大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★“医療崩壊”の真因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★“医療崩壊”の真因!

★どんな病気にも原因はある!

★日本の医療は明治以降西洋医学一遍倒であった!

★原因を軽視して対症療法を繰り返してきた!

★過剰なストレスを受けて発症しているが、医学的な対応はない!

★またどんな病気にも免疫の不調がかかわるが臨床には生かされていない!

★100年も前から伝承されてきた対症療法のみである!

★過剰なストレスは血液を汚し骨格を歪める!

★歪んだ骨格が血管や神経やリンパ管まで圧迫する!

★血管が圧迫されると血圧を上げて末端まで血液を届けようとする


★これを本態性高血圧症として生涯薬漬けにする!

★降圧剤は二通り使われ、利尿剤系の薬には再生不良性貧血という白血病を誘発する副作用がある!

★事実近年やたらと成人の白血病が目立つようになったのもこの薬が一因である!

★またもう一方の薬にはなんと脳内出血がある!

★日本人の三大疾病の一つに脳卒中があるがこの原因にも血圧降圧剤の副作用がかかわっていると考えられるのだ!

★このような見方で再確認すると三大疾病の一位である悪性新生物(がん)の発症原因にも同じことが言える!

■子供のころから常用してきた解熱鎮痛剤や免疫抑制剤がかかわっていると言えるからである!

★ちなみに二位の心臓疾患の原因は肉食を過食し血栓体質になりかつ、過剰なストレスのため鎖骨が歪み心臓から出た大血管が圧迫され心臓に逆流することで心疾患が発症している!

★三大疾病は日本人の死因の6割を占めている!

★そのおよそ半数以上に常用している化学薬品の副作用がかかわっていると考えられるのである!

★このような状態で同じ感覚の医者を増やすだけでいいのだろうか?

★対症療法のみの医者が医療不信をつくり患者がはなれて医療崩壊したのではないのか?

★総選挙後の日本はどうなるのだろうか?

+++++++新着情報を読む+++++++++

スペシャル企画

衆議院議員総選挙2009

自民、民主党ともに“医療崩壊”の本質を理解せず◆Vol.5

マニフェスト作成・実施に必要なのは、国民の英知を広く求める姿勢

2009年8月10日 原中勝征(茨城県医師会会長)

--------------------------------------------------------------------------------

 今度の総選挙に臨む各政党の医療・介護に対するマニフェスト読むと、文章的には大変似ていることを感じる。

裏を返せば、現在の「医療崩壊」を認め、国民の最も不安に感じている年金問題を含めた「国民の生活保障」が争点になっていると言える。

 自民党は7月30日、民主党(7月27日)より遅れてマニフェストを発表した。

「生活を支えるしくみのマイナスを改め、プラスへ」の項に

(1)70歳現役時代―生涯現役社会の実現へ 、

(2)老後の安心を支え続ける年金制度の充実強化へ

(3)医療・介護サービスを、もっと身近に。安心と満足が、全国どこでも受けられる健康長寿社会へ、という文字が記されている。

医師の増員も挙げている。

さらに、民主党と同様、大学病院、社会保険病院、厚生年金病院については地域医療における重要性を述べ存続すること、診療報酬は「骨太の方針」を凍結して増額改定すると述べているが、その目的は従来通り救急、産科および地域医療を確保するためとしている。

しかし、数字などの具体策が全く見えない。

 4年前の総選挙時の「自民党公約2005」、いわゆる小泉改革の120項目の4つの大きな柱として、「官のスリム化により少子高齢化の下でも、年金・医療など社会保障の充実を可能に」が掲げたが、実際には全く反対の政策を実行し、「消えた年金」、「医療崩壊」を生じさせた。

しかし、今回のマニフェストで、政府の最優先政策として位置づけられた社会保障費年2200億円削減をはじめ、医師増員、医療費の凍結や増額を掲げたのは、従来の自民党の政策と正反対になっている。

この方向転換は選挙対策のためか、従来の医療政策の間違いを認めたのか、説明がほしいものである。

 すなわち、このたびのマニフェスト合戦は、自民党政権が作ってきた社会保障や「医療崩壊」の修正案である。

ただし、政治家が官僚任せの結果であったことの反省が全く見られない。

一方、野党はすべて「後期高齢者医療制度」は年齢による人間差別として廃止を掲げており、廃止による国民保険への資金援助を盛り込んだことは大切なことである。

 次に、民主党のマニフェストの内容を見ると、党を挙げて議論されたとは思えない。医療の現状は複雑であり、現場の一部を強調しても医療は良くなるどころか、かえって混乱してしまう。

誤解に満ちた中央社会保険医療協議会(中医協)の改革案、地域医療が病院だけで持っているような内容や米国的なメディカルスクール案などである。

期待される民主党である。もっと広く深い知識で政策を作ってほしいものである。

 また、民主党はキャッチフレーズ「誰もが安心して暮らせる社会」の中で、年金について一元化して月額7万円を最低保障することと、社会保障費2200万円削減をしないことを明示している。

医療介護については、国民皆保険の堅持からすれば、7万円は現在の特別養護老人ホームの自己負担分に相当し、最低の生活保障かと思われる。

医学部定員を1.5倍にして医師数を先進国並みにすることと看護職員などの増員、介護職員の処遇改善を述べているが、この数がわが国に本当に必要な数なのか、医療費や現場検証を検証しつつ見直しが必要になると思われる。

 さらに主要政策のポイントを見ると、救急、産科、小児、外科、そしてへき地の医師不足の解消とその方策、地域医療崩壊を防ぐための医療費増額、医師派遣センターの設置、そして厚生年金・社会保険病院の地域医療に重要な病院として原則公的病院として存続、国民健康保険財政の地域格差の是正などが盛り込んである。

自民・公明党、そして民主党双方とも、これらは現在の問題点の指摘であり、地域医療の将来像が見られないことが残念である。

すなわち、地域医療の中核ともいえる診療所、中小・慢性期病院について一行も記されていないことは不安を感じる。

マニフェストにおける「地域医療」の意味は、急性期病院と同意語と感じられる。

地域医療は急性期病院だけでなく、慢性期病院、そして診療所すべての医療機関が連携して成り立つものであり、現在すべての医療機関が崩壊の危機に瀕していることへの配慮が見えない。

自民・公明党、民主党の双方とも、「医療崩壊」の本質を理解していないのではないかと思われてならない。

 そのほか、民主党は、医療費の包括化について述べているが、例外規定を設けることも今後必要だろう。

自民・公明党、民主党の大きな違いとして、医療費の財源が挙げられる。

将来は消費税を含めた国民の負担増は避けられないことは明らかだと思う。

しかし、現在国民の多くは、消えた年金、官僚の天下り、特別会計の存在、雇用法拡大による生活不安が解消されない限り、増税には否定的であると思われる。

今回の総選挙で期待されている政権交代の意味がここにあるとすれば、当面民主党が公約している、この困難な改革の実行を支持したいと思う。

 政権の担当経験のない民主党、さらに新人が多く入る新しい与党が誕生したとき、いくら立派なマニフェストを掲げようとも必ず壁に突き当たるに違いない。

そのときこそ国民の英知を求める姿勢が最も大切であり、政治が国民のものであることの原点に帰することが、国民から期待された政権交代であると評価されるであろう。

 最後に、他の政党のマニフェストを見ると、公明党は結党以来、生活重視を掲げている。

また、社民党はセフティーネットの中に具体的数値はないが医師・スタッフの増員、療養病床やリハビリの制限の中止などが入れている。

そして、共産党の主張は医師会の主張に近いと思われる。二大政党の流れの中で、党の存亡をかけて書いたマニフェストと思われた。

インデックス
衆議院議員総選挙2009

自民、民主党ともに“医療崩壊”の本質を理解せず◆Vol.52009/8/10
「これがマニフェストと言えるのか」、酷評相次ぐ◆Vol.42009/8/6
総医療費の増額、医療従事者の増員が最大の争点◆Vol.32009/8/5
「中福祉・中負担」目指す、自民党マニフェスト公表◆Vol.22009/8/1
「医師養成数1.5倍」を公約、民主党マニフェスト公表◆Vol.12009/7/28

++++++++一言いいたい++++++++
■民主党の政策では医者を現状の1,5倍にして欧米並みに医師数を増やして解消するというものである!

■しかし、欧米と日本では食べ物も違い同じ環境ではない!

■通常、欧米人は肉を主食にし野菜が少ない食事をしている!

■日本には世界的にも例がなく野菜が豊富である!

■これだけでも発症率が少なくなる!

■具体的には長野モデルである!

■長野県は日本で最も医療費が少なく、高齢者の就業率が高い!

■長野県は日本でも水や空気がきれいでおいしい野菜が豊富な県である!

■医者を増やす前に全国に長野モデルを浸透させるべきではなかろうか!

■今回の総選挙bではどちらが勝っても医療問題は解決しない様に思う!

■ゆえに賢い患者は自らの力で医療を選び自己免疫療法で克服する道を選ぶ!

■自己免疫療法について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは独自に開発した「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■次回の予防医学セミナーは9月20日(日)名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行います!

■お申し込みはshizen@nrt.ne.jp

■TEL:052-801-7063まで

■総合免疫療法は自然医学総合研究所の登録商標です!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード