大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★右脳は左脳の 100 万倍記憶する!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★右脳は左脳の 100 万倍記憶する!

★1981 年、「大脳半球の機能分化に関する研究」でノーベル生理学・医学賞を受賞したカリフォルニア工科大学のロジャー・ウォルコット・スペリーはその様に報告している!


★死者の頭蓋骨を開いて脳を観察していた痕跡が、複数の古代遺跡で発掘されていたため、大脳が左右の対になっていることは古くから知られていました。


★ただし、手や足なども左右 1 組ずつあることから、左右の脳も相互補完するものと考えられていました。


★また、ほとんどの哺乳類は脳が左右の対になっていますが、猿は片方の脳を切除しても影響が少ないことからも、人間も同じであろう、と推測されていました。


★しかし、スペリーは 1960 年頃から、てんかん患者の分割脳の実験を行っており、左脳と右脳の働きを発見したのです。


★当時はてんかんの発作を抑えるために、手術で左脳と右脳を繋ぐ脳梁を切断することが多く、スペリーは患者に共通する反応に気付き、研究を始めていました。


★スペリー以降、左脳と右脳の研究が盛んに行われるようになり、それぞれの働きが解明されました。


★左脳の働き

右半身を制御し、右視野を認識する 一般に、論理・常識・言語を司る

普段、人間は左脳を使う

★右脳の働き
左半身を制御し、左視野を認識する

一般に、感性・独創性・大量の記憶を司る

左脳の 100 万倍の記憶能力があると言われるが、その潜在能力を発揮できている人間はほとんどいない

脳の働きは、職業によっても異なります。


将棋を指しているときの脳波を測定すると、普通の人は左脳が活発に働いているのに対し、5 段以上の棋士では右脳の活性化が認められる

イギリスの認知神経学者のエレノア・マグワイアが、ロンドンの 24000 もの道路の網の目から最短経路を割出すタクシー運転手 16 名の脳を調べたところ、海馬が通常よりも大きく、職歴が長いほどその神経細胞も多かった

ロンドンでは、地理の試験に合格しないとタクシー運転手の免許が更新されない


大脳の聴覚に関する領域の拡大が見られ、素人 < アマチュア < プロだった

左脳と右脳は、片方だけではなく両方をバランス良く使わなければなりません。


右脳の感性・独創性・大量の記憶を左脳の論理・常識に照らし合わせて、言語で説明する必要があるからです。


なお、左脳が右半身/右脳が左半身を支配しているため、左脳の機能が損なわれると右半身が思うように動かなくなったりします。


手や足に右利きと左利きがあるように、脳にも右利きと左利きがあり、右半身を制御するのは左脳なので、手や足が右利きであれば脳は左利きであることが多くなります。


現代人は左脳の方がやや大きく、手や足が右利きで脳が左利きの人が多いことと関連がある、とも言われています。

********* 現代人の脳 ************

■左脳教育に偏った日本の教育を受けると、左脳は発達して大きくなるが右脳は退化して小さくなります。

■現代人の多くは、左脳が大きく右脳が小さく大きさが異なっています!

■左脳の働きは  言語的 ・時間的・分積的・理性的・西洋思想です!
   
■右脳の働きは 非言語的 ・空間的・総合的・直感的・東洋思想です!

以上のように、それぞれの役割が異なっているのです!

■しかし、右脳は左脳の 100 万倍の記憶能力があると言われていますので左脳教育では、人間本来の力を発揮することが出来なくなります!

■人を人として教育するためには右脳教育も重視され、左脳と右脳のバランスのとれた教育が必要です!

■つまり、学校で左脳教育を行い、塾でもまた左脳教育をしているだけでは記憶力も限界になるということです!

■したがって、昔から、よく遊び、よく学びということが言われてきたのです!

■日本人は国際的に見ても平均的に努力家が多く優秀な民族です!

■それを支えているのは、左脳教育ではなく、安全な水や食べ物と東洋的思想だったのです!

