大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代替療法

 欧米などの海外サイトでがんや白血病などの難病を調べると実に多くの療法についての情報を閲覧することが出来ます。

 そしてドイツ、イギリスでも代替医療の利用者は50から70%と増え、代替医療への傾倒はもはや世界的な潮流となっています。これに対し、日本は後塵を拝した感がありますが、昨今問題視されている医療経済の破綻という局面を迎え、早急に医療現場へNRT療法のようなMRIやCTなどで医学的に実証され、有効な代替医療の導入を検討せざるを得ない状況にあるといえます。

  フランスでは人口の75%が少なくとも1回はこの代替医学・代替医療を用い、ドイツではペインクリニックで77%が針治療を受け、イギリスでは年間23億米ドルが代替医学・代替医療に使用されており、その一部は保険適用が認められています。

 白血球が増えるのは突然変異ではなく自然な体の防御反応のひとつです。狂って増えているのでは決してありません。

 いくら抗がん剤を使用し、白血球を叩き、芽球の増殖を抑えたとしても、すぐに体は抗がん剤の毒性を解毒するために白血球は自己を守ろうとして増殖してきます。

 そして、骨髄で血は作られているとした確かな医学的論文が未だに見つかっていないのにも関わらず、骨髄移植が行われているのです。発症している原因が西洋医学では明確にされていないまま、結局白血球を叩く、痛みを取るなどの対処療法を患者は受け続けているわけです。

 運良く、自身の白血球が勝利を収め、体調が一時的に戻ったとしても再発する恐怖と常に隣りあわせで生活を送っていかねばならないのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。