大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★テロメア解明でノーベル賞受賞!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★テロメア解明でノーベル生理学・医学賞、米国の3氏が受賞!!!

★「テロメアとテロメアーゼ酵素の解明で!!!

 【パリ=古谷茂久】スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2009年のノーベル生理学医学賞を、米カリフォルニア大サンフランシスコ校のエリザベス・ブラックバーン教授(60)と米ジョンズ・ホプキンズ大のキャロル・グライダー教授(48)、米ハーバード大のジャック・ショスタク教授(56)の3氏に贈ると発表した。


 授賞理由は「テロメアとテロメラーゼ酵素によって染色体が保護される仕組みの発見」。

生物の細胞は老いるとなぜ自発的に死ぬのかなどの解明に役立ち、抗がん剤などの開発にもつながる成果として評価された。


 細胞の中には遺伝情報を書き込んだひも状の染色体がある。

3氏は染色体の末端にある「テロメア」という部分の働きを解明。

テロメアが染色体を保護し、細胞の寿命をつかさどっていることがわかった。

細胞が分裂を繰り返すとテロメアは少しずつ短くなり、ついには分裂できなくなって細胞は死んでしまう。(05日 22:47)

+++++++ 細胞の寿命と人間の寿命 +++++

■今回のノーベル賞の受賞で、細胞死の原因が解明された!!!

■鳥取大学医学部の押村光雄教授らの研究グループは、人間の腎ガンの培養細胞に三番目の染色体の一部を注入するとテロメラーゼ酵素の働きが抑えられることを発見している!!!

■テロメラーゼが働かなくなったガン細胞は老化して死滅したという!!!

■しかし、細胞死がそのまま人間の寿命にはならない!!!

■死んだ細胞が怪我が治るように新しい細胞に代謝できるからである!!!

■なぜ細胞が早く死ぬか、なぜ細胞の中でテロメアの働きに変化が起きるのかという視点からみると毛細血管の退化との関連が浮き出てくる!!!

■つまり、過剰なストレスとのかかわりで、毛細血管が委縮し、細胞内でガス交換ができず二酸化炭素が充満する!!!

■授賞理由である「テロメアとテロメラーゼ酵素によって染色体が保護される仕組みの発見」も、毛細血管の機能如何で変わる!!!

■毛細血管が委縮し閉塞状態ではテロメラーゼ酵素という酵素反応も妨げされる!!!

■問題はストレス反射に関する対応を十分行うことで100まで健康で生きられるのである!!!

■毛細血管の寿命が人間の寿命であるからだ!!!

■毛細血管の働きが正常であれば、クエン酸回路も働きエネルギーがつくられ、ガス交換もできる!!!

■また、皮膚呼吸や発汗も正常になる!!!

■犬や猫には汗腺がなく彼らは舌で発汗の代わりをしている!!!

■人間も皮膚呼吸が悪化し汗腺が詰まると口呼吸が盛んになる!!!

■口呼吸は、犬や猫と同じように皮膚での呼吸や発汗ができず、細胞内の環境が悪いことの表れであり、テロメアとテロメラーゼ酵素の働きも悪い状態を表している!!!


■ゆえに、人の健康も長寿も薬ではなく、心身とみに健全でなければならない!!!

■それが金さん銀さんに象徴されている!!!

■金さんも銀さんも無長生き舌がテロメアもテロメラーゼ酵素の働きも知らずに昔ながらの生活をしてきただけ!!!

■感謝の気持ちで毎日楽しく暮らすことが健康の基である!!!

■リラックスすることで末端まで酸素が回りガス交換もできるからである!!!

■ゆえに皮膚は寿命を表すとい言い、血色は命そのものなのである!!!

■血色のいい人はテロメアもテロメアーゼの働きも健全なのである!!!

■重要なことは、ストレスで汚れた血液や歪んだ骨格が大血管やリンパ胸管を圧迫し、循環障害の原因であることに気がついていないことである!!!

■ゆえに、鎖骨の歪みは、大血管を圧迫し、大循環を悪くするので、全身に行き渡らず、多くの細胞が壊死する原因となる!!!

■クエン酸回路と同様にテロメアもテロメアーゼ酵素も正常に働くには鎖骨や骨盤の歪みを改善しなくてはならないのだ!!!

■しかし、今回の受賞の様に、重箱の隅ばかりの研究にスポットが当たり、全体の大きな障害には当たらない!!!

■これが、そのまま薬の開発に依存する体質をつくり、原因を見落とす要因となっているのだ!!!

■毎年10月にはたくさんの研究発表が行われている!!!

■しかし、多くの研究は、研究者のための研究であり、病気を治すことや病人を助けられる様な論文は少ないのが現状である!!!

******** 新着その2 *************

★元財務・金融相の中川昭一氏(56)の死因!!!

★中川氏は9月の衆議院選で落選した後不眠症になり深酒と睡眠薬に依存していた!!!

★3日自宅で亡くなったが、外傷はなく、死因を病理解剖で追及している!!!

★中川氏は最近、不眠を訴えて通院しており、睡眠薬を処方されていたことが既に判明している。

★睡眠薬とみられる錠剤が寝室の机の上や引き出しの中から見つかり、ベッドの上には嘔吐(おうと)した跡があったという。

★同庁は睡眠薬の服用と死亡との因果関係についても調べている。(05日 21:01)


********* 新着その3 *********
★新型インフルエンザ致死率!!

★季節性並み 従来の10分の1 米チーム解析

★アジアかぜ」並みの0・5%から0・045%に変更!!!

2009年9月30日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:致死率、季節性並み 従来の10分の1--米チーム解析


 新型インフルエンザの致死率は毎年流行する季節性インフルエンザと同程度の0・045%とする分析を、米ハーバード大などの研究チームがまとめ、米医学サイト「PLoS Currents」に発表した。

これまでは、1957年から流行した「アジアかぜ」並みの0・5%程度とみられていた。

 研究チームは、4-7月、米ミルウォーキーなど2市で入院した感染者、入院していない感染者のデータをもとに、通院しなかった人も含めた発症者を推計した。従来の解析では、確定診断を受けた患者に対する死者の割合を致死率として計算していた。【永山悦子】

+++++ 一言 言いたい +++++
■死亡率が変更となったことはそれだけで安心の材料である!!!

■問題は、確率が低くても亡くなる人があるということです!!!

■その点生活習慣から見直すことや骨格も含めた予防対策を行うことは心がけた分だけ安長生きできるのです!!!

■その点統計学では不十分ですし、誰が亡くなるのか誰が長生きするのかも解りません!!!

■重要なことは、それぞれが命を守ることが重要なのであり、そのために必要な情報を提供することを期待御したいものです!!!


■西洋医学の対応に疑問を感じ、他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!
ストレスとの関わりが病をつくる!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード