大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★治せない医者は空しい!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★治せない医者は空しい!!!

★ 医療関係団体のぼやき!!!

「開業医も過重労働」日医調査、苦悩・不安など明らかに

開業して労働時間「過重になった」が4割、医療水準への満足度も低い傾向

2009年10月1日 村山みのり(m3.com編集部)

★日本の医療は、長年続いた自民党政策の下で原因から治す治療ではなく、ひたすら薬漬けにする対症療法を中心に習慣化しています!!!

★病状に病名を付けては対症療法で免疫を抑制するという治療です!!!

★免疫を抑制される患者はいずれ免疫疾患となって感染症やがんなど重篤な病気にかかりやすくなります!!!

★このままの医療では医者を増やし医療費を増やしても患者は増えるばかりです!!!

★風邪薬でも人を殺す力があるのです!!!

★菌を殺すということは悪い菌ばかりが殺されている訳では無く善玉の腸内細菌も殺されるのです!!!

★解熱鎮痛剤でも同様です!!!

★したがって医者の言いなりになって早期発見早期治療ではなく、なぜ病気になるのかを学び病気にならない生き方を選択するべきなのです!!!

★その点、名古屋河村市長は力説しています!!!

★1日、乳癌の検診と早期治療を呼び掛ける「名古屋城ピンクリボンライトアップ」の記者発表にて「がんにかかっている人も大事だが、ならんようにしたらもっといい。予防に力を入れる曲がり角。わしはそこに力を入れたい」と予防医療を進める考えを示しました!!!

★さて、時代は変わって乳癌の治療にも最先端の技術が取り入れられています!!!

★一部の病院ではドーム型のベッドに横になった状態で画像検査を行い、癌細胞が見つかったらその場で超音波を照射して焼くという治療法が行われるようになりました!!!

★従来のように手術・抗がん剤・放射線という3大療法の時代から活性化リンパ移入療法という時代を経て、今超音波でB焼くという時代になったのです!!!

★確かに便利になったこの超音波療法ですが、9月18日に名古屋河村市長が凍結を表明した「陽子線治療」と同様できた原因までは治巣ことはできず再発を繰り返すことになるのです!!!

★その割に費用は超音波療法で1回150万~180万円で大きさは2cmまでで、陽子線治療は1回300万円と保険も効かず高額である!!!

★どんな病気にも必ず原因はあるものです!!!

★医者に余命半年といわれても10年も20年も元気で生きている人もたくさんおります!!!

★あわてず確かな方法を選択することです!!!

★確かな方法とは、病気にならない生活を維持することです!!!

★具体的には、血液が汚れやすい肉、魚、卵、牛乳、砂糖などはできるだけ食べない様にすることです!!!

★また発病の陰には必ず過剰なストレスが関わっています!!!

★そのストレスで全身の筋群は硬直し、血管や神経やリンパ管までが圧迫されています!!!

★そのため、全身の骨格にもストレスがかかり、全身が歪みます!!!

★歪んだ骨格がさらに大血管や大神経やリンパ節や胸管など大リンパ管を圧迫します!!!

★この様な状態で新陳代謝が狂い病変組織がつくられ、病変組織を除去するために免疫反応として病状が出てくるのす!!!

★従って、免疫抑制剤で病状を止めることは除去反応を止めることにもなるのです!!!

★除去反応がとまると病状が消えるなど位置的に楽にはなりますが、病変組織は除去されず滞留するようになります!!!

★その結果、新たな病変組織がつくられます!!!

★これが癌では、耐性癌とよばれ敬遠されています!!!

★偶然できる病気など存在しません!!!

★どんな病気にも必ずストレスが関わっているのです!!!

★従って、できた病気にばかり気をとらわれるのではなく、根本的な対応を選択するべきなのです!!!

★名古屋河村市長の先見性に期待したいものです!!!

★西洋医学の治療に疑問を感じ、安全なだお鯛医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!!!

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

+++++ 新着情報 +++++
■治せない病院は崩壊する!!!

■治せない医者は苦労する!!!

■病気を原因から対応し、患者を減らせば楽しくなるはず!!!

■本当の医者はそう思うはず!!!

■しかし、実際、理想的な医者はほとんどいない!!!

■医療の中には、病気は治らないものとする悪い習慣がある!!!

■明治以降続いた伝統ある対症療法では薬の副作用で長くかかわるほど病状は複雑になり、薬の数も増える!!!

■医者が熱心に対症療法を行いと製薬会社が努力せずに儲かる!!!

■新たな病状を抑えるために次々と薬が盛られていくばかりである!!!

■この仕組みを「薬事行政」といい、薬を売って医療経済を高めることが目的で、患者を減らすことが目的ではない!!!

■政権が変わった現在、矛盾だらけの医療にメスを入れ、治せる医者をほめたたえ、治せない医者をリストラする程度の成果主義の市場原理を導入し、患者を半減する様な判断を下してほしいものです!!!

*************************

「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」
(担当常任理事:中川俊男氏)

 日本医師会は、財政制度等審議会の「病院勤務医の厳しい勤務環境およびそれを背景とした医師の病院離れ(開業医志向)」があるとの指摘等を受け、「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」を実施した。

病院勤務医が過重労働を主な理由として開業を志向しているのか、また開業医が病院勤務医に比べて時間的・精神的・経済的に恵まれていると言えるのかについて、実態の把握を目的としたもの。

調査期間は2009年7月28日-8月28日、有効回答数は1984(診療所1861、病院123)。

 回答結果のうち、開業動機については「自らの理想の医療を追求するため」が42.4%で最も多く、次いで「勤務医または研究者としての将来に限界を感じた」が35.1%、「経営も含めてやり甲斐を感じた」26.3%、「精神的ストレスに疲弊」21.0%、「過重労働に疲弊」18.6%、「家族の事情」が17.7%だった。診療日数については、全体の平均では無床診療所(n=1622)は4.95日、有床診療所(n=212)では5.25日。

なお、年齢が50歳代以下の回答者では、無床診療所は5.03-5.07日、有床診療所5.29-5.75日だった。

中川氏は、「開業医は通常の診療に加えて、夜間診療や往診、地域医療活動も行っている」と指摘した。

 開業後の業務負担の変化について、労働時間が「過重になった」とする回答は41.6%。

「同じくらい」は17.5% 、「軽減した」は35.6%だった。また、精神的ストレスについては54.4%が「強くなった」と回答し、「同じくらい」は17.8% 、「軽減した」は22.2%だった。

なお、勤務医時代より開業後に負担が増した業務の内訳としては、診療面ではレセプトの作成・チェック(52.2%)、自身の医療水準維持(49.5%)、レセプト以外の書類作成(38.3%)、管理面ではスタッフの採用(65.1%)、機器等のメンテナンス(48.5%)、スタッフの教育・育成(48.3%)が上がった。

 開業後の達成感・満足度について、診療における達成感は「高い」が48.1%、業務全般については53.3%とおおむね半数程度だった。

一方、自身の医療水準への満足度は「高い」は24.0%に留まり、「低い」の38.6%を下回った。

また、自身の今後への不安について、経営全般に対しては「不安」とする回答が66.5%だった。「休業時の収入確保」については83.1%、「引退後の収入確保」については72.8%が「不安」と回答した。

経営状態については、診療所の56.9%が「患者数が減少した」とし、また院長給与も個人診療所の57.8%、医療法人診療所の47.9%が「減少した」と回答している。

 中川氏は、「回答結果や自由記述欄から、開業医が勤務医にはない経営責任を負い、過重労働、精神的ストレスにさいなまれており、経営状態の悪化がこれに追い討ちをかけていることが明らかになった」と指摘。

また自身の医療水準への満足度において「低い」が「高い」を上回ったことを問題視し、開業医が研修に参加する際のバックアップ体制も含めた環境づくりの必要性を強調した。

日医生涯教育制度実施要綱の改正:認定証に3年の有効期限表記
(担当常任理事:飯沼雅朗氏)

 日本医師会は、生涯教育制度実施要綱の改正を行った。新制度は来年4月から実施される。

 会見の冒頭、飯沼氏は朝日新聞の記事『開業医の認定制、医師会が来春導入 3年更新で質底上げ』(2009/09/27)について、「誤解を招く表現。不審に思った会員も多いのでは。

日医が開業の可否を認定することはないし、また同制度は開業医のみではなく、医師全体を対象とした制度。正確な報道を心がけてほしい」とコメントした。

 改訂後の制度では、生涯教育カリキュラム<2009>のうち30単位以上かつ30カリキュラムコード以上の取得者に認定書が発行される。認定書には3年間の有効期限が表記される。

なお、従来1年毎に発行していた修了書は発行せず、代わりに単位取得証を発行する。

更新の期間を3年間、必要取得カリキュラムコードを30とした理由として、飯沼氏は「自分で選択して学習する量として妥当かと考えられるため」と説明した。

 単位は(1)日本医師会雑誌を利用した回答(アセスメント付)、(2)日本医師会e-ラーニング、(3)講習会・講演会・ワークショップ・学会等、(4)医師国家試験問題作成、(5)臨床実習・臨床研修生度における指導、(6)体験学習(共同診療、病理解剖見学、手術見学等の病診・診診連携の中での学習)、(7)医学学術論文・医学著書の執筆、に対し付与される。

カリキュラムコードは全84種(専門職としての使命感、医療制度と法律、発熱、急性中毒、外傷、腰痛、気分の障害(うつ)、糖尿病、終末期ケアなど)から選択する。

 なお、制度変更に伴う暫定措置として、2009年度の修了証(2010年10月1日付)を発行した医師全員に認定書(2010年12月1日付、有効期限2013年11月30日)が発行される。

+++++ 原因を知れば予防ができる +++++
■予防をできるということは原因を理解しているから可能となる!!
■その点、医師の研修内容に問題があるし、患者が本当に必要としている治療法は原因から改善する方法である!!!

■発病の原理やその背景に潜むストレスにどのように対応するかで医者の能力が決まることになる!!!

■しかし、各科ごとに分かれての対応ではそれも満足に学習できない状態である!!!

■古い常識やしがらみを断ち切り、焼くに立つ新たな医学を求めたいものである!!!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::予防医学で救われる!!!


   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。