大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★難聴、耳鳴りの真因!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★難聴、耳鳴りの真因!

★特集 第13回耳の日セミナー「耳の健康を考える」

2009年3月23日 提供:毎日新聞社


★特集:第13回耳の日セミナー「耳の健康を考える」 難聴、耳鳴り甘く見ないで



★「耳の健康を考える」をテーマに掲げた第13回「耳の日セミナー」(大阪府耳鼻咽喉(いんこう)科医会、日本耳鼻咽喉科学会大阪府地方部会、毎日新聞社主催)が3月1日、大阪市北区の毎日新聞オーバルホールで開かれた。

★開会式で、大阪府耳鼻咽喉科医会の浅井英世会長は「当会は800人弱の医師が加わる学術団体で、耳や鼻の病気の予防などについて啓発活動をしています。

★また、都道府県で唯一、365日体制で耳鼻咽喉科疾患の急病対応に取り組んでいます」とあいさつ。

★満席となる約450人の受講者を迎えたセミナーは、専門家3人によるリレー講演の後、受講者からの質問に答える形でパネル討議が行われた。

★コーディネーターは池田知隆・毎日新聞論説委員。

★セミナーは大阪府、大阪市、大阪府医師会が後援し、トーシン補聴器センターが協賛した。【高田茂弘】

 ★パネリスト

 ★大阪府耳鼻咽喉科医会副会長・高島凱夫(よしお)さん

 ★大阪医科大耳鼻咽喉科助教・森京子(あつこ)さん

 ★関西医科大耳鼻咽喉・頭頸部外科教授、友田幸一さん

 ★コーディネーター

 毎日新聞論説委員 池田知隆

 池田 「難聴にならない工夫は」との質問から。

 高島 鳥や虫の声が聞こえるか日々気を付け、聞きづらくなったら早めに補聴器を試すことですね。

 友田 難聴予防にはビタミンが効果的です。それも、食事からの吸収で。体を動かして血の巡りを良くすることも大切です。

 森 家族としか話さない方は、難聴に気付きにくいようです。早い時点で家族の方から気付いてあげることでしょうね。

 池田 「昨年末、難聴と診断され、点滴も受けた。再発しないか不安」との質問です。

 高島 突発性難聴は治る人と治らない人がいます。昨年末なら日も浅い。薬を飲んで、もう少し様子をみた方がいいのでは。

 森 耳の治療はステロイドが中心になりがち。使うと胃潰瘍(かいよう)、血糖値上昇などの副作用が出る場合がある。治療効果の強い薬なので、副作用を怖がらずにということですね。

 池田 「発作性頭位めまい症」の相談です。60代女性。布団の中で引き込まれるようなめまいを覚える。治療を受けているが、症状に変化はない、と。

 友田 頭位めまい症ではないように思いますよ。脳の血管が圧迫されて起きる症状ではないでしょうか。

 池田 めまいは質問が多数届きました。

 高島 メニエール病は有名ですが、日本では1万人に1~4人の発症で多くはない。ただ、そうではないかと疑う「メニエール症候群」は目立ちます。

 池田 お子さんの中耳炎の質問も。プールでの水遊びは大丈夫でしょうか、と。

 森 頭に水がかからない水遊び程度なら問題ないでしょう。中耳炎は感染への抵抗力がつく3歳ごろまでは、頻繁な通院も必要になる病気です。

 高島 中耳炎の治療が中途半端な方がいます。治療を途中でやめると「滲出(しんしゅつ)性中耳炎」に変じてしまう。プールの話でも、水に入ることは全身のためには良いのですが、耳・鼻に急性炎症がある場合は控えてください。

 池田 耳鳴りはどうすれば、という相談も多いですね。

 友田 耳鳴りは難聴よりやっかいですね。長く「ジー」と続くのは内耳に病変がある場合で、途切れて聞こえるのは内耳以外に原因があると思われます。鼓動とシンクロした耳鳴りは循環器系の疾患を疑った方がいい。

 池田 70歳代の男性で「朝、起きた時に耳鳴りがする」と。

 高島 就寝中、耳管が閉じていて、起床時の圧力変化で耳鳴りが聞こえたのでは?

 池田 補聴器についてです。効果はどうか、日本製は欧米製より遅れているのか、と。

 高島 補聴器は眼鏡とは違います。着用してすぐ効果が分かるものではありません。1カ月ほどの練習が必要です。補聴器には耳鳴りを忘れさせる効果もあります。また、日本製と外国製の間には全く差はありません。

 ◆講演 耳のしくみと検査

 ◇治療難しい蝸牛の障害--大阪府耳鼻咽喉科医会副会長・高島凱夫さん

 耳の役割は「音を聞く」「体のバランスを取る」の二つ。構造上は、耳殻から鼓膜までの外耳▽鼓膜と耳小骨、耳管などの中耳▽その奥の、バランスにかかわる三半規管や「前庭」、聞こえにかかわる蝸牛(かぎゅう)と呼ぶ器官などの内耳――に分かれる。

 音の伝わり方には外耳道を通じた「気導」と、頭蓋(ずがい)骨からの「骨導」がある。難聴は外耳や中耳の障害による「伝音難聴」と、内耳から大脳までの疾患が引き起こす「感音難聴」に大別される。

 伝音難聴を起こす疾患には、耳あかが詰まった耳垢栓塞(じこうせんそく)や外耳道閉鎖症、外傷性の鼓膜穿孔(せんこう)(穴が開くこと)、中耳炎などがあり、治療は比較的容易だ。一方、感音難聴には内耳に起因する突発性難聴や職業性・中毒性難聴、メニエール病、脳の血管障害や外傷に由来する難聴があり、蝸牛の障害に起因することが多いため、治療は難しい。

 加齢に伴う老人性難聴は内耳や中耳の病変が主因。30代以降、蝸牛の中にあって音を受信する有毛細胞の毛が自然に減る現象と、「耳が遠くなること」には相関関係がある。

 一方、耳鼻咽喉科での聞こえ方の検査(聴力検査)には防音室での純音聴力検査や、言葉の聞き取りを調べる語音聴力検査、眠りながらの聴性脳幹反応などがある。標準的な検査は左右の気導、骨導の聴力を調べる。0~30デシベルの聴力が正常で、数字が大きいほど難聴の度が高い。苦痛を与える検査はほとんどないので、安心して受診してほしい。

 なお、身障者手帳の交付では、難聴は重度の2級から軽度の6級までの等級がある。市・区役所の福祉課などで相談し、耳鼻科指定医の診断書を添えて申請されればよい。交付まで数カ月を要する時もあるが、等級に関係なく補聴器の補助もあるので活用されたい。

 新生児の聴覚検査も次第に一般的になり、大阪府では2006年度、72%の新生児がこの検査を受けている。

◆◆◆◆◆講演 病は気から―ストレスと難聴・めまい―◆◆◆◆◆

 ◇飲酒や睡眠不足も影響--関西医科大耳鼻咽喉・頭頸部外科教授、友田幸一さん

 ストレスには心理的なものと肉体的なものがある。肉体的なストレス(疲労など)はスポーツや睡眠で解消できるが、悲しみや苦しみなどの心理的なストレスは「うつ」にも発展しかねない。

 耳鼻咽喉の分野でもストレスに起因する疾病は多い。突発性難聴や耳鳴り、メニエール病、顔面神経麻痺(まひ)、失声・失語などだ。加齢に伴う症状ともいえるが、多くはストレスの蓄積で進行する。

 ストレスによる突発性難聴と、それに似た「急性低音障害型感音難聴」の違いは、難聴に伴う耳鳴りが突発性は「キーン」という高音、低音障害型は「ジーン」という低音で、「耳閉感」を伴うことが多い。発症する年代も突発性の50~60代に対し、低音障害型は30~40代とやや若い。突発性難聴は自然に治まることもあるが、高齢者ほど治りにくい。1日に日本酒で2合以上のアルコール、短い睡眠時間なども影響する。

 めまいは3種類ある。回転性と浮遊性、立ちくらみだ。中年以上の女性に多いメニエール病は、蝸牛に内リンパ水腫が生じる病気で、難聴と回転性のめまいが主立った症状。内リンパ水腫の原因は不明で、利尿剤やステロイド、めまい薬、ビタミン剤などで対応する。メニエール病の7~8割は投薬治療、残りは内耳を開け、水腫を抜く手術になる。

 「良性発作性頭位めまい症」は高齢の女性に多い。内耳・前庭内の耳石が動き、三半規管に入ってめまいが起きる。耳石が元に戻ると治まる。めまいには脳の出血や梗塞(こうそく)、腫瘍(しゅよう)がかかわることも多く、心臓の不整脈や糖尿病が原因のこともある。

 耳鳴りは日本人の17%が経験し、高齢者では33%に及び、5%は生活に支障が出るほどだという。ここでは、TRT療法への関心が高い。耳鳴りを不快に感じず、気にならないものにする療法だ。ただ、治療には1人1時間を要し、診察を待たされることが多い。

 ◆講演 小児の中耳炎について

 ◇低年齢化が目立つ発症--大阪医科大耳鼻咽喉科助教・森京子さん

 小児に多い中耳炎について主に説明する。中耳炎は中耳と、中耳―鼻を結ぶ耳管、耳管の先の大人になると退化するアデノイドという部位が関係する。

 「急性中耳炎」は中耳内の菌が炎症を起こし、鼓膜にうみがたまって急に痛くなる。夜中に突然、小児が耳を痛がって泣く時は大抵がこの病気だ。

 1990年代以降、急性中耳炎は低年齢化が目立ち、乳児~2歳児の発症も増えた。繰り返すことも多く、治療は難化。鎮痛剤、解熱剤で症状を抑え、炎症の治療は以前はペニシリン系の抗菌剤が効いていたが、最近は薬剤耐性菌も多い。要因では耐性菌、集団保育、両親の喫煙などが考えられる。投薬で治らない場合は鼓膜を切開してうみを取る。

 「滲出性中耳炎」は急性中耳炎の後に起こることが多い。アデノイドが肥大し、副鼻腔(びくう)炎(蓄膿(ちくのう)症)を合併したりすると、普通は開いている耳管が詰まり、中耳に分泌液がたまって発症する。ただ、難聴以外の自覚症状がなく、受診は遅くなりがちだ。鼓膜の検査や耳のX線検査、副鼻腔炎の検査などで診断し、鼓膜を切開したうえでの分泌液抜き、必要に応じたアデノイド切除術で治療する。

 「慢性中耳炎」は鼓膜に穴が開き、自然にふさがらないことで発症する。症状は耳だれ、難聴、耳鳴りなど。治療は患者の体の一部から筋膜や結合組織を取り、穴を閉じて鼓膜再生の手術を行う。

 「先天性真珠腫性中耳炎」は耳垢(上皮)成分が先天的に中耳に残って膨れ、周囲の骨を壊す病気。内耳の障害、顔面神経麻痺、頭蓋内の合併症などを起こしかねず、この真珠腫を手術で摘出して治療する必要がある。

 鼓膜と中耳が癒着する「癒着性中耳炎」、耳管が開きっ放しになる「耳管開放症」などの病気もある。耳管開放症は自分の声が頭に響く「自声強調」や、自分の呼吸音がうるさく聞こえる、などの不快な症状が特徴だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●医者になるなら耳鼻科医になれ!

●昔から言われている!

●耳鼻科は他の科のように大きな手術をするわけでもないし、また子供のころから通院しても治らず生涯かよい続けるケースが多く経営も安泰であるということからのようである!

●しかし、どの病気にも必ず原因はあるものです。

●耳の場合も目や鼻と同様それらの病気の原因のほとんどは鎖骨や頚椎の歪みにあるのです。

●鎖骨がゆがむことで、頭部の循環が障害されるからです。

●また、頚椎の歪みは目や耳や鼻の各臓器を支配する神経や血管を圧迫します。

●難聴には低音難聴と高音難聴がありますが、低音難聴の場合は鼓膜が硬直し低音域に対しての反応が弱く、反対に高音難聴は鼓膜が緩み高音域に対する反応が悪いことに起因しています。

●いずれも鎖骨や頚椎に癒着があり、耳の循環障害が原因になっているのです。

●また、第三頚椎が捻転することで「めまい」が起こりメニエール氏病の原因となっておりますが、医学的には解明されて降りません。

●目は目医者、鼻や耳は耳鼻咽喉科医というパーツごとに見る西洋医学の対応には限界があるのです。

●また、目医者も耳鼻科医も奥の手はステロイド剤を投与することで一時的に炎症を抑えますが、継続することで血管が萎縮し組織が固まり必ず慢性化するものです。

●したがって、良い結果を求めるならば原因から改善することを考えて医療を選択する必要があるのです。

●アレルギー性の鼻炎やメニエール氏病やバセドー氏病などでお悩みの方は予防医学セミナーへご参加ください。

●また、肩こり、腰痛、生理痛や不妊症のほかにガンや難病の相談も受け付けておりますのでぜひご利用くださいませ。

●参加するだけで、どんな病気にも必ず原因があることが理解できます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 2Fk講義室
         
          時間午後2時30分から4時30分まで 

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●4月5日(日)東京予防医学セミナー
          
         東京都港区新橋 イーグル内幸町ビル「3階」で開催されます。
         
         午前9時30分開場 10時開演  午後1時より 体験会 4時 終了
         ※酒向先生はお休みします。
                             
●4月19日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室にて行います。

         ①午前9時30分開場 10時開演 
        
         ②午後体験会と専門家養成講座 
         1時30分り 4時30分 
         鎖骨の治し方
         
         ③午後4じ30分より5時30分
         セミナーの実行委員(受付・司会・会計)
         企画委員(教育内容のプログラムの作成)
         広報委員(チラシやDVDの作成など)
         セミナーの運営に関わる役員を選出します。
         新役員により 新年度のセミナーが運営されます。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患常識の過ち!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる完治する
              医療を超えた総合免疫療法

         ●費用:会員無料 非会員は初回のみ無料
         得点:参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。