大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★食べ過ぎでもメタボ知らず?

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★食べ過ぎでもメタボ知らず?

★ファトスタチンが、細胞内で炭水化物から脂肪への変換を制御するたんぱく質を活性化させないよう抑える役割を果たしていることが分かった。

★=脂肪合成妨げる物質発見-京大など

 細胞内での脂肪合成を妨害する化合物を、京都大と東京大などの研究チームが28日までに発見し、米科学誌に発表した。

マウスを使った実験では、過食による肥満や脂肪肝が抑えられたといい、メタボリックシンドロームの研究や、治療薬の開発に役立つと期待される。


 京都大の上杉志成教授らの研究チームは、培養細胞内で脂肪の蓄積を妨げる物質として、以前発見したファトスタチンと呼ばれる化合物の働きを詳しく分析。

ファトスタチンが、細胞内で炭水化物から脂肪への変換を制御するたんぱく質を活性化させないよう抑える役割を果たしていることが分かった。(2009/08/28-21:22)


■ヒトの脂質異常症患者や健康なボランティアを対象にした小規模試験においてもメバスタチンの有効性が示され、1979年に日本国内での臨床試験が開始された。

■しかし、長期高濃度投与実験を行っていたイヌで副作用が発生したことを受け、臨床試験は1年余りで中止となった[1]

■。一方、メバスタチンの効果に関心を寄せていたアメリカの大手製薬企業・メルク社は、遠藤からサンプルやデータの提供を受けながら独自に研究開発を進めた結果、コウジカビの一種 (Aspergillus terreus) から新たなスタチンであるロバスタチンを分離することに成功した[1]。


その後の臨床試験で、ロバスタチンは安全性が比較的高く、メバスタチンと同程度のコレステロール低下作用を持つことが示された[5]。

1987年、アメリカ食品医薬品局(FDA)から医薬品としての認可を受け、ロバスタチンは製品化された最初のスタチンとなった[6

+++++++++ 一言言いたい ++++++
■ファトスタチンの発見により、新薬が開発され、薬で健康になりたいと思う人が間違いなく服用することになる!

■しかし、メバスタチンの発見からもわかるように、新薬でも薬には必ず副作用があることを知るべきである!

■患者は新しい情報に踊らされているのだ!


■コレステロールの代謝・作用機序を解明したアメリカのマイケル・ブラウンとジョーゼフ・ゴールドスタインの2名に、1985年度のノーベル生理学・医学賞が贈られていることは周知の通り!

■共同研究で遠藤もまた「スタチンの発見と開発」における一連の業績により、2006年の日本国際賞、さらに2008年には「アメリカのノーベル医学生理学賞」とも言われるラスカー賞(臨床医学研究部門)を受賞している!

■高コレステロール血症は(心血管障害・脳血管障害を導く)動脈硬化症の主要なリスク要因の一つと考えられている[7]。

■スタチンの発見は、高コレステロール血症と関連疾患の予防、および基礎研究に多大な進歩をもたらした。

■スタチンの副作用!

■スタチンの投与によってみられる副作用には、腹痛・発疹・倦怠感などのほかに、重篤なものとして横紋筋融解症・ミオパシー・肝機能障害・血小板減少などがある。

■このうち横紋筋融解症は急激な腎障害を伴うことがあるため、投与時にはクレアチンキナーゼやミオグロビンなど筋原酵素の動態に注意を払う必要がある。

■また、脂質降下薬の一種であるフィブラート系薬剤とスタチンを併用すると、横紋筋融解症の発生リスクが高まることが知られており、これら2剤の併用は原則禁忌とされている。

■2001年にはセリバスタチンとゲムフィブロジル製剤を併用した症例で高頻度に横紋筋融解症が発生することが報告され、セリバスタチン製剤の自主回収が行われたのである!

■ゆえに賢い患者は、自分で学び安全な医療を求めて実践しているのである!

■薬で病気は治りません!

■どの薬にも必ず副作用はつきものです!

■新薬の開発に期待せず、自らの生活習慣改めることを優先するべきなのです!

■メタボの原因にもストレスは関わります!

■ストレスで大量にエネルギーヲ消耗するからです!

■消耗したエネルギーを取り戻そうとしてたくさん食べることになります!

■その結果、胃も腸もは肥大し、大量に食べる習慣ができるのです!

■しtがって、ストレス対策を行うことが重要なのです!

■つまり、血液の汚れと骨格の歪み、進行して組織の癒着に至ります!

■肥満の場合にも必ずこの問題があるのです!

■これらの問題を解決するためには、病院で薬を飲んで治そうとしても無理なことです!

■病気を治すためには、身体にため込んだ疲れを根本的に取り除くことです!

■疲れをとれば過食から解放されるからです!

■疲れをとることで、免疫力が復活し、さまざまな病気も消えてゆきます!

■疲れをとるには血液を浄化し、身体の歪みを早めにとり除くことです!

■健全な血液が全身を駆け巡ることですべての病気から解放され、人は健康になれるのです!

■西洋医学の対症療法に限界を感じ、安全で確かな代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

++++++予防医学セミナーのお知らせ+++++

★次回の予防医学セミナーは9月20日(日)午前10時より名古屋市東区のウイルあいちにて行います!

★西洋医学に限界や疑問を感じ、安全で実績のある代替療法をお探しの方はぜひご参加ください。


★お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

★TEL:052-801-7063 まで お気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:高血圧症、糖尿病、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。