大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★地域医療再生は無駄使い!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★地域医療再生は無駄使い!!!

★東日本税理士法人代表・長隆氏は断言した!!

++++++++

★9月18日午後公立病院は予防医学をやればいい!!!

★河村名古屋市長は断言した!!!

★20年後のことを考え陽子線治療は凍結すると!!!

★命中率は良くても原因は残るからだ!!!

★1回300万円もかけて再発覚悟で何%の市民が利用できるか疑問であるという!!!

★河村市長は勇断した!!

★これからの公的医療は病気にならないように予防医学が大切だと!!!

★したがって新しい施設には市民が参加する「健康増進支援施設」を作る計画があると!!!

★20年先を考えた政策である!!!

★これが実現すれば、病人が半減し、医療費も半減する!!!

★当然市民は負担が少なく健康で幸福になる!!!

★これが本当の政治家のい判断である!!!

★いいことは早くやれと、次は大阪の橋本知事にお願いしたい!!!

+++++ 新着情報 ++++

地域医療再生は無駄使いである!!

地域医療再生基金は壮大な“無駄遣いコンテスト”-東日本税理士法人代表・長隆氏に聞く

基金の凍結か、審議過程の全面的オープンなどの対応が必要

2009年9月25日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)

 「地域医療再生基金は壮大な“無駄遣いコンテスト”」。

こう指摘するのは、東日本税理士法人代表(公認会計士)であり、総務省の公立病院改革懇談会座長として、「公立病院改革ガイドライン」の取りまとめに当たった長隆氏。


 地域医療再生基金は、救急医療の確保や地域の医師確保などといった地域医療の問題解決のための再生計画を都道府県が作成、その財政的支援を行うために創設された。

計画の対象地域は2次医療圏が基本で、計画期間は5年といった条件がある。

2009年度の厚労省の補正予算で計上され、総額は3100億円。一地域当たり、100億円(最大10カ所)、もしくは30億円を上限に支給する。


 2009年度補正予算の一部凍結を打ち出す民主党。

その候補の一つである地域医療再生基金の扱いが注目される中、長氏に同基金に対する考えなどを聞いた(2009年9月24日にインタビュー)。


--------------------------------------------------------------------------------

「地域医療再生基金は、再生計画の選考過程も不透明」を問題提起する長隆氏。


 ――「地域医療再生基金は税金の無駄遣い」などと問題視されていますが、その理由をお教えください(再生基金の概要は、厚労省のホームページを参照)。

 幾つかの理由があるのですが、
(1)計画募集から提出までの期間が短い、
(2)計画策定に当たって、県の医療審議会、医療対策協議会等を   通すとしている、
(3)補正予算で実施、といった点が挙げられます。

 ――(1)ですが、厚労省から都道府県に通知されたのは6月5日、都道府県から厚労省への計画提出の締め切りは10月16日です。

 例えば、私が知るある市では、4つの基幹病院を2つに再編統合する計画をまとめています。

都道府県はこれを100億円の再生計画として提出すると聞いています。

しかし、実際には4病院の間で具体的な話し合いが進んでいるわけではない上、再編の中心となる市立病院は、他の病院と比べて経営状況が悪い状況にあり、この計画が実現するとは思えません。

9月の定例市議会の議案として提出されたとも聞いていません。

 また、この地域医療再生計画は本来、“ハコモノ”を作るといった話ではなく、2次医療圏単位で、医師確保のための仕組みの構築・運営などのためにお金を出すものです。

しかし、こうした体制を作るには相応の時間がかかるため、結局は計画策定までに時間がなく、“ハコモノ”計画が多く、まっとうな計画はほとんど上がっていないのが現状ではないでしょうか。

 もっとも、公立病院については総務省の「公立病院改革ガイドライン」に基づき、改革が進められていますが、こちらも上がってきている計画を見ると数字合わせのケースが大半です。

こうした現状で、地方自治体が短期間に計画を作れるとも思えません。

過去、そして今回の一連の経緯を見るにつけ、私は、地域医療の崩壊の原因は、地方自治体にあると考えています。

 ――医療審議会を通すことを問題視している理由は。

 都道府県の医療審議会の会長は、その多くが都道府県医師会の役員です。

各地域から都道府県に対しては、いろいろな相談、計画が上がっているでしょうが、都道府県が医師会の意向を無視して計画を絞り込むことは難しいでしょう。

中には、千葉県のように、当初から各2次医療圏からの要望提出を控えるよう求めているケースもあります(東日本税理士法人グループの医療経営財務協会のホームページを参照)。

厚労省の通知では、「管内のすべての2次医療圏における中核的な医療機関の意見を聴いた上で、地域医療再生計画において対象とする地域を選定」としており、これに反しています。

 それ以外の都道府県でも、各地域からどんな計画がどのくらい上がっており、いかなる過程で国に提出する計画を絞り込んだのか、その過程はほとんど明らかではありません。

 今回の再生計画は2次医療圏単位ですが、全国で348ある医療圏のうち、交付対象は限られます(100億円10カ所、30億円70カ所との試算では80カ所)。

地域医療の再生のために、何らかの補助金を付ける必要があるのであれば、より多くの医療圏、あるいは全医療圏を対象にする必要があるのではないでしょうか。

また地域医療の再生という国の重要課題を補正予算で対応したのは、自民党の選挙対策。

予算化するのであれば、本来なら、補正予算ではなく、当初予算で計上すべきです。

もっとも、こうした予算が必要かは疑問が残るところです。

 ――では地域医療再生計画は、すべて凍結すべきだというお考えでしょうか。

財政支援すべき再生計画が出てくる可能性はないのでしょうか。

 全国から数多くの再生計画が出てくることでしょう。全国から出てきた再生計画は、「有識者による協議会」で審議し、基金の対象を決定することになっています。

当初の予定通り10月16日までに再生計画を提出してもらい、すべてをオープンにする形で審議するという方法もあります。

有識者による協議会のメンバーはまだ明らかになっていませんが、審議過程を国民にすべてオープンにすれば、いい加減な再生計画を出している都道府県がいかに多いかが、分かるのではないでしょうか。

 ――その審議過程を明らかにすることで、都道府県の医療への取り組み姿勢を把握できるということですか。

 はい。審議の結果、結果的に公布対象がほとんどない、あるいはゼロという事態も想定されます。

 ――先ほど、「こうした予算が必要かは疑問」とおっしゃいましたが、地域医療再生のために特別な予算は必要ないということですか。

 ほとんどメディアに取り上げられておらず、あまり知られていないのですが、総務省は2008年12月26日に、「公立病院に関する財政措置の改正要綱」を出しています(総務省のホームページを参照)。

公立病院には平均で年間約7億円、957病院あるので、総額約6700億円の財政支援措置が行われています。

 今回の改正により、2009年度から、公立病院と同等の医療機能を有する病院も、財政措置の対象になります。

これを有効に使えば、公立か否かなど経営形態を問わず、地域に必要な病院の再編・充実が可能なはずです。

また、よく「救急医療は不採算」と言われますが、交付税措置がなくても、診療報酬のみで成り立っている病院もあります。

 民主党は、社会保険病院、厚生年金病院の整理合理化を撤回するそうですが、確かにこれらの病院には経営状況がいい病院が少なくありません。

民主党には、公立病院の改革も含め、総合的な観点から、地域医療再生のあり方を検討していただきたいと考えています。

+++++++ 一言 言いたい ++++++
■こんな医療に誰がした!!!

■長期化した自民党政治が医師会と癒着し「薬事行政」を助成し「対症療法」だけを医療とした殻に他ならない!!!

■製薬会社のオーナーも社員も薬を信用していない!!!

■多くの医者も薬を信用していない!!!

■実際に医者の家族にはくすりを飲ませようとしない!!!

■多くの政治家も同様だ!!!

■国際的にみて薬ずけにされておとなしくしている国民は日本だけ!!!

■新型用のワクチンは死んだ鳥に菌を繁殖させてつくる!!!

■一度感染させれば二度と感染しないという!!!

■それならばなぜ毎年季節性のインフルエンザが流行するのか!!!

■それも毎年熱心に予防接種を受けているにもかかわらずである!!!

■頭を冷やせばわかるはず!!!

■季節性のインフルは毎年同じ人が感染しているのはどう説明するのか!!!

■みんな自民党の時代につくられた「薬事行政」が原因である!

■近年、日本でも医療過誤で訴訟問題が急増している!!!

■その結果病院側が敗訴するケースが多くなっている!!!

■その原因は、薬の副作用が調べ安くなった方である!!!

■その結果、タミフルもリレンザも同様の副作用がある!!!

■しかし、日本の多くの医者はまだタミフルもリレンザもインフルに効果があるなどとうそを言う!!!

■これが[薬事行政」の特徴である!!!

■しかし、アメリカ大手のファイザー製薬は薬の課題広告で勝ってないほどの罰金をしはらった!

■そんなことから従業員を10000人解雇した!!!

■その翌年に600人もの開発部の人間を解雇している!!!

■事実上薬の開発から手を引いているのである!!!

■戦後このようなことは無かったことである!!!

■薬事行政はどんどん新薬を開発せよという時代の考え方!!!!

■これからは自己免疫力で予防し回復する時代!!!

■NHKも正しい情報を学び流すようにならなければ国民を欺くことになる!!!

■薬は毒である!!!

■ジェンナーの時代と現代は環境も異なる!!!

■薬だけで治る時代ではないのだ!!!

■よって生活習慣を見直し、自己免疫を高めることが重要なのである!!!

■9割の病気は医師やがいなくても治る!!!

■残りの1割は優秀な医者がいても治せない!!!

■しかし、どの病気にも原因があり予防はできる!!!

■したがって病状を抑えるだけの薬事行政から病気にならない予防行政へと進化することが重要である!!!

■医療の実態や予防医学に関して学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!!!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!
一億総半病人、高血圧の薬代で十一兆円
        こんな日本に誰がした!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード