大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★院内感染で3人死亡 !

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★院内感染で3人死亡 !

★患者ら101人インフルに感染!

★東京・町田の病院 記事:共同通信社

提供:共同通信社 【2009年1月19日】


★東京都町田市真光寺町の鶴川サナトリウム病院(医療法人財団明理会経営、内科と認知症治療主体の精神科など)は17日、入院患者77人と職員24人の計101人が今月、相次いでインフルエンザを発症、女性患者3人が死亡したと発表した。

★都は既に同病院を立ち入り検査し、院内感染の再発防止徹底を指導している。

★日野研一郎(ひの・けんいちろう)院長は17日夜、記者会見し「心配とご迷惑をかけ、おわびする」と謝罪した。

★院長も感染したという。

★同病院によると、3日に20代の女性職員がインフルエンザに感染。

★6日以降、11ある病棟のうち7病棟の入院患者らに広がった。

★亡くなった3人は認知症で寝たきりの100歳、認知症の85歳、脳梗塞(こうそく)の後遺症などがある77歳。

★いずれも9日に発熱し、タミフルや抗生剤の投与を受けるなどしたが、高齢の2人が11日に、77歳の女性が16日に死亡した。

★17日現在、感染者のうち、熱があるのは34人(患者32人、職員2人)で、84歳の男性患者1人が肺炎を併発して重症という。

★同病院は年末年始で患者や職員の外泊、患者への面会が多かったことが感染の要因の一つとみている。

★感染した患者77人のうち68人、職員24人のうち21人がインフルエンザのワクチンを接種していた。

★死亡した3人のうち、77歳の患者は接種を受けていなかった。

★東京都福祉保健局によると、町田保健所が7日に病院から連絡を受け、拡大防止を指示した。

★立ち入り検査したのは2人死亡後の13、14日。感染の拡大について、福祉保健局は「対応が適当だったか確認する」としている。

★同病院の入院患者は17日現在、448人(精神科病棟264人、内科・療養病棟184人)。多くは認知症で平均年齢83歳。

★ホームページによると、同病院開設は1973年。

~~~~~~~インフルエンザは怖くない~~~~~~~~~

◆日本の病院は、国際的に見て最も院内感染が多いと言われている!

◆その原因は、日ごろから化学薬品に依存し過ぎているからである!

◆中でも解熱鎮痛剤は売れ行きNO1である!

◆解熱鎮痛剤の乱用ともいえる場所が病院なのである!

◆そのため、自己免役力が弱くなる!

◆インフルエンザが感染するのは、免役力が低下している人だけである!

◆免役の細胞が健全であれば感染はしないのだ!

◆現に私の元へ結核の患者がきたことがある!

◆2年以上前のことである!

◆咳が止まらず、当初はほとんど毎日通われていた!

◆毎回私が直接手当てを施したのである!

◆3ヶ月も過ぎると咳は止まり、熟睡が出来るようになった!

◆その結果仕事をはじめたのである!

◆仕事を始めてまもなく、再発したのである!

◆まだ完全に疲れが抜けていなかったのである!

◆よくあることである!

◆結核菌が怖いのではなく、怖いのは患者が無理をすること免役力を弱くする事である!

◆その結果再発したのである!

◆当然私は検査を受ける対象となったのである!

◆しかし、日ごろから健康管理をすることが常識である私には影も形もなく2年を経た今年の最終検査では今までの中で一番きれいとまで保健所の医師に診断されている!

◆結核菌でさえ、元気な人にはかからないという実例である!

◆まして、インフルエンザ菌などは湿度を50%程度に維持するだけでも感染率は低下することが知られている!

◆また、早く寝る人にも移らない!

◆特に食事に気をつけている人にも移らないことが知られている!

◆冬場は日照時間が短くなり、食材が少なくなる時期である!

◆このような時期はあまり無理をしてはならないのだ!

◆今回感染の舞台になった町田の病院は入院患者が448人でそのうち精神科病棟に264人、内科・療養病棟に184人が入院していた。

◆入院患者の多くは毎日病状を止めるために解熱鎮痛剤やステロイド剤や抗生剤を常用され手いたはずである!

◆平均年齢83歳と言うことからも解るように、それだけでも免役力は弱いところへ化学薬品でさらに免役力を弱めていることになる!

◆湿度が30%を下回ると粘膜が乾きリンパ液が働くことが出来なくなる!

◆その結果感染したものと考えられるのだ!

◆大切なことは細菌やウイルを恐れることではなく、日ごろから免役力を高める生活を維持することである!

◆私の例が実証している様に、健康的な生活を維持している人にはウイルスはよってこないからである!

◆感染症にも盲点があるのだ!

◆健康を回復するほう補遺右派たくさんあるのだから、病院へいけばよいというものではなさそうなのである!

◆ゆえに病気にならない人は必ず自己管理しているのである!

◆あらゆる病気には原因がある!

◆詳しくは予防医学セミナーへ参加してください。

◆予防医学セミナーではアレルギー疾患も免役疾患も遺伝子疾患も名医が恐れる3大疾患にも成果が期待されていますし、椎間板ヘルニアや頚椎ヘルニアでも手術をせずに治る方法が研究されてきたことを学部事が出来ます。

 文責:自然医学総合研究所 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、2月15日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着10名まで「がんの盲点」を贈呈させていただきます
             参加者全員に健康ジャ-ナルを贈呈いたします。

***************** 選任講師  ***************            
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 四廊 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方



*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。