■しかし、現在は、水も食べ物も危険なものに変わり、思想も西洋思想に感化されています!

■日本には資源がなく、日本人が繁栄するためには人的資源である能力を高めることが重要です!

■そのためにも、左脳教育に偏ることではなく、右脳教育も見直されなくてはなりません!

■子供の成長は、新生児から乳児、幼児、学童と成長してゆきます!

■つまり、新生児の時点ではまだ言語がなく他の動物と同じ状態です!

■3歳くらいまでには大人の70%くらいの言語能力が育ちます!

■ところが、「みつごの魂100まで」と言われてきたように、三歳児までの体験したことで障害が決まると言われてきたように、言語能力が育つ前に体験した記憶が障害に大きく影響を与えることになると言うことです!

■健全な心も才能も右脳に宿るのです!

■ところが鎖骨が歪むことで脳への循環が障害されてゆくのです!

■鎖骨の歪みは脳ばかりではなく、肺の循環にも影響しています!

■つまり、鎖骨が歪むことで呼吸が浅くなり、脳への循環も障害されるため、脳内で酸素が不足するのです!

■どれほど熱心に教育を続けても鎖骨の歪みが大きければ脳は不健全な状態になるのです!

■そのようなときに無理を強いると、病気になります!

■脳内の酸素の欠乏は究極てんかんを誘発します!

■したがって、てんかんの治療にも鎖骨の歪みを改善することは重要な要素となりますが、多くの医者は左脳に偏より、右脳が退化しているため、鎖骨の障害が理解できないのです!

■姿勢は健康の一部です!

■右脳は左脳の100万倍の記憶が出来る優れた機能を備えているのです!

■ゆえに、右脳を開発することでバランスの取れた「統合教育」が行われ、日本人の脳が活性化され、生かされるのです!

■そのためにも、鎖骨の障害を改善することは重大です!

■鎖骨の構造やほぐし方について詳しく学びたい方は予防医学セミナーへご参加ください!

■予防医学セミナーでは総合免疫療法初め、普段病院で聞くことが出来ない事実を学ぶことが出来ます!


自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                         
●6月7日(日)東京予防医学セミナー 東京都西五反田 五反田ゆうぽうと 5F はまゆう
         午前9時30分開場 10時開演 
               (会員:入会金1000円、年会費5000円)
               (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)
         午後相談会と体験会(有料) 
       
●6月14日〔日)滋賀予防医学セミナー 草津市西大路町9-6 草津まちづくりセンター3F 301号室

                        JR草津駅西口から琵琶湖方面に直進徒歩、約200m
         午前9時30分開場 10時開演
         午後相談会と体験会
 
         テーマ「病気を治す身体の仕組み」・・糖尿・高血圧・婦人病ほか

個別健康相談・血液動態画像分析の体験 事前予約要 有料\1,000

注)午後の参加は午前の講演会参加を前提とします。(血液動態画像分析込)

血液動態画像分析のみ場合は参加費 \500が必要です。相談会 午後 1:30~ 4:00

●6月21日〔日)名古屋セミナー 名古屋市東区 ウイルあいち  2F 特別会議室

          午前9時30分開場 10時開演
               (会員:入会金1000円、年会費5000円)
               (非会員:初回のみ無料、2回目以降1回毎に1000円)

          午後相談会と体験会(初めての方を対象:無料)


●午後:体験会及び技術指導(専門家養成講座対象)
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証を行ないます。
     2時30分より、3時までワンポイントレッスン

    技術指導 3時~4時30分
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    上級者対象に理論の説明を確かめます。4時30分~5時
    グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 風邪とはなにか!
   B:セラピスト  熱の下げ方!
   C:エキスパート 感染症の盲点!
   D:プロフェッショナル 高血圧症の原因について!
   

   5時より 「バンドストレッチ療法」②を行ないます。
    なお、ストレッチは長谷川インストラクターが行ないます。


               
   
 
 ◆テーマ:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法




**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。





*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード