大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★タミフルの弊害とリレンザの副作用!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★タミフルの弊害とリレンザの副作用!!!

★予防目的では飲まないでWHO!!!

★ WHOがタミフルで新指針!!!

2009年9月28日 提供:共同通信社


+++++ 新着儒お法 +++++

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は25日、新型インフルエンザの主力治療薬であるタミフルなど抗ウイルス剤の処方について「予防目的での使用はWHOとして推奨しない」とする新たな見解を発表した。予防的な使用がタミフルなどに対する耐性のあるウイルスを発生させる危険性が高いためと説明している。

 新型インフルエンザはワクチン普及が遅れているため、タミフルなどの抗ウイルス剤の早期処方が最も有効とされている。日本を含む多くの国で予防的に服用している人は多いとみられ、今後、抗ウイルス剤の処方方針について医療現場などに影響もありそうだ。

 WHOは「症状が出た後の早期の処方は重症化のリスクを減らす」と指摘。

 しかし(1)免疫力が低下し、タミフルを投与されても体内のウイルス活動が収まらない(2)他のインフルエンザ患者に接触した後、タミフルを服用しても症状が重くなる-といった状況の場合、耐性ウイルスが発生している可能性が高いとした。

 既にタミフルを予防服用した患者には、別の抗ウイルス剤であるリレンザの服用を推奨している。

++++++  一言 言いたい ++++++
■耐性ウイルスの正体について

■抗がん剤の場合でも同様であるが、化学薬品で効果が亡くなると耐性がんと呼ぶ!!!

■ういるの場合も同様薬が効かなくなると耐性ウイルスといわれる!!!

■しかし、世の中にもともとそんな癌やウイル歯存在していない!!!

■問題は、過剰なストレスが働き交感神経にスイッチが入りっぱなしの状態の時に耐性癌や耐性ウイルスが発生するのだ!!!

■その原理を明かす!!!

■つまり、過剰な交感神経作用が働くときには、例外なくエネルギーを消耗し続けている!!!

■この状態が続くことで体液が強酸性へと進む!!!

■このためマクロファージやリンパ球の反応が鈍くなる!!!

■さらに、過剰なストレスは全身の筋群を硬直させる!!!

■そのため全身の血管や神経やリンパ管までもが圧迫さ
れる!!!

■さらに過剰なストレスがかかると骨格が歪む!!!

■血管が圧迫されると新陳代謝が悪くな李病変組織がつくられる!!!

■神経が圧迫されると激痛が出る!!!!

■リンパ管が圧迫されると老廃物を処理できずウイルスが発生しやすい環境ができる!!!

■このような状態の時、薬は何の役にも立たない!!!

■風邪薬も痛み止めのステロイドでもモルヒネでも効かない!!!

■循環が悪く薬の成分が患部に届かなくなるからである!!!

■WHOでさえこの事実は知らない!!!

■なぜならば世界中の医者が一人も研究していなかったからである!!!

■したがって耐性の原理から、薬に依存せず、根本的なことから体質を改善することが賢明な判断ということになる!!!

■実際、そのような状況から化学薬品を離脱することで様々な難病が克服できた例もある!!!

■その様な事例が少ないのは、現場で働く医療従事者が真因について理解できていないからである!!!

■医者選びも寿命のうちなどと医者に命を預けるなとはこのようなことからでもわかるはず!!!

■医者は万能ではないし薬も万能ではないのだ!!!

■多くの医者は身体の一部のことしか解ろうととしていないからである!!!

■またどんな病状でも薬で抑えようとして免疫抑制剤を余分に投与する!!!

■細かく選門を縦割りにして学習してきた弊害である!!!

■ゆえに耐性の状態は末期状態と判断され、さらに薬漬けにされ致死量が入り、死に至るのである!!!

■ウイルスが全滅される前に患者が殺されるのだ!!!

■ゆえに今回WHOがタミフルを予防目的に服用しては、弊害ばかりなのでいけないと勧告したのである!

+++++ タミフルの副作用 +++++
■タミフルの副作用!!!
■重大な副作用:ショック、アナフイラキシー様症状(薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること)肝炎、肝機能障害、中毒性表皮壊死症、急性腎不全、白血球減少、血小板減少、
■その他の副作用:腹痛、下痢、嘔気、腹部膨満、便異常、口内炎、頭痛、傾眠、不眠症、めまい、AST,ALT,AI-P上昇、好酸球増多、血中ブドウ糖増加、淡泊尿陽性、背部痛(今日の治療薬)
■ショック、アナフイラキシー様症状(薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること) ジンマ疹、顔面,喉頭浮腫、呼吸困難、動悸、血圧低下、肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、AST,ALT,γ―ALT,AI-Pの著しい上昇、皮膚粘膜症候群、中毒性表皮壊死症、急性腎不全、白血球減少、血小板減少、意識障害、異常行動、せん妄、幻覚、妄想、痙攣、出血性大腸炎、消化性潰瘍、血便、血性下痢、発疹、紅斑、そう痒感、皮下出血、口唇炎、口内炎、血便、メレナ、嘔吐、消化性潰瘍、腹痛、下痢、嘔気、嘔吐、腹部膨満、便異常、口内不快感、食欲不振、興奮、振戦、しびれ、嗜眠、頭痛、傾眠、不眠症、めまい、上室性頻脈、心室性期外収縮、心電図異常、動機、γ-GTP上昇、血尿、淡泊尿陽性、好酸球増加、気管支炎、咳嗽、視野障害、霧視、複視、眼痛、軟便、鼻出血、嘔血、
その他:疲労、発熱、低体温、浮腫、血中ブドウ糖増加、背部痛、胸痛(治療薬)

※感染症より副作用の方が怖いことが分かる!

+++++ リレンザの副作用 +++++
■リレンザの副作用!!!
■リレンザ:抗ウイルス薬、抗インフルエンザウイルス薬

■重大な副作用:アナフイラキシー様症状、気管支攣縮、呼吸困難。
※アナフイラキシー様症状とは:薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること
■その他の副作用:下痢、嗄声などとある(今日の治療薬)

■重大な副作用:アナフイラキシー様症状、気管支攣縮、呼吸困難。
※アナフイラキシー様症状とは:薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること
■その他の副作用:下痢、嗄声(今日の治療薬)
アナフイラキシー様症状、口腔咽頭浮腫、気管支攣縮、呼吸困難、過敏症、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、頭痛、手指のしびれ、不眠症、下痢、咽喉乾燥、口渇、口内炎、舌荒れ、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、嗄声、咽喉刺激感、鼻道刺激感、喘鳴、鼻出血、鼻漏、痰、耳鳴り、嗅覚障害、動機、発汗、発熱、頸部痛、背部痛、失神、視力障害、喘息、気道出血、味覚障害、うつ状態、激越(治療薬)

※リレンザでも失神や呼吸困難という危険な副作用が出ることもあるということである!!!

※リレンザでも絶対安心ということではないのだ!!!

※ゆえに日ごろから正しい予防法を身につけることが重要なのである!!!

■西洋医学の治療に矛盾を感じ安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード