大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★うつ病大国日本!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★うつ病大国日本!

★免疫を抑制し過ぎるとうつになる!

★日本の医療は戦後急速な勢いで発展してきた!

★しかし、その発展と医療成果は一致していない!

★医療とは、医術によって病気を治すことである!

★医者は医術によって病気を治す人のことである!

★今、日本には、医療を行う医者がいなくなったと思えるほど患者は増え続けている!

★治せない医者が多すぎるということである!

★医はみせかけで算術であるといわれるゆえんである!

★国民の二人に一人はがんになり、亡くなる人の3人に一人ががんで亡くなっている!

★また、糖尿病や高血圧症やアレルギーから先天性の疾患まで増えている!

★毎年30兆円以上の膨大な予算を費やしながら成果は少ない!

★むしろ、医療が発達し、早期発見、早期治療が行われるようになってから急激にがんで亡くなる人が増えている!

★アメリカでは「マクガバンリポート」が公開されて依頼、ほとんどの病気の原因は「生活習慣病」と認識され、食養などの見直しで患者が減少している!

★このレポートの存在すら知らない医者が日本には多すぎるようである!

★医療の現場で、食べ物について詳細に指導できる医者が皆無に等しいのである!

★一般人が知っていることを専門医が知らないのである!

★この異常な事態は、医師免許に更新制度がないからである!

★日本の医者も、安全性を高めるために、欧米並みに医師免許を更新していただきたいものである!

★うつ病の原因は精神だけではなく広範な物理的障害をともなっている!

★しかし、西洋医学では、視野の狭い「専門医制度」が引かれ、専門医にお任せとなるケースが少なくはない!

★心が安定して正常に働くためには、食べた物をしっかり消化吸収してエネルギーを産生できなければならない!

★エネルギーが慢性的に不足している状態で大きなストレスと関わることが体調を崩すことであり、不眠状態で我慢し過ぎてうつ病へと推移して行くからだ!

★従って、心療内科で薬漬けにされて治るはずがないのである!

★健全な精神は健全な体液に宿るのである!

★体液の酸化は精神も肉体も蝕んでゆくのである!

