大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★医療事故は止まらない!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療事故は止まらない!

一般医療ニュース

医院に5600万賠償命令 

胆道閉鎖症の乳児を誤診

2009年7月16日 提供:共同通信社

 肝硬変や肝不全の原因となる胆道閉鎖症を誤って感染性腸炎と診断したため、男児が生後7カ月で死亡したとして、富山市に住む両親が同市の「橋本医院」(橋本明久(はしもと・あきひさ)理事長)に約7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、富山地裁は15日、同医院の過失を認め、約5600万円の支払いを命じた。

 田辺浩典(たなべ・ひろのり)裁判長は判決理由で「胆道閉鎖症を疑い、採血検査などをする義務があった」と過失を指摘。

「早期に手術をすれば助かった可能性が高い」と述べ、誤診と死亡の因果関係を認めた。

 判決によると、男児は2004年9月に生まれ、11月に胆道閉鎖症特有の白色便があったため、橋本医院で受診。

理事長でもある橋本医師は、自然治癒が見込まれるウイルス性腸炎と診断した。

 しかし男児はその後も症状が改善せず、05年1月に富山市民病院で胆道閉鎖症と診断され、母親から生体肝移植を受けたが、同4月に肝不全で死亡した。

■胆道閉鎖症の盲点!

■胆道閉鎖症とは文字通り胆道が委縮し閉して胆汁の出が悪くなり、胆管や肝臓が腫れる病気です!

■しかし、この病気にも医学的な盲点が山積しています1

■この病気の盲点とは胆道がなぜ閉鎖するのかという原因を見落としていることです!

■なぜ胆道が閉鎖するのか、その原因は迷走神経という副交感神経の繊維が鎖骨の歪みによって圧迫されることにより拡張する信号を胆道管まで伝えることができず閉鎖するのです!

■ゆえに、手術や薬に依存する前に鎖骨の歪みを改善し予防することが重要なのです!

■しかし、患者の体をいくつにも分断して学ぶ科ごとの教育しか受けていない多くの医者にはこのような視点がなく理解で着ないのが現実です。

■胆道閉鎖症も他の病気と同様ストレスで汚れた血液が委縮した胆道でつまって現れてた病状です。

■つまり緊張した状態でストレスが過剰にかかり病気をつくっているのです!

■ゆえにストレス対策が重要なのです!

++++++++++病院閉鎖++++++++++

★山本病院が事実上閉院 

近く自己破産へ

2009年7月16日 提供:共同通信社

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」の診療報酬詐取事件で、理事長の山本文夫(やまもと・ふみお)容疑者(51)らが逮捕されたことを受けて閉鎖方針が決まっていた同病院は15日、最後の入院患者3人を送り出した。

病院職員は「県には休院の届けを出すが、事実上の閉院」としている。

 病院によると、雄山会は近く自己破産を申し立てる。

 山本病院は80床。病院によると、6日現在で約50人の入院患者がいたが、同日の理事会で「事件の影響を考えると病院経営は続けられない」として閉鎖が決定。

患者の転院を進めていた。6月21日の県警の家宅捜索以降、急患などを除き一般外来は休診していた。

 病院職員は「事件の影響が大きく、閉院はやむを得ない。職員一同まじめにやってきたが、病院ぐるみで不正を繰り返したような印象を与えた」と悔しさをにじませた。

 山本容疑者らは、生活保護受給者の入院患者に架空の心臓カテーテル手術をしたように装い、診療報酬約170万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕された。

++++++++++++++++++++
■水増し請求は当たり前!

■山本病院の閉院の原因は水増し請求である!

■しかし、これはほとんどすべての病院が行ってきたことです!

■問題は、それがばれて報道されたことです。

■このような問題を解決するためには、水増し請求をしなくても経営ができる仕組を構築することです!

■つまり、患者が求めている安全な医療を提供することや、医師の診療報酬を十分上げることです!

■患者は安全で治ればどんな医療でもいいです!

■欧米では統合医療が多歯やりです!

■文明の衝突から文明の融合へと時代が進む中で、医療の世界も統合の方向に進むべきです!

■大切なことは患者をいかに救うかという医療の原点に立った改革が必要だということです!

■また、西洋医学の治療に疑問があるとか他の安全な代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫学の専門医にもできない「総合免疫療法」を体験することができます!

■「総合免疫療法」とは自然医学総合研究所が開発した療法で、あらゆる角度から改善する健康法で自然医学総gろう研究所の登録商標です!

■この機会にぜひ一度体験してみてください!

■午後は相談会や体験会も行います!

■次回の予防医学セミナーは7月19日(日) 名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行います!

■自分の健康は自分で守ることです!

■申し込み先:052-801-7063


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー



++++++++++++++++++++++予防医学セミナー+++++++++++++++++++++++++

●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

        カナダの 血液学者   ガストネサンを訪ねて

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:鎖骨をほぐせば病気は治る! めまいの原因

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード