職種も含めたチーム医療の実践を支える制度作りを提言するのか、といった点は不明だ。

 次回の会議は10月13日。今年内は月2 - 3回という早いペースで、検討会を開催する予定になっている。

 「臨床研修制度は“積み将棋”の最後の駒」

 桐野氏は、今の医療崩壊、特に病院医療の危機の原因について、「2004年の臨床研修制度が原因と指摘されるが、"積み将棋"の最後の駒にすぎない。

研修制度は病院医療の混乱を招く結果となったが、それまでの積み方が悪く、『何とか立っている状態』だった。つまり崩壊の根本原因は脆弱な医療基盤にある」との見解を示した。

 その上で、自らの専門である脳神経外科を例に挙げ、「他の先進諸国と比べて、脳神経外科医が多いことは事実だが、複合的要因がある」とした。

「複合的要因」として、桐野氏は、先導者が後進の育成に熱心だった、隆盛期にあり、若手の関心が強かった、救急や脳卒中の現場で診療を担当できる医師は脳神経外科医しかいなかったといった事情のほか、「患者への説明や書類作成なども含め、増加し続ける業務に対して、努力して若手医師の増員を図り対応することが最も有効な解決法だった」を挙げた。

 その結果、生じたのが「医師の専門性の希釈」だ。医師の全体業務は増えるものの、手術など専門的な業務は、それに比例するほどには増えない。

多数の脳神経外科医が専門的業務を切り分けて行うようになっているのが現実であり、一人当たりの専門的業務量は減少するという論理だ。

「特に外科系では、チーム医療は必然であり、それを行わずに医師を増やすと、結果的にその診療科の魅力を失ってしまう。欧米の制度がいいとは限らないが、専門性の高い業務を他の職種に委譲している。

こうした業務分担には、医師の専門性を希釈させないためにどうするか、という判断が入っている」(桐野氏)。

 「医師、コメディカル」の代わりに「ヘルス・ケア・ワーカー」

 もう一つのヒアリング対象者、南氏は、「医師とコメディカルという言い方をされているが、すべての職種を含めて『ヘルス・ケア・ワーカー』(ヘルス・ワーカー)と呼ぶのが世界的な動き」と指摘した上で、相互の協働と連携で、チーム医療を進めていくことが現在の問題解決につながるとした。

ヘルス・ワーカー(health worker)とは、WHO(世界保健機関)の「World Health Report 2006」では、「健康を強化することを第一義の目的にしているすべての従事者」と定義され、専門職以外も広く含まれるという。

 その上で、南氏は、「看護師は、キュアとケア、診療上の補助と療養上の世話の両方の機能を兼ね備えた職種」であることを強調。

医療需要が、患者への医療に加えて、患者予備軍、さらには健康な人に対する予防医療などの比重が増している現状を踏まえ、「医師の仕事を肩代わりするのではなく、国民のニーズの変化に、キュアとケアの両面から看護師が対応することが適切という発想が必要」とした。

 南氏は、ナースプラクティショナーが世界的に広がっている現状、専門看護師・認定看護師制度にも触れ、日本学術会議「医療のイノベーション検討委員会」が2008年6月26日にまとめた「要望」で、「現在、医師のみが実施し得るとされている医療行為の一部について、看護師など、適切な教育を受け、必要な知識と能力を有する他の職種に委譲していくことについて、速やかに検討すべきである」と提言していることを紹介した。

 医師法、保助看法の制度疲労を指摘する声が多数

 チーム医療の実践の必要性は誰もが認めるところ。そこで問題になるのが、どの職種が、どこまで実施するか、その法的根拠は何か、さらには安全性の担保や責任の所在をどうするかという点だ。

 座長の永井氏は、桐野氏に対して、「看護師に業務を担ってもらう場合、(保助看法で定める)『診療の補助』で対応可能なのか、ナースプラクティショナーなどが必要なのか」と質問

 これに対し、桐野氏は、「手術、ICU管理、救急医療などでのチーム医療では、法律の読み替えで対応できる範囲を超える処置などを要求する場面が出てくる。

現状の医師法、保助看法では、限界が生じる場面が出てくると思う。本格的な見直しをやるのであれば、欧米諸国のような、資格制度を導入する必要ではないか」と答えた。

 そのほか、「医師法、保助看法は約60年前に制定されたものであり、これまで読み替えで対応してきたが、パラダイムシフトも必要なのではないか」(朔元則・国立病院機構九州医療センター名誉院長)など、通知等での対応の限界を指摘する声が上がった。

 一方で、昭和大学救急医療教授の有賀徹氏は、「医療現場では、医師とスタッフの信頼関係で判断しながら、相当程度、チーム医療は進んでいる。

『診療の補助』と『療養上の世話』で、相当程度、対応できるのではないか。

チーム医療のトップランナーに検討会に来てもらい、現状ではどうしても対応できないことを議論してもらえばいいのではないか」とコメント。

法体系等で精密なルール作りを進めると、かえってやりにくくなる側面があるという意見とも受け取れる。

もっとも、チーム医療の必要性は有賀氏も認めるところであり、「こうした議論はもっと以前からやるべきだった。

また、薬剤師や管理栄養士など、様々な職種が関係してくる問題」と述べ、幅広い視点からの「チーム医療」の議論を求めた。

***** 一言 言いたい *****
■チーム医療も重要ではあるが、患者自身が自分でできることは自分で治せる方がもっと良い!!!

■さらに、病気の原因を解明し、予防をすることで病気にならない方が患者側にとってもっと良いはずだ!!!

■政権も変わったこともあり、この辺で半世紀以上にわたって維持してきた医療にかかわる法律も見直すことが大切だと思うのは私だけではない様である!!!

■現に、長妻厚生労働大臣は、実力を重視し、民間の感覚である「成果主義」を初めて導入すると発言している!!!

■医者に遠慮せず思い切った改革を断行していただきたいものである!!!

■病気を治すのは医者ではなく、患者自身の回復力で決まるからである!!

■ゆえに、病状を抑えることで免疫力や血液循環までも悪化される前に、血液を浄化し、歪みを改善することを選択するべきなのである!!!

■これが最も早く確実に病気を防ぐ方法だからである!!!

■従って、この様な制度に反対する医者はリストラの対象とするべきである!!!


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。