★ゆえに、賢い患者は生活習慣を見直し、健全な体液が流れやすいように体質を改善して成果をあげているのである!

~~~~~~~新着情報~~~~~~~~~
◆フルオキセチンに自殺行動のリスクがある。


USPSTFが十代の大うつ病のスクリーニングを勧告した
2009年5月1日 提供:Medscape

USPSTFの声明が、付随するエビデンスレビューに基づいて、正確な診断、心理療法、経過観察が可能な状況での思春期少年のMDDスクリーニングを勧告した

Laurie Barclay



【4月8日】思春期少年(12~18歳)に対しては、正確な診断、心理療法(認知行動療法または対人関係療法)、経過観察が実施できる環境が整っている場合には、大うつ病(MDD)のスクリーニング検査を行うべきであるという勧告声明を、米国予防医療専門委員会(USPSTF)が出した。

しかし、この声明では、7歳から11歳までの小児に対してMDDのスクリーニングを行うことのベネフィットと有害性のバランスを判断するには、現時点でエビデンスが不足しているとしている。

この声明は、小児および思春期少年のMDDに関するスクリーニングについての2002年USPSTF勧告を改訂したものであり、これに伴ったエビデンスの系統的レビューが『Pediatrics』3月号に発表されている。

「若年者のMDDは、長期にわたる重篤な病的状態と自殺リスクを伴う生活機能障害の病態である」とコロラド州公衆衛生環境局(デンバー)のNed Calonge, MD, MPHらUSPSTFのグループが記している。「しかし、抑うつを持つ若年者の大部分は、診断および治療から漏れている。」

7歳から18歳までの患者におけるスクリーニングのベネフィットと有害性、プライマリケアで実施可能なスクリーニング検査の精度、心理療法または薬物療法でうつ病を治療することのベネフィットとリスクに関する2002年以降のエビデンスをレビューすることで、USPSTFは小児および思春期少年のMDDのスクリーニングと治療のベネフィットと有害性を量った。

それぞれの勧告は以下の通りである。

正確な診断、心理療法(認知行動療法または対人関係療法)、経過観察が実施できる環境が整っている場合には、思春期少年(12~18歳)に対して大うつ病(MDD)のスクリーニング検査を行うべきである(勧告B)。


7歳から11歳までの小児については、スクリーニングのベネフィットと有害性のバランスを評価できるだけのエビデンスが不足しているので、MDDのスクリーニングを推奨する十分な根拠がない(声明I)。


思春期ではスクリーニング検査でMDDを正確に判定できるというエビデンスが十分にあるが、小児でのスクリーニング検査の精度に関するエビデンスは不十分である。

12歳から18歳までの思春期少年については、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)療法、心理療法、併用療法(SSRIと心理療法)とMDD症状の軽減が関連するというエビデンスが十分にある。

しかし、7歳から11歳の小児については、治療のベネフィットに関するエビデンスが不十分である。

SSRIのフルオキセチンで小児のMDD症状が軽減するとされているが、小児における心理療法のベネフィットおよび心理療法とSSRI併用のベネフィットに関するデータは限定されている。

検出と早期治療で考えられる有害性に関するエビデンスは、12歳から18歳までの思春期少年においては揃っており、自殺行動(自殺念慮、自殺準備行動、自殺企図)のリスクなどSSRIの有害性の可能性がある。

思春期少年におけるSSRIと心理療法の併用の有害性については限定的なエビデンスがあるが、スクリーニングと心理療法の有害性のエビデンスは不十分である。

こうした有害性はおそらく軽微だと考えられているので、この年齢層における心理療法の正味のベネフィットは中等度であることが、中等度の確実性でもって言える。

7歳から11歳の小児では、フルオキセチンに自殺行動のリスクがある。

この年齢層での心理療法の有害性、心理療法とSSRI併用の有害性、スクリーニング検査の有害性については限定的なエビデンスがある。

したがって、USPSTFは小児におけるスクリーニングと治療の有害性に関するエビデンスは全体として不十分であると結論した。

「思春期に発症するMDDには、自殺による死亡、自殺企図、若年成人になるまでの大うつ病再発のリスクが高く、(さらに)若齢での妊娠、学校活動の低下、若年成人での労働・社会・家庭における機能障害のリスクも高い」と、エビデンスの体系的レビューの共著者であるKaiser Permanente社の医療研究センターおよびオレゴン州エビデンスに基づく臨床センター(ポートランド)のSelvi B. Williams, MD, MPHが記している。

「プライマリケアにおけるマススクリーニングは、見逃されていた症例を発見するのに役立ち、治療開始が適切なうつ病の小児および思春期少年の割合が増えると思われる。また、疾患経過の早い段階で症例を発見することにも役立つ。」

今回の体系的レビューは、7歳から18歳までの小児および思春期少年のMDDに対するプライマリケアでの定型的なスクリーニングが健康に及ぼす影響を調べることが目的である。

レビュー担当者はMedline、Cochrane Central Registry of Controlled Trials、PsycINFO、Cochrane Database of Systematic Reviews、最近の体系的レビューを検索した。さらに、専門家の指導を受け、選別した研究の参考文献もレビューした。

研究採用の基準は、スクリーニングとSSRIないし心理療法による治療に関する優良ないし良好な質(USPSTFの基準による)を持つ比較対照試験、診断精度の試験、有害事象の報告がある大規模観察研究であることである。

それぞれの文献の質は、2名のレビュー担当者が評価した。患者のデータを抽出して、標準化したエビデンス表にまとめるのは1名のレビュー担当者が行い、2番目のレビュー担当者が重要要素についてチェックした。

これらの研究では、スクリーニングを受けた集団とスクリーニングを受けなかった集団の健康転帰に関するデータが呈示されていなかった。

一部のスクリーニング手法は思春期少年に対して良好な性能を持つと思われたが、診断的スクリーニング検査の精度に関する文献は少数しかなく、該当する研究には方法論上の問題があった。

SSRIや心理療法による治療の有効性に関する文献も少数しかなかったが、良好な質を持つランダム化比較対照試験がいくつかあった。

現時点までのデータによれば、SSRI、心理療法、その併用療法に有効性があることが、反応率の増加とうつ症状の解消によって支持されるが、すべてのSSRIが有効であるとは言えない。

SSRI治療には、自殺行動(自殺念慮、自殺準備行動、自殺企図)の絶対的リスクの小規模な亢進が伴うが、いずれの試験においても自殺完遂の例はなかった。

「現行の限定されたデータによれば、プライマリケアで実施可能なスクリーニングツールによって、思春期のうつ病を正確に検出でき、治療によってうつ病転帰を改善できると考えられる」とレビューの著者らは記している。

「(SSRIによる)若年者の治療には、自殺行動のリスクの小規模な増加を伴うので、賢明な臨床的監視が可能な場合にのみでしか考慮してはいけない。」

このレビューの限界としては、スクリーニングの健康転帰を直接評価した研究が欠けていること、いずれのスクリーニング手法もさまざまな状況での大規模患者群で研究されていないこと、観察研究の交絡が制御できていないこと、プールした結果の解釈には注意を要すること、小児期および思春期における気分変調・小うつ・その他の精神疾患のスクリーニングおよび治療を支持するエビデンスに対応していないことが挙げられる。

「小児のスクリーニングを記述したデータは不十分である」とレビューの著者らは結論で述べている。

「年齢が治療効果の修飾因子であることがデータで示されているので、小児の治療有効性に関してもあまり理解が進んでいない……個々の治療は、個々の患者の必要性と精神衛生治療ガイドラインに基づいて行うべきである。」

この文献レビューは医療研究品質局の支援を受けている。声明とレビュー著者らの開示情報に、関連する金銭的利害関係はない。

Pediatrics. 2009;123:e716-e735.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆安定剤や睡眠薬は麻薬と同じ魔法のくすりである!

◆原因を改善するものではなく、長期間服用することで体も心もさび付いてゆく!

◆一番軽いと言われている睡眠薬で無害だという医師の説明を信用し、長年のみ続けて全身の骨格に数え切れずがんができた患者もいる!

◆薬は毒である!

◆薬は時としてダイオキシン以上に有害である!

◆中でも抗精神薬は心を蝕む劇薬です!

◆抗精神病薬の副作用!

◆デジレル(ファイザー制約)

◆重大な副作用:
QT延長、心室性期外収縮、セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱、せん妄、麻痺性イレウス、無顆粒球症、持続性勃起、

◆その他の副作用:
低血圧、動悸、めまい、ふらつき、眠気、発疹、口渇、肝機能障害、倦怠感、ほてりなどとあり、抗精神薬のレスリンにも同様の副作用があることが知られている。

◆パキシル:抗うつ剤
抗うつ剤「パキシル」(一般名・塩酸パロキセチン水和物)の副作用が疑われる自殺者が05、06年度と2年連続で2ケタに増えたことが厚生労働省などの調べで分かった。

パキシルはうつ病やパニック障害などに有効だが、若い人を中心に自殺行動を高めるケースがあり、添付文書にはすでに警告や注意が明記されている。

厚労省は医療関係者に「患者の状態の変化をよく観察し、薬の減量など適切な処置を」と呼びかけている。

 パキシルは世界で発売され、国内では00年11月から販売。製造・販売元の製薬会社「グラクソ・スミスクライン」によると、推計売り上げは01年は約120億円で、年々増え06年は約560億円。

推定物流ベースでは抗うつ剤全体の約25%を占め人気が高いとい。

一方、厚労省の患者調査では、うつ病などの気分障害も増加傾向で、96年の43万3000人に対し、05年は倍以上の92万4000人に上っている。


◆ゆえに薬に依存することは生涯を見捨てることにもなります!


◆薬に依存する前に、生活習慣を見直すことで気質や体質を改善することが重要なのです。

◆特に鎖骨の障害は胸部、頭部の循環障害の原因となるため大きな影響があります。

◆西洋医学に限界を感じ、体質を変えたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

◆予防医学セミナーでは、免疫の専門医にも出来ない「総合免疫療法」を体験できます!

◆詳しくはお問い合わせください!

◆Email:kenko@nrt.ne.jp
◆TEL:052-801-7063


府省共通研究開発管理システム登録研究機関
 自然医学総合研究所  所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、4月19日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年7月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。


*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
                                    
●5月3日(日)の東京予防医学セミナーは連休のためお休みいたします。
      

●5月17日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         午前9時30分開場 10時開演 12時まで

         午後体験会と専門家養成講座 
         12時より12時30分まで専門家を対象に質疑応答
●午後:体験会及び技術指導
     1時30分より2時30分まで体験希望者の中から
    体の歪みの検証と同時に技術のトレーニングを平行して行ないます。
    「バンドストレッチ療法」②を15分ほど行ないます。
    2時30分より3時までワンポイントレッスン、足 足の甲 カカト ひざに水がたまる       DVD作成

    
    技術指導 3時~4時30分 SST技術指導
    グループに分かれて技術の指導が受けられます。
    4時30分~5時:グレードごとに出されたテーマに基づき、病気が治る仕組みを説明が出来るように発表する形式でトレーニングを行ないます。
   A:プライマリー ・ゲレードC 腰痛の原因
   B:セラピスト 椎間板ヘルニアの原因について
   C:エキスパート 坐骨神経痛について
   D:プロフェッショナル 自己免疫疾患の矛盾について

         セミナーの実行委員 受付:加藤、坂根、杉山
                      司会:斉田、久保、岩田
、               企画委員(教育内容のプログラムの作成)
                      日野、田中、林
               広報委員(チラシやDVDの作成など)
                      恒川、石田、末永
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

   
      ◆テーマ1:がんを克服するために
          講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:病を制して天寿全う!
              

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員:入会金1000円 年会費5000円
             非会員:初回のみ無料、2日目以降1回毎に1000円
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。