大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★「どうする社会保障・医療保険」!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★「どうする社会保障・医療保険」

★崩壊は避けられない!

★一般医療ニュース

課題山積、ネックは財源 高齢者医療や国保 「どうする社会保障 衆院選を前に」医療保険【2】

2009年7月15日 提供:共同通信社


 自民党の衆院選マニフェスト(政権公約)づくりをにらみ、若手議員が中心の「後期高齢者医療制度での75歳年齢区分の撤回を求める会」が9日、園田博之政調会長代理に要望書を提出した。

 昨年4月の後期医療制度のスタート直後から批判が噴出した75歳での年齢区分を改め、同制度を市町村運営の国民健康保険(国保)と統合し都道府県単位に再編する-。

こんな見直し案をマニフェストに明記するよう求めたが、園田氏は「参考にします」と答えただけだった。

 ▽寝た子を起こすな

 「求める会」の呼び掛け人には古賀誠選対委員長らも名を連ねるが、先月下旬の設立総会に出席した議員は十数人にとどまった。

 参加を見送った議員は「今更あんな会合を開かなくても」と渋い顔。党内の大勢は「後期医療制度への批判は収まりつつある」とみる。だから「衆院選前に寝た子を起こすな」というわけだ。

 自民、公明の与党は4月、制度見直しの基本方針をまとめている。

衆院選後の課題として(1)「後期高齢者」「終末期医療」の名称変更(2)健康保険組合などの加入者だった人は元の健康保険に継続加入-などを挙げた。

 一方で「求める会」が要望した年齢区分見直しについては「安定的な財源の確保と併せて検討を進める」と位置付け、消費税率引き上げが想定される2011年度以降に議論を先送りした。

 ▽何を優先するか

 与党の多くの議員が、後期医療制度の見直し以上に重視するのが、危機的状況にある国保財政の立て直しだ。

 国保はもともと自営業者向けの制度だが、退職した高齢者や所得が低い非正規労働者の加入増加に伴い、保険料未納が増えるなど収入が低迷。

07年度には市町村の国保財政は7割が赤字に陥った。低所得者が多い自治体への支援策が09年度末に期限切れとなるため、厚生労働省は支援策の延長を検討し始めた。

 さらに来年度は2年に1度の診療報酬改定の年。

医師らの技術料の「本体部分」と薬価の合計で「10年ぶりのプラス改定実現を」と日本医師会などが与党の背中を押す。

 02年度から4回連続のマイナス改定が「医師不足に象徴される医療崩壊を招いた」との指摘もある。

民主党の鳩山由紀夫代表は先の党首討論で「2割上がるくらいでないと厳しい」と強調した。

 今後も高齢化に伴い医療費は増え続ける。「どの課題も巨額の財源を必要とするのがネック。

何を優先して着手するべきか」。

厚労省幹部は思案投げ首だ。

※高齢化と医療費

 高齢化と医療費 国民医療費は、高齢化と医療技術の進歩により毎年3~4%増えていく。2006年度は約33兆円。

このうち70歳以上の医療費が約13兆円と4割を占めており、将来的には5割を超えると予測されている。

++++++++++++++++++++++++
■高齢者すなわち病人という構想が問題である!

■年齢をかさむことは必ずしも病人になることではないからだ!

■実際、中国のシルクロード沿に住んでいる方は100歳でも元気で働いている!

■大自然に恵まれた食生活と競争のない社会が健康長寿に貢献しているのである!

■必ずしも先進医療や高度医療が長寿を支えているわけではないのである!

■それ以上に助け合って生きてゆく村の文化が健康にはいいようである!

■人という文字は支えあうという意味から作られた文字である!

■今、日本は病人大国と化しています!

■それは、自然環境への関心が低いことや助け合う生き方を忘れたからではなかろうか?

■競争は決してあくではありませんがすぎるとライバル意識がつよくなり相手を敬う気持ちが無くなるからです!

■日本での犯罪は年々増加し,上半期で80万件以上あります!

■ストレスは血液を汚し骨格をゆがめ血管や神経やリンパ管までをも圧迫します!

■しかし、ストレスのない人はありませんので、いかにしてストレスを克服するかが大切なポイントとなります!

■ストレスを感じ自己コントロールが不能になることでうつ病にもなります!

■日ごろからストレス対策をしっかりと行っておきたいものです!

■この世には不妊症から赤ちゃんの発達傷害から奇形やてんかんや他の難病が数えきれなく存在していますが、病名は病状に付けられた名前にすぎません!

■病気とは呼んで字のごとく気の病のことです!

■気の病とは、これくらい無理をしても平気だとか、まだまだ頑張らなければという休むことができない気の過ちのことです!

■その様な生き方をしているうちに汚れた血液が体じゅうに滞留し、病変組織を作ります!

■また、過剰なストレスを受けているときは白血球の働きも鈍く汚れを除去できません!

■それがあらゆる病気の原因と深くかかわっているのです!

■西洋医学の治療に疑問があるとか他の安全な代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫学の専門医にもできない「総合免疫療法」を体験することができます!

■「総合免疫療法」とは自然医学総合研究所が開発した療法で、あらゆる角度から改善する健康法で自然医学総gろう研究所の登録商標です!

■この機会にぜひ一度体験してみてください!

■午後は相談会や体験会も行います!

■次回の予防医学セミナーは7月19日(日) 名古屋市東区のウイルあいちで午前10時より行います!

■自分の健康は自分で守ることです!

■申し込み先:052-801-7063


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


●7月19日(日)名古屋予防医学セミナー

  名古屋市東区 市政資料館前 ウイルあいちにて午前10時より行います。
                                        
        午後は相談会と体験会を行います              
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

        カナダの 血液学者   ガストネサンを訪ねて

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:鎖骨をほぐせば病気は治る! めまいの原因

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:shiro@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード