大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★間違いだらけの医学情報!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★間違いだらけの医学情報!

★Dr.中川のがんを知る65の矛盾!

★Dr.中川のがんを知る:実践編65 全体の5%「家族性腫瘍」の矛盾について!

★がん細胞はいかにしてできるのか!

★一般論として抑制遺伝子に突然変異が起こることが原因とみなされている!

★しかし、生きている人の体には突然変違などではなく、化学肥料や殺虫剤などの乱用に加えて精神的なストレスや肉体的なストレスが加わり体液が酸化することで遺伝子の水素結合部が切断される事から変違が起こるのであって決して突然変違ではないのではないか!

★ゆえに国際的には生活習慣を変えることで沢山の自然治癒の症例が公表されているのではないか!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年2月3日 提供:毎日新聞社

★中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長が以下の文章を公開した!


★がんは、基本的には遺伝する病気ではありません。

★しかし、非常にまれですが、遺伝的な理由によってがんができやすい家系があります。

★こうしたがんは、全体の5%程度で、「家族性腫瘍(しゅよう)」と呼ばれます。

★がんは、DNAが複製されるときのコピーのミスによって、遺伝子にキズがつくことが原因です。

★がん発生に関する重要な遺伝子に「がん抑制遺伝子」があります。

★これは、体の細胞ががんになるのを防ぐ働きを持ちます。

★私たちのDNAは、父から半分、母から半分を受け継ぎますから、がん抑制遺伝子も二つ持っていることになります。

★がん抑制遺伝子が二つともキズつくまでには、長い年月がかかりますので、がんは高齢者の病気といえます。

★ところが、家族性腫瘍の患者の遺伝子を調べると、片方のがん抑制遺伝子に生まれつき突然変異があるのです。


★この突然変異は、すべての細胞にありますから、残る一つのがん抑制遺伝子にキズがつくと、がん抑制遺伝子が二つとも働かなくなり、がんが発生します。

★矛から身を守る盾が、普通は2個あるのに、生まれつき1個が壊れていて、1個しか使えないようなものと言えます。

★このため、家族性腫瘍の場合、若いときにがんができ、多くの臓器にがんが発症する傾向があるのです。

★この変異したがん抑制遺伝子は、親から子へと受け継がれます。

★両親のどちらかに突然変異がある場合、次の世代に受け継がれる可能性は50%ですから、子どもが4人いると、2人が変異したがん抑制遺伝子を持って生まれる計算になります。

★ただし、変異したがん抑制遺伝子を持っていても、がんにならないこともあります。

★一方、がん抑制遺伝子が二つとも正常でも、がんができることもあり、家系の特定は困難です。

★こうした家族性腫瘍は、大腸がん、乳がん、卵巣がんなどに見られますが、あくまで例外で、多くのがんは「生活習慣病」です。

★がんにならない生活をして、なっても検診で早期に見つけることが大切です。(中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆中川先生の矛盾は、全がんの5%に当たる家族性腫瘍が医電位夜者といいながら遺伝子に異常があっても発生しない場合があるという部分である!

◆また、がん抑制遺伝子が二つとも正常でも、がんができることもあり家族性腫瘍の特定は困難であると断言していることであるという部分である!

◆つまり、遺伝子に異常がなくてもがんは発症しているということから、家族性の腫瘍の多くも生活習慣の違いが多くかかわっているといえるからである!

◆また、多くの自然治癒の症例から、生活習慣を根底から変えることでがんが消失したという報告から、がんを作る遺伝子も環境の変化に影響されることを示唆していると考えられるのである!

◆とにかく、がんも他のほとんどの病気も生活習慣病であることは疑う余地はないとおうことである!

◆ところが巷の大病院でさえいまだがんは生活習慣とは関係がないと暴言を吐く医者が多いのはどうしてなのだろうか!

◆この国の仕組みががん化している様に思うとはわが恩師の言葉である!

◆がんに限らず患者自身が原因を学び患者自身が改善しなくてはならない様です!

◆自然医学総合権空所では国際的にも例の少ない自然治癒力の科学的根拠(エビデンス)を作成するために全国から自然治癒力で病気を刻服したい希望者をモニターとして募集しています。

◆第一次募集はアレルギー体質の方を全国から300人募集しています。

◆第一次募集の期間は3月末までですので、この機会を逃がさず本部ならびに支部が主催する説明会にご参加ください。

◆2月11日(祝)には長野支部が説明会の企画をしています。

◆2月15日には名古屋本部がういるアイチで予防医学セミナーの一環としてモノターの説明会をおこないます。

◆2月28日(土)には滋賀県の久保先生と日野先生が説明会の企画を立てました。

◆3月7日(土)には名古屋本部が天白スポーツセンターで午後2時30分より会議室にておこないます。

◆3月28日(土)には名古屋本部が主催で長久手文化の家で午後2時30分よりおこないます。

◆モニターの説明会には参加費用はいずれも無料です。

◆またモノターにならら得た方には施術料が30%から最大70%まで割引が適応されます。

◆ただし、モニターの希望者が未成年者の場合はご父兄の参加が条件となります。

◆この機会を逃がさずぜひ応募くださいませ!

◆モニターになって病気と縁が切れるのです!

◆詳細は本部または主催する支部までお問い合わせください。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆21年3月31日まで 全国から300名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

~~~~~~~~~~日時と場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆2月11日(祝日) 長野市安茂里 長野支部 担当:高橋

◆2月28日(土)滋賀県栗東市小柿 くらしみゅうじあむ 時間午後2時30分から4時30分まで。

            主催:アニー草津店 担当:日野

◆3月1日(日)東京四谷駅 ホリナカビル3F 

◆3月7日(土)名古屋市天白区 天白スポーツセンター会議室

◆3月28日(土)愛知県長久手町 長久手文化の家 会議室
          
*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************
●2月15日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。


●3月1日(日)東京予防医学セミナー
         東京都新宿区四谷 ホリナカビル「302号室(第1)」で行います。

       ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


       ◆テーマ2:アレルギー疾患は克服できる!

         講師:大沼 四廊 
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

        ◆ 開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします


**